ムハマド・ユヌスの名言

ムハマド・ユヌスのプロフィール

ムハマド・ユヌス。バングラディシュの銀行家。貧困層向け無担保融資銀行のグラミン銀行創設者。ダッカ大学卒業後渡米しヴァンダービルト大学で経済学博士号を取得。帰国後に政府の経済局計画委員会副委員長、チッタゴン大学経済学部学部長などを経て、貧困層向け無担保融資銀行のグラミン銀行を創設する。バングラディシュの貧困層を助け、同国に大きな貢献を果たした。ノーベル平和賞受賞。

ムハマド・ユヌスの名言 一覧

大参事によって人々は絶望しています。しかし、ほんのわずかでも希望の光を見せられれば、彼らを挑戦的なファイターに変えることができるはずです。


ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)の7原則

  1. 利益の最大化ではなく、社会問題の解決こそが目的。
  2. 財務的な持続性を持つ。
  3. 投資家は投資額を回収するが、それ以上の配当は受け取らない。
  4. 投資額以上の利益は、ソーシャルビジネスの普及に使う。
  5. 環境へ配慮する。
  6. 従業員はまっとうな労働条件で給料を得る。
  7. 楽しみながら取り組むこと。

ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)の本質は、創造性と挑戦です。いままで誰も思いつかなかった手法で解決不可能だと思える問題にぶつかることなんです。


ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)が既存のビジネスとは正反対と言いましたが、決して両者は対立する概念ではありません。誤解がないように申し上げておきたいのですが、企業が利益を追求する姿勢は健全だと思います。ただ、既存の企業だけでは埋められない社会的なニーズがあるのも確かなのです。そこを補完する存在だととらえてください。


現在の資本主義社会では、「人間は利己的である」という考えが前提になっています。この考えは部分的には正しいのですが、部分的には間違っています。すべての人間は利己的であり、同時に利己的ではないのです。この利己的でない部分が現在、無視されて取り残されているのです。自身が受け取る利益を追求する以外の目的、すなわち「誰かを助けたい」「社会を良くしたい」という無私の気持ちだけでもビジネスは成立するのではないでしょうか。


人生は短い。この世を去るときに社会にどんな軌跡を残せるのか。少しでも良い影響を与えたいと考えるなら、ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)に目を向けてもらいたいと思います。


グラミン銀行にいた間、貧困に苦しむ人たちをずっと見てきましたが、彼ら自身に責任はありませんでした。体制や仕組みが貧困を作り上げているのです。ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)は人々を小さな鉢から自由にしようという行為です。私が取り組んだ、無担保少額融資というマイクロクレジットはその一種にすぎません。なぜなら、ソーシャルビジネスが対象とすべき社会問題は貧困だけではないからです。


私は貧困という社会問題を説明する際、盆栽に例えて話します。大木の種子を小さな鉢に植えても、その鉢以上に大きく育つことはありません。鉢はその人が置かれた状況です。


銀行経営について無知だから逆によかったのでしょう。先入観があれば思い切りは悪くなるし、そもそも先入観だって誤りかもしれません。振り返ってみれば、常に世間の常識とは正反対の方向に突き進んできました。既存の銀行は、都市の富裕層男性にしかお金を貸しませんでしたが、私たちは農村部の貧しい女性に融資してきました。


(1974年バングラディシュ大飢饉のとき)私は大学の教室を出て近隣の村を歩き回りました。貧しい人たちに話を聞いてみました。彼女たちの多くは生活のためにわずかなお金を借りたせいで、奴隷のような生活を強いられていました。ポケットマネーで何人かの借金を肩代わりしました。グラミン銀行の原点は、「目の前の一人を1日だけでも救いたい」という気持ちでした。私が個人で始めた活動はささやかなものでした。それでも、やがて国中に広がり何百万もの人を幸せにできたと思います。


グラミン銀行設立のきっかけは1974年の大飢饉でした。当時、私は米国の大学で博士号を取得して帰国したばかりで、大学で経済学を教えていました。若くして自信満々でしたが、いくら経済の知識を持っていても餓死していく人々を救えませんでした。


ムハマド・ユヌスの経歴・略歴

ムハマド・ユヌス。バングラディシュの銀行家。貧困層向け無担保融資銀行のグラミン銀行創設者。ダッカ大学卒業後渡米しヴァンダービルト大学で経済学博士号を取得。帰国後に政府の経済局計画委員会副委員長、チッタゴン大学経済学部学部長などを経て、貧困層向け無担保融資銀行のグラミン銀行を創設する。バングラディシュの貧困層を助け、同国に大きな貢献を果たした。ノーベル平和賞受賞。

他の記事も読んでみる

中山七里(小説家)

一気読みしてもらうためのテクニックがまたわかったんです。そのカギは、人間が集中できる時間の計算、そして「緊張と弛緩」かな。


渋谷昌三

間に合わないことが多い人は、頭で段取りを考える前に、行動を変えてみるのが正解。例えば朝、「顔を洗う→食事を取る→新聞を読む」という流れが習慣なら、順番を逆にしてみる。企画書なども同じで「資料集め→書く」の流れなら、逆にして書いてから足りない情報を集める。すると、以外と効率よくできる。


田中通泰

「亀田の柿の種」が50周年、「ハッピーターン」が40周年という節目を迎えることができました。これらのブランド商品があったからこそ生き永らえることができた。


塚越友子(水希)

理想は、実力に応じたステップを作って徐々に上らせること。十ステップくらい細かく分け、「いずれは十段目のような仕事をしてもらうから、そのために今は一段目をやってみよう」と伝えると意欲も出ますし、無理なく実力をつけていくことができます。


ボブ・パーソンズ

昨日のことを思い出して後悔したり、翌日のことを考えて心配したりしても、いい結果にはつながらない。今、楽しく仕事ができているということにフォーカスすることが重要。


午堂登紀雄

講演やプレゼンはテーマが違うだけで展開の仕方は同じ。だから大まかな見出しは先に作っておきます。イチから考えると大変ですが、内容が決まっていればすぐ取りかかれます。


津谷正明

米国でもトップはワンマンになりやすいですが、日本の社長の立場も極めて強い。日本人は上司をおもんぱかり、メンツを失わせることはしません。出る杭は打たれるから、議論を避ける。米国よりひどい状況かもしれません。


大坪文雄

わかりやすい指標を目標にする方が、組織の効率は上がると思います。ROEといわれても、分母の株主資本というのはドメインの努力で実現できることはほとんどありません。配当を増やすか、自己株を取得する、といったことは本社の役割だと思います。そうすると、分子の方が純利益ですから、営業利益を上げることが純利益を増やすことにつながります。


豊田章男(モリゾウ)

あまりに大きすぎることはトヨタにとって良くない面がある。外での戦いの前に、内での調整に追われるからです。だからこそ大きくなったことがトヨタの足を引っ張っていると判断しました。規模を小さくして、その場で決めるようにしようと。

【覚え書き|カンパニー制導入の狙いについて】


三浦昭

バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


冨安徳久

会社に入って働くことはお金を得ることだと思っている人がいますが、それは違います。働くことが得ることだという考えのまま入社させてしまうと、行動の全てが損得勘定になってしまいます。


松下幸之助

謙虚に素直に学びたい。すべてに学ぶ心があって、はじめて新しい知恵も生まれてくる。学ぶ心が繁栄への第一歩なのである。


平井伯昌

まず、自分とトップ選手のレベルの差を把握する。そのうえで、どれだけ努力すれば五輪に行けるのかという妥協のない計画を立てることが大事。


酒巻久

凡人の私たちが努力をしないのであれば、競争に負けて当然。


後藤孝洋

社会や地域のために役立つことは企業の果たすべき使命。行政の手が行き届かないところで何かお手伝いができれば、会社の存在価値につながる。


ページの先頭へ