名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ミロコマチコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミロコマチコのプロフィール

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

ミロコマチコの名言 一覧

一番好きなのは多摩動物公園です。敷地が広大で、動物がのびのびしているように感じます。動物園には、やさぐれた気分のときに行くのもいいんです。動物たちを見ていると、心が落ち着いてきます。


動植物はみんな、すごく素直に生きていると感じます。生きるか死ぬかの状態に、常に直面している。そういう存在に強く憧れます。生き物を描くと、自分もそういうものになれた気がするんです。


最初は、自分自身を描いていたんです。日記みたいに。でもだんだん自分から出てくるものがなくなって、そのやり方が自分の範囲を狭めているようにも感じました。もっと違う世界に行ってきたいと。ちょうどそのとき、小学生向けの図鑑を見ていたら、馬の姿がものすごく美しかった。これを描きたいと思いました。でも、まったく描けない。馬はよく知っているのに、何でこんなに描けないんだろう? 形がおかしすぎる(笑)。そこから(動植物を描くことに対して)虜になりました。


ミロコマチコの経歴・略歴

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

他の記事も読んでみる

宇治原史規

社会では経験知がものを言います。自分でやってみて、失敗することで答えを探していくしかありません。それぞれが一回一回の経験を基にして、どうすればいいかを考えて工夫する。その経験が自分の教科書になるんですね。


遠藤功

日本企業は現場力が突出しているように見えますが、現場力と本社力はワンセットだと思っています。いまは本社力が問題です。本社力が弱いのです。ガバナンス(統治)は利いていないし、会社の方向性が示せない。だから、現場力が浮いて、劣化してしまう。


田原総一朗

悲観しないこと。ネガティブになっていると、顔も声も考え方も悲観的になって出てしまい、それは他人にも伝わって、人が近寄ってこなくなるからね。


窪田光洋

自分の仕事は社員と面談すること。社員を大事にすることにフルコミットしています。本人の意思、キャリアプランを尊重して、その夢の実現を全力で応援します。


宇佐美進典

ネットサービスの場合は作って終わりではなくて、むしろそこからが勝負になります。作ってからユーザーの状況、事業の戦略上の変化をスピーディーに捉えて改善することが必要です。その際、内部に担当しているエンジニアがいないと、まず見積もりからしてシステムを変えてと、どうしても実行までに時間がかかってしまう。


人見ルミ

自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


佐藤可士和

仕事でも何でも、何か思考し始めるときには必ず前提があります。大切なのは、自分が今、立っているその前提が正しいのかどうかを検証する「視点」を持つことです。この視点を持たず、検証をしないまま、例えばアイデアだけを求めて走り始めると、決して良い結果は出ません。


大山健太郎

新社長には、身の丈に合った事業をしなさい、トップの技量以上に会社を大きくしてはいけないと伝えています。そのためにも、まず自分が技量をつける努力をしなければいけません。


コリン・アングル

アイロボットの最も重要なバリューは、ハードウエアとソフトウエアの両方に通じた専門家がおり、それらをコスト効率の高い方法で組み合わせる力にあります。


ビクター・ルイス(経営者)

消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。


鈴木修

「ツキと、出会いと、運」です。先見の明があったなどとは口が裂けても言えません。私に言わせれば、どんな先見の明も、すべて後講釈といいますか、後付けにすぎません。試行錯誤があるだけです。


小池百合子

政治にもビジネスのような「共感」が必要。私にとっては、お金をかけずに、「大義と共感」で日本人の持っている良さをどうやって引き出すかが大事。