名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ミロコマチコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミロコマチコのプロフィール

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

ミロコマチコの名言 一覧

一番好きなのは多摩動物公園です。敷地が広大で、動物がのびのびしているように感じます。動物園には、やさぐれた気分のときに行くのもいいんです。動物たちを見ていると、心が落ち着いてきます。


動植物はみんな、すごく素直に生きていると感じます。生きるか死ぬかの状態に、常に直面している。そういう存在に強く憧れます。生き物を描くと、自分もそういうものになれた気がするんです。


最初は、自分自身を描いていたんです。日記みたいに。でもだんだん自分から出てくるものがなくなって、そのやり方が自分の範囲を狭めているようにも感じました。もっと違う世界に行ってきたいと。ちょうどそのとき、小学生向けの図鑑を見ていたら、馬の姿がものすごく美しかった。これを描きたいと思いました。でも、まったく描けない。馬はよく知っているのに、何でこんなに描けないんだろう? 形がおかしすぎる(笑)。そこから(動植物を描くことに対して)虜になりました。


ミロコマチコの経歴・略歴

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

他の記事も読んでみる

藤田晋

仕事のやり方やモノを捨てる時のポイントは、代替案や改善案を出すといった「増やす」ことをしないという点。とにかく「捨てる」ことに徹することが重要です。代替案などは、1度捨ててゼロの状態にリセットしたうえで考えた方が、いいアイデアが浮かんでくるものです。


俣野成敏

会社に対してイライラする原因のひとつは、自分がコントロールできる時間が限られていることでしょう。会社の中でイキイキと楽しく働いている人は、自分の意思で動いている時間の割合が大きい。イライラしないようにするには、自分の意思で動く時間を増やすことが重要です。スケジュール帳を開いて、指示を受けて動いている時間と自分の意思で動いている時間を色分けしてみてください。そうして「見える化」することが第一歩です。


倉田主税

せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。


匠英一

商品のリニューアルで大切なのは、核となる要素は変えずに、それ以外の部分を変えること。


勝海舟

俺はそこで、もうだめだと思って大声で「自分が愚かで、教師の命令を用いなかったために諸君にまでこんな難儀をさせる。実に面目ない次第だ。自分の死ぬるのはまさにこのときだ」と叫んだところ、水兵どもはこの語に励まされ、一同全力を尽くして海岸の方へ(船を)寄せ付けた。【覚書き|長崎海軍伝習所時代の航海実習時に教官からあまり沖に出すぎるなと言われていたが、遠出してしまい、かつ嵐に会って沈没しそうになった時を振り返っての発言】


熊谷正寿

当社の強みは「人(仲間)」に尽きます。インターネット産業は、無機質な装置産業のように思われがちですが、インターネット産業こそ人財産業なのです。この考えの下、当社では優秀な仲間たちが全ての商材を企画・作成して、それを洗練させたり、お客様の要望に応えるところまで自分たちで行っています。


西浦正親

長崎県で学び、働く若者を支援することは、ひいては地域に根差して活動している私たちのビジネスの強化につながる。長期的視点に立てば、優秀な若者が定着して長崎に活力が生まれれば、おのずと地域に人が集まるようになります。そうなったとき、結果的に私たちのオフィスにもそれが採用という形で還元されると考えています。


関谷英里子

英語というのは、主語が何をしているのかさえわかれば意味がとれるし、通じる言語です。冠詞が「a」だろうが「the」だろうが、三単現の「s」が抜けていようが、そんなことは大した問題ではないのです。ですから教材も、初心者だからとやさしいものを選ばなくても大丈夫です。むしろ日本人の場合は、少し背伸びをした方がいいと思います。


鈴木あや(IBM)

以前、弊社に赴任してきて、部下の尊敬を集めたアメリカ人男性のエグゼクティブはこう言いました。「人間に口がひとつしかないのに、耳がふたつあるのは、他人の意見をもっと聞かなくてはいけないという神様からのメッセージだ」と。まさにその通りだと思います。


よせだあつこ

簿記の勉強が「複式簿記」という考え方を一から新たに学ぶものなのに対して、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強ではもっと身近な知識――年金、税金、不動産、相続、資産運用、保険といった、仕事や生活に密着したことを学んでいきます。当然、「勉強したことが実際に役に立つ」という楽しさがありますし、出題の傾向も、「1ページ勉強したら、1問問題が解けるようになる」という感じなので、手応えを得やすい。この辺りも、基本的な考え方を身につけるまでに少し時間がかかる簿記とは対象的です。こうした意味で、FPはとっつきやすい資格だといえるでしょう。「ちょっと時間があるので、何か勉強してみたい」「学生時代以来の試験勉強だから、カンを取り戻したい」という人の第一歩に最適です。簿記の勉強を始めたものの、向いていないと感じた人にもお勧めできます。


中山讓治(中山譲治)

第一三共は個人の力はトップクラスです。あとは組織の力をつけることです。組織として学習したり、戦略立案、実行力をあげていきます。一般的な方法論はありません。それぞれ仕事をやりながら、あるいは人とぶつかりながら、何かを発見していくのだろうと思っています。


神田昌典

効率だけ重視すれば、既存のアイデアを失敬する「コピペ思考」が一番。しかし他人の真似事は、いまの高付加価値が求められる時代には通用しません。