名言DB

9429 人 / 110879 名言

ミロコマチコの名言

twitter Facebook はてブ

ミロコマチコのプロフィール

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

ミロコマチコの名言 一覧

一番好きなのは多摩動物公園です。敷地が広大で、動物がのびのびしているように感じます。動物園には、やさぐれた気分のときに行くのもいいんです。動物たちを見ていると、心が落ち着いてきます。


動植物はみんな、すごく素直に生きていると感じます。生きるか死ぬかの状態に、常に直面している。そういう存在に強く憧れます。生き物を描くと、自分もそういうものになれた気がするんです。


最初は、自分自身を描いていたんです。日記みたいに。でもだんだん自分から出てくるものがなくなって、そのやり方が自分の範囲を狭めているようにも感じました。もっと違う世界に行ってきたいと。ちょうどそのとき、小学生向けの図鑑を見ていたら、馬の姿がものすごく美しかった。これを描きたいと思いました。でも、まったく描けない。馬はよく知っているのに、何でこんなに描けないんだろう? 形がおかしすぎる(笑)。そこから(動植物を描くことに対して)虜になりました。


ミロコマチコの経歴・略歴

ミロコマチコ。日本の画家、絵本作家。京都精華大学人文学部人文学科卒業、アートスクール梅田造形デザイン卒業。『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞、『てつぞうはね』で講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』で小学館児童出版文化賞を受賞。

他の記事も読んでみる

竹下肥潤

誰でも逆境に出会う。そんなとき相談に乗ってくれる先輩や師がいるかいないか。また座右の書があるかないかは、人生にとって非常に大切である。普段からそのような先輩や座右の書を持つように心がけているか否かにかかっている。


唐池恒二

「ななつ星」では、博多を出発後にランチのにぎり寿司が出ますが、福岡で一番おいしいお寿司屋さんが毎回列車に乗り込み、握りたてをお客さまの目の前に出してくれるのです。これは手間以外の何ものでもありません。でも、それがお客さまを感動させるのです。


吉岡知哉

何のためにその企業がつくられたのか、なぜ現在存続しているのか、その原点を考えることは重要なのではないでしょうか。


南場智子

最終的なプロダクトの使いやすさや素晴らしさが成功を決める。


高岡浩三

なぜ日本企業がグローバルで苦戦しているかといえば、国内での成功事例をそのまま海外に持ち込もうとするからだ。国内で成功できたのは、日本の顧客の問題を解決したからであり、海外でビジネスをするなら、現地の顧客の問題を解決しなければいけない。


市川平三郎

いま、社会で評価されている技術のもとになったアイデアの多くは、私たちのように、20代30代のときに発想されたものです。逆に言えば、この年代にしか画期的なアイデアは浮かばないでしょう。ビジネスマンでも同じこと。パッと何かのアイデアがひらめいたら、その実現に向かって突進すべきだと思います。


浜矩子

「その日暮らし」というのは厳しい反面、今日の暮らし方が明日を決めるわけですから、そうい、意味では毎日が新鮮で、可能性に満ちあふれているといってもいいんじゃないでしょうか。逆に管理社会の中で、決まったコースを決まった手順で踏んでいくと、人間としての感性がどんどん衰えていってね。クリエイティビティとかイマジネーションといった芽が摘まれ、バカになっていくんです。日本の官僚がそうでしょう。新しい発想が生まれないから、これだけ富の蓄積がありながら社会の閉塞感を払拭できないでいるじゃないですか!


茂木健一郎

年齢を重ねると脳は衰える、というのは大きな誤解。脳は何歳からでも育てることが可能です。キーワードは「達成」。脳は何かを達成するたびに、どんどん成長していくのです。学生時代、一所懸命に考えて問題がやっと解けたときの感覚を思い出してみてください。「できた!」「わかった!」という喜びでいっぱいだったはず。このとき、脳の中ではドーパミンという物質が分泌されています。ドーパミンとは、快感を生み出す脳内物質の一つ。この分泌量が多いほど、大きな喜びを得ることができるのです。脳は、このときの喜びが忘れられず、ことあるごとにその快感を再現しようとします。そして、もっと効率的にドーパミンを分泌するため、脳内では神経細胞がつながりあって、新しい神経回路が生まれる。つまり、脳が成長するのです。そして、快感を生み出す行動がクセになり、再び新しい問題に挑戦する。そのサイクルを、強化学習と言います。これを繰り返すことにより、思考の老化を防ぎ、いつまでも若々しい脳を保つことができるのです。


福沢諭吉

遠方に離れている友人が1年も2年も音信不通であったのが、何か心に感ずることがあったのか、あるいは大切な用事ができたのか、突然手紙を寄せて、こまごまと言葉を書き連ねたとて、それによって友情がにわかに発生するものではない。それよりも、普段に格別用事がなくても、時々簡単な短文でお互いに音信を交わす習慣を続けていれば、何かの時の大事に臨んで、ちょっとした一言で用が足りるという便利さがある。


泉谷直木

上司に「何でも話せ」と言われても、人生相談も含めて何でも話してもよいというわけではない。上司によっては仕事のことに関してはよく面倒を見てくれるが「プライベートな話は関係ないよ」と突き放す人もいる。それがいいか悪いかということではなく、性格によって違うのである。大事なのは、上司がどういう気持ちで「何でも話せ」と言っているのかを推し量ることだ。実際は「何でも」ということではなく、上司によっては「面倒なことに私を巻き込まないように配慮しつつ、自分に都合のよい話やおもしろいことだけを、何でも話せ」と考えているのかもしれない。