名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ミヒャエル・エンデの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミヒャエル・エンデのプロフィール

ミヒャエル・エンデ。ドイツの児童文学作家。ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン出身。16歳でレジスタンスに入り反ナチス活動を手伝う。終戦後、演劇学校を卒業。1シーズン舞台に立ったのち作家としての活動を開始。『ジム・ボタンの機関車大旅行』でドイツ児童文学賞を受賞。晩年に自著の翻訳を担当した日本人女性と結婚。65歳でこの世を去った。

ミヒャエル・エンデの名言 一覧

浮浪者の少女モモに話を聞いてもらっていると、バカな人にも急にまともな考えが浮かんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり、質問したり、というわけではないのです。彼女はただじっと座って、話を注意深く聞いているだけです。その大きい黒い目は、相手をじっと見つめています。すると相手には自分のどこにそんなものが潜んでいたのかと驚くような考えがすうっと浮かび上がってきます。


ミヒャエル・エンデの経歴・略歴

ミヒャエル・エンデ。ドイツの児童文学作家。ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン出身。16歳でレジスタンスに入り反ナチス活動を手伝う。終戦後、演劇学校を卒業。1シーズン舞台に立ったのち作家としての活動を開始。『ジム・ボタンの機関車大旅行』でドイツ児童文学賞を受賞。晩年に自著の翻訳を担当した日本人女性と結婚。65歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

稲村純三

ものづくりに必要なのは、世の中にないものをつくる、社会に喜んでもらえるものをつくる――、そういうことに挑戦していく気持ちです。いろいろなことに興味の翼を伸ばし、ぜひ若い人にはそれにチャレンジしていってほしい。


渡辺捷昭

問題や課題がゼロの組織などというものは必ず衰退します。だから組織には問題発見能力が問われます。では、問題発見のためには何が必要かといえば、常に問題意識を持つことであり、問題意識を持ち続けるために必要なのはやはり現地現物主義なのです。


江上治

「それほど大事ではない仕事」に全力投球したところで、結果は大きく変わらない。「それほど大事でない仕事」で力を消耗せず、必要な力を「大事な仕事」に注いだ方が、何倍も大きな成果を手にすることができる。


新宅祐太郎

大事なのは、コモディティー化した製品にも価値を付け続けることです。もちろん、低価格品ですからコストはかけられません。でも、日本企業には、一つの製品を長年、改善・改良し続けて質を上げるというカイゼン活動が根付いています。これを生かせば、コモディティーでもまだまだ戦える。


アルベルト・シュバイツァー

人類が自らの意図によってつくるもの以外に、人類の運命というものはない。それゆえに、人類が没落の道を最後までたどらねばならないとは信じない。


落合寛司

立川南口支店長に就任したとき、相談業務を始めました。税金で困っている方やバブル崩壊の影響により経営改善で困っている方など、何かあったら言ってくださいと。専門家を紹介した経営改善を進めていった結果、1年半で預貸の合計残高を86億円にすることができました。この経験が今の「お客様支援センター」というコンサルタント業務の入口につながりました。


長門正貢

ゆうちよ銀については「政治が絡む」「民間が嫌う」といった話も聞きましたが、これだけの組織をどうやって民間金融界に組み込んでいくのかというタイミングで、評論家ではなくプレーヤーで関われる。しかも上場を控えていた。これは人生一度のチャレンジとして、受けて立つべきだと考えました。


鈴木秀則

毎日進化し続けるウェブサービスの世界に身をおいていますから、革新していかない限りユーザーは見放します。


堀公俊

会議をリードするのはファシリテーター(進行役)の役目だと思っている人が多いと恐いますが、それは勘違い。会議は参加者全員で組み立てていくもの。新入社員であっても会議をリードすることはできます。


伊藤有壱

30代前後って若さもあるし、同時に仕事に慣れていろいろできるようになる時期。まさに宝石みたいに輝いてる世代じゃないでしょうか。この最高の年代を自分の信じる道に向けて思う存分生かしてもらいたいと思います。


荒木香織

私は今、大学で教えています。学生がとんでもないレポートを提出してくることがあります。そんなとき、自分が何を求めているかを伝え切れていなかったことを反省して、伝え直します。そのように、できない部下に苛立つのではなく、そう育ててしまった自分の指導力やリーダーシップを見直すべきです。


金児昭

有価証券とは簡単に言えば、お金が別の紙切れになっただけのものです。株券は、買った株式を発行する会社の株主としての権利、つまり「株主であるぞよ」ということを示すものです。現金は物価の上下に伴ってその実質的な価値が上下します。これに対して有価証券は市場の人気によって価値が上下します。