名言DB

9429 人 / 110879 名言

ミヒャエル・エンデの名言

twitter Facebook はてブ

ミヒャエル・エンデのプロフィール

ミヒャエル・エンデ。ドイツの児童文学作家。ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン出身。16歳でレジスタンスに入り反ナチス活動を手伝う。終戦後、演劇学校を卒業。1シーズン舞台に立ったのち作家としての活動を開始。『ジム・ボタンの機関車大旅行』でドイツ児童文学賞を受賞。晩年に自著の翻訳を担当した日本人女性と結婚。65歳でこの世を去った。

ミヒャエル・エンデの名言 一覧

浮浪者の少女モモに話を聞いてもらっていると、バカな人にも急にまともな考えが浮かんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり、質問したり、というわけではないのです。彼女はただじっと座って、話を注意深く聞いているだけです。その大きい黒い目は、相手をじっと見つめています。すると相手には自分のどこにそんなものが潜んでいたのかと驚くような考えがすうっと浮かび上がってきます。


ミヒャエル・エンデの経歴・略歴

ミヒャエル・エンデ。ドイツの児童文学作家。ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン出身。16歳でレジスタンスに入り反ナチス活動を手伝う。終戦後、演劇学校を卒業。1シーズン舞台に立ったのち作家としての活動を開始。『ジム・ボタンの機関車大旅行』でドイツ児童文学賞を受賞。晩年に自著の翻訳を担当した日本人女性と結婚。65歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

石川康晴

崖っぷちに追い込まれた時、パナソニック創業者である松下幸之助さんの本を読みました。そこには「世間は正しい」と書いてありました。では、世間は何を正しいと思っているのか、赤字に追い込まれたことで初めて考えるきっかけができました。


桐島ローランド

もう不安でたまりませんよ。なので、常に次のステップへ勉強しています。


高橋宣行

企画書などの見出しを書いたら「本当にそれで伝わるかどうか」、考えてみてください。


村上憲郎

ITバブルの崩壊やリーマン・ショックなどを経るにつれ、日本人が経済学を知らない弱点を改めて痛感しました。日本人は経済学を知らない、そして「心優しい」ことにより、経済危機に対して心情的、情緒的な反応ばかりをしてしまう。


山崎敦彦

原価管理は製造業の宿命ですからずっとやっています。長年、生産のスタッフが苦労しながら、ああしたらいいのでは、こうしたらいいのではとやっている。


箭内道彦

判断する時は「物差し」が大切になります。判定基準ですね。僕の場合の物差しは、まず「誰もまだやってない」。だから多分いいアイデアだと考えるわけです。


西岡喬

三菱重工の技術力は「総合技術」です。幅広い製品と技術を持って、それを組み合わせていく。幅広い技術を持てば、大きな相乗効果や波及効果を期待できるものです。


嶋津良智

できる人を厚遇するのは、給料だけに限りません。人材教育にかけるお金も、上位の人に手中させた方がいい。下位の人を引き上げて全体の質を高めることを底上げといいますが、実はこれはあまり効果が期待できません。たとえば新人にマナー研修で挨拶の仕方を教えても、先輩社員が「ドウモー」とやっていたら、それを真似してしまいます。教育は「屋根上げ」が基本です。同じコストをかけるなら、まず上の人にお金を使い、そのお金をかけた人から、下に教育させる方がいいのです。


奥山清行

言葉が正確でなければ仕事ができないなんてことはないんです。ヨーロッパは多言語社会ですから、ミーティングでも3つや4つのギン語が出てくるのは当たり前。でもおそらくみんな、ちゃんと理解してはいないと思います。言葉なんてその程度のものだと考えています。100%は通じないというのが前提なんです。日本人同士の会話だって、相手の言うことを本当にきちんと理解できているかといえば、はなはだ怪しいものではないですか。


古賀信行

20年後、そして30年後を見据えると、その時代に直接関われる世代、すなわちコミットできるヤング世代が意思決定の中心であるべきです。「失敗した時は自分が被る」という覚悟がないと、良い決断はできません。