名言DB

9490 人 / 112001 名言

ミハエル・シューマッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミハエル・シューマッハのプロフィール

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

ミハエル・シューマッハの名言 一覧

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】


ミハエル・シューマッハの経歴・略歴

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

他の記事も読んでみる

清水喜彦

三井住友フィナンシャルグループが最強の金融グループになるために銀行と証券がツインターボエンジンになることが必要です。ツインターボの一翼である、我々SMBC日興証券は現実をしっかり見極めた上で、圧倒的な2位になる。そうして初めて、野村さんに挑戦ができるということになります。


箭内道彦

年を経るごとに、やりたいことをやっている。なぜか? それは僕が、いわゆる青春時代に青春を謳歌できないタイプだったから。若い頃悶々としていたバネがガツンとりバウンドしているんです。


松丸友紀

『デキビジ』という経済情報番組のMCを務めていますが、驚いたのは、台本や打ち合わせがほとんどなく、常にアドリブが求められること。たとえば、勝間和代さんと先週のニュースを振り返るコーナーでは、予想外のニュースが取り上げられたときでも、とっさに的確な質問を投げかけなくてはなりません。どんなニュースにも対応できるよう、収録のない日はひたすら勉強ですね。ただ、報道系のMCのお仕事は入社前からの夢。ものすごくやり甲斐を感じています。


柴田励司

議論をまとめ、納得させるファシリテーションスキル。相手の表情を読み、表情で語るスキル。聞き手を惹き込むプレゼンテーションスキル。わかりやすい文章や資料を作るスキル。情報を整理し、構造化するスキル。最低限この5つが身につけば、どこでも仕事ができます。これらのスキル自体は基礎的なものであり、適切なトレーニングをすれば、誰でもできるようになります。


倉本圭造

一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。


林悦道

喧嘩では相手に近づけば近づくほど、打撃などのエネルギーは効率的に伝わり、勝利の確率は高まる。企業間競争も同じ。顧客との距離感を縮めるほど自社の熱意や技術的優位性は、効果的に相手に伝わり、顧客を奪い取れる確率は高まる。


寺田和正

サマンサタバサを最初に立ち上げるときも、「日本発の日本ブランドなんて不可能だ」と言われ続けました。だからこそ、そこにビジネスチャンスがあると思ったんです。ビヨンセをモデルに起用することも、「素晴らしいアイデアだけど、難しそう」なんていわれると、「絶対実現したいな」って思いました。


清田瞭

良い事も悪いい事も順番に巡ってくるので過度に悲観したり有頂天になったりする必要はない。良い事が回ってきた時にそれを取り込めるかどうかが大事。


高田明(ジャパネットたかた)

自分の持っている軸を絶対にぶらしてはいけない。黒色と白色を混ぜたらグレーになるように、今持っている強みから新しい業態や商品、サービスを作ることは可能。


首藤由憲

新しい価値の提案こそがメーカーの役割ですが、それがまだ足りません。何もしなくてもお客様が飲料に興味を持ってくれるような、幸福な時代は終わりました。成熟した市場でヒットを出すには、既存のカテゴリーに驚くような新しい付加価値が必要になってきます。それを常に考えながら、覚悟を決めてどんどんチャレンジしていきたい。


渡文明

経営者のタイプというのは持って生まれた性格で決まる面もあると思っています。ただ、偉大な先人のスタイルをそのまま真似ることはできなくても、泰然自若と構えていらっしゃる方々の「心」には学ぶものが多くあるのです。


坂本光司

社風を変えるうえで大きな役割を果たすのが、経営陣や幹部社員の言動。