名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ミハエル・シューマッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミハエル・シューマッハのプロフィール

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

ミハエル・シューマッハの名言 一覧

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】


ミハエル・シューマッハの経歴・略歴

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

他の記事も読んでみる

小泉文明

アウトプットが苦手な人もいるでしょう。私も20代はそうでした。そこで当時始めた解決法が、ブログの活用です。毎朝多い時で10紙以上の新聞や経済誌に目を通し、感じたことや「記事の内容を踏まえると、社会は将来こうなる」という仮説を、毎週末に自分でメモにまとめてアップ。自分の頭で考えていることはそのままで終わらせず、「言葉」に落とし込む作業が肝心だと思っています。


迫本淳一

演劇も映画も人と人との連携で作っていくので、リスクのボラティリティが高い。良い脚本が思った通りに出てくるとは限りませんが、それでも継続して作り続けていかなければ強いチームはできません。


中村龍明

長年ゴルフに取り組んでいれば、「ボールを上げるのはクラブの仕事」という言葉は聞いたことがあるでしょう。6番アイアンよりも9番アイアンのほうが、ボールが高く上がるのは、スイングを変えているからではなくクラブを替えているからということは、分かっていると思います。ところが、バンカー越えや池越えになると、不思議と自分の動きでボールを上げたくなってしまうのです目の前のハザードを避けるためにはどうしたらいいか、脳が勝手に考え始めてしまうのでしょうね。そういう仕組みが分かっているのであれば、「バンカーに入れたくない」と脳が考え始めた時、「やるべきことはバンカーに入れないことではなく、15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とすこと」だと意識を転換する必要があるわけです。


出光佐三

私は今後は、何もいままでのことにとらわれないで、出光個人の感情ではなく、私たちの仕事は国家の仕事であるという見地から仕事を進めていきたいという気持ちを持っている。


藤原新也

「あっちの水は甘いぞ、こっちの水は辛いぞ」なんて、お互いにその水につかってみない限り、わからないものなんですよ、人生というものは。


本多均

私は以前は証券会社に勤務して、さまざまな企業の実情を見てきました。そこでわかったことは、どれほど素晴らしい事業でも必ず、「成長→安定→成熟→衰退」という道をたどること。


岡田充弘(経営者)

チームをマネジメントするのに「部下に対するコミュニケーション能力を磨く」という方法だけでは限界があります。それより、いちいち指示や指導をしなくても、部下が自立して行動し、各自の強みを発揮できる仕組みや環境づくりに力を注ぐ方が、結果的にはチーム全体のパフォーマンスも上がります。


野口悠紀雄

インターネットの発達により、「何かを知っていること」それ自体の価値は急激に低下しました。その代わり、より大切になったのは、「知識を的確に探し出す能力」です。これからはこの能力、すなわち「検索力」によって、差がつく時代になるでしょう。


村上太一

平日は情報収集をしている余裕がないので、週末にまとめて行なっています。具体的には、解決策そのものを探すのではなく、世の中のさまざまなトレンドをチェックしています。


新井直之(執事)

私は、本物の大富豪になる人は、共通の「金持ちの相」があると確信しました。目が大きく、目力があること。眉が太く、福耳で、口が大きく、歯並びがいいこと。そして、長年のにこやかな表情によって、目じりや口角に笑いジワが刻まれていること。こうした特徴を持った顔は、相手に好感と信頼感を与え、協力を得られやすいのです。ビジネスで有利なのは言うまでもありません。では、そうした顔は生まれ持った才能なのでしょうか? もちろん、はじめから「金持ち顔」で生まれ育った方もいらっしゃいます。しかし、日ごろの努力によって、金持ちの相を手に入れた方も大勢いらっしゃるのです。たとえば、とくに重要な目力と笑いジワ。目力はトレーニング、笑いジワは習慣で手に入れることができます。


井上高志

営業マンは「利他主義」であるべきだと思っています。「お客様のニーズには、自社の商品より他社の商品が合っている」と判断すれば、他社商品を提案します。実際、リクルートで新卒採用媒体の営業をしていたときも、「この部分は他社サービスの方がよい」と思ったら、そちらをご提案していました。お客様との信頼関係は確実に深まります。実際、そういう提案をしていた企業から、「採用戦略をすべて任せるから、好きにやってくれ」といわれたこともありました。これは嬉しかった。


佐々木常夫

部下のモチベーションを維持できない理由は次のふたつが考えられます。ひとつは、不況という経済環境の中で、仕事への先行き不安を感じている場合。もうひとつは家庭の事情など個人的な悩みを抱えている場合です。