ミハエル・シューマッハの名言

ミハエル・シューマッハのプロフィール

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

ミハエル・シューマッハの名言 一覧

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】


ミハエル・シューマッハの経歴・略歴

ミハエル・シューマッハ。ドイツのF1レーサー。ドイツヨーロッパカートチャンピオン。F3000マカオGP優勝。国際F3000チャンピオン。F1ワールドチャンピオン。名門フェラーリのファーストドライバーとして活躍。数多くの伝説を残した

他の記事も読んでみる

原礼之助(禮之助)

初めて米国の地を踏んだ私に、彼の地の大学は手取り足取り米国での暮らし方を教えてくれました。そこで学んで以来ずっと実践していることのひとつは、人と話すときには目の位置と自分の意志を相手に伝えようとするエネルギーのレベルが大切だ、そしてリラックスしてユーモアを忘れるなということです。相手の目をまっすぐに見てエネルギーを傾け、しかもくつろいで話すこと。


佐藤孝幸

長期計画は、計画の途中で変更してもいいでしょう。時代は常に動いているのに、過去に立てた目標に固執するのはナンセンスです。現在の状況に合わせて、目標そのものを変えたり、リスケジュールする柔軟さが欲しいものです。


青木仁志

できる経営者やトップセールスマンほど、聞くのが上手です。相手に8割話し手もらい、自分は2割といったバランスです。これは超達人の世界ですが、営業経験の浅い人でも相手6割、自分4割は心がけたいですね。


ムーター・ケント

消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。


神谷一雄

人生は常に自分との戦い。怠けていてはダメ。自分に克(か)たなくてはいけません。己に勝つ、己に挑戦するということです。


松本南海雄

これから高齢化が進めば、スーパーに行って、その後にドラッグに行って、という買い回りが面倒になる人が増えます。近くのドラッグで間に合えばそれでいいわけです。その点で言えば、やはり来店頻度の高い食品が強化分野になります。


南場智子

米ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得しましたが、マッキンゼーへ戻って早々に、退職を考えていました。プロジェクトがうまくいかず、「この職業は向いてない」と思ったんです。そんなある日、お世話になっている上司から、別件のプロジェクトを手伝うことを頼まれ、退職前の最後の仕事にするつもりで取り組みました。すると、初めて伸び伸びとした気持ちで働けた。なぜなら、退職を決めていたので、「成果を出す」という点に意識を向けられたからでしょう。それまでは、「自分は仕事がデキるのか」という点を気にしていた。それで自分は仕事がデキていないと思っていて、肩に力が入っていたんです。


リンダ・グラットン

日本企業にも多く見られるのが、全員一致でないと決められないという風土です。多様な声を聞くだけではスピードが落ちてしまいます。全員一致でなくても、前に進めるルールづくりが大切です。


佐々木常夫

サラリーマン人生では、上司とそりが合わずに辛いという困難にもどこかで直面するでしょう。私自身も上司と衝突して左遷された経験があります。当時、同期の中で最初に取締役に選ばれていましたが、いきなり正規ルートを外され、社員30人の東レ経営研究所の社長になれ、という人事がくだりました。当時はトップを目指していたので、とても悔しかった。しかし、左遷先の東レ経営研究所では社長です。ほどなくして、部下に仕事を任せれば、自分の時間がいくらでもつくれることに気づきました。その頃、初めて執筆した本が10万部ほど売れ、やがて次から次へと出版や講演の依頼がくるようになりました。今、私が定年を過ぎてもこうして好きな仕事を続けていられるのは、そのときの人事を真正面から受け止めて置かれた場所で咲いたからです。


岸見一郎

悪い噂が流れるのは、自分が有能である証拠。劣等感に苛まれた誰かがあなたの能力に嫉妬して、根も葉もない噂を流している可能性が高いことを知りましょう。


守安功

社内で大事にしている考え方に「良質な非常識」というのがあります。常識だと思われていることを疑える感覚を持っている人のことです。社内で定着している業務のフロー、あるいは業界慣習といったものの中には非効率なまま放置されているものがたくさんあります。しかし誰もが「変えられないもの」「仕方のないこと」と思い込んでいることは多いのです。本当は「これだけ環境が変わっているのに、ずっと同じやり方をしているのはおかしいよね」と声をあげなければいけない。それが「良質な非常識」を備えた人材です。


岸見一郎

大切なのは、感情的にならないこと。嫌われていることで落ち込むとか、逆に自分も腹を立てるとか、そうした負の感情に呑まれてはいけません。「この人は上司の仕事の何たるかがわかってないんだな」と少し突き放して見るぐらいがちょうどいい。


印南敦史

「手法」は学べるが、自分らしさを出さなければ聞き手に強い印象は残せない。最終的には、テクニックより「その人らしさ」がモノをいう。


柴田励司

自分のいる場所を固定しないで、様々な場所で多くの人と出会うことが大切です。たとえば営業マンなら、営業に関することだけを学ぶのではなく、自分が面白そうだと思うことに積極的に飛び込んでいったほうが、本業でも好影響が得られるのではないでしょうか。


越智直正

経営者は困らないといけません。困らない経営者に進歩はない。困ったことを解決する、それが経営だとぼくは思っています。


ページの先頭へ