名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ミハイル・ゴルバチョフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミハイル・ゴルバチョフのプロフィール

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ。ソビエト連邦の政治家。同国最後の最高指導者(ソビエト連邦共産党書記長)。ロシア・スタヴロポリ地方プリヴォリノエ村出身。モスクワ大学法学部を卒業。スタヴロポリ市コムソモール第一書記、スタヴロポリ地方コムソモール第一書記、スタヴロポリ市党第一書記、スタヴロポリ地方党第一書記などを歴任し40歳で党中央委員に選出される。その後、ソビエト連邦共産党書記長に就任し数々の改革を行った。

ミハイル・ゴルバチョフの名言 一覧

すでに期限切れとなった改革を貫き通すには、全身全霊で事に当たり、持てる力をすべて集中しなければならなかった。


ミハイル・ゴルバチョフの経歴・略歴

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ。ソビエト連邦の政治家。同国最後の最高指導者(ソビエト連邦共産党書記長)。ロシア・スタヴロポリ地方プリヴォリノエ村出身。モスクワ大学法学部を卒業。スタヴロポリ市コムソモール第一書記、スタヴロポリ地方コムソモール第一書記、スタヴロポリ市党第一書記、スタヴロポリ地方党第一書記などを歴任し40歳で党中央委員に選出される。その後、ソビエト連邦共産党書記長に就任し数々の改革を行った。

他の記事も読んでみる

石川泰彦

これまで日本のサービス業は人を増やすことがサービスの質につながると考え、その仕事を何人で行うかという効率性は度外視されて、今に至っています。その間に製造業は省人化や工程の効率化などに徹底的に取り組んできました。今やサービス業においても、人海戦術に依存した働き方はやめ、より少ない人数で、より効率的に、質の高いサービスを提供できるように考え方を変える時にきています。


陰山英男

一般のビジネスマンの方でも、誰しもメルヘンを信じたい気持ちは少なからずあると思います。たとえば、「一生懸命やったらいい結果が出る」と思いたいことでしょう。しかし、メルヘンに頼るとどうしても自分に甘くなります。自分に対する甘さを許さないという意味でも、本当に自分のやり方に自信を持つという意味でも、誰が見てもわかる数字を求めるべきではないでしょうか。


高野悦子(映画運動家)

留学当時、私の最大の発見は「私は日本人である」ということ。国際的な人というのは、ナショナルであることでインターナショナルであるということ。


宮田玲(経営者)

私の会社は印刷用の「版」を製造する、ものづくりの会社です。しかし代々、「商売人」としての意識も強い会社でした。大阪生まれ、大阪育ちの企業ということは、理由のひとつかもしれません。つくることも売ることと同じで、「お客様のために」に尽きるということなのでしょう。だから、ものづくり(工業)の会社でありながら、商売人(商業)の感覚も多分に持ち合わせているのだと思います。


船ヶ山哲

競合サイトを見ることで、見込み客の心情を知ることができます。検索サイトで「○○(自分の業種・業態)お客様の声」で検索すると、他社サイトの「お客様の体験談」が出てきます。そのコメントに、見込み客の心をくすぐる、多くのヒントが隠されているはず。10社も見れば、共通点が見えてくるでしょう。


野部剛

営業では相手に配慮しないでとる行動は、小さなことでも避けるべきです。たとえばホームページで資料請求をしてくれた相手に、郵送ではなくいきなり直接押し掛けるなどはNGです。相手の関心がまだ熟していない中、こちらの押しの強さだけが際立ってしまいます。


川上善郎

週刊誌で騒がれるような、政治や芸能、メディアの世界とは違って、普通の職場の人はそんなにいじわるではありません。人間、温かい気持ちを持っている人のほうが多いもの。「人の噂も七十五日」と言いますが、情報が溢れる今では、噂の賞味期限はもっと短くなっていますから、無視戦略は最善な手と言えるのです。


塚越寛

経営者が成長だけを求めると、組織の中に無理が生じてくる。


吉越浩一郎

会社の理念とは、生きた経営の「イズム(主義)」でなければいけない。いまの日本経済には、こうした「イズム」が感じられない。いきいきとした生命力が失われており、日本全体が年老いて枯れているかのようだ。


柳井正

経営者が「善い」ことをしようとしているからこそ、周囲は協力する。


内藤誼人

コミュニケーションは質より量。意味のない内容でも、たくさんコミュニケーションを取ったほうが相手は好印象を抱いてくれます。


秋田正紀

企業風土を変えるには、コミュニケーションの活性化が大前提。ただし、コミュニケーションといっても、情報を共有するというだけではなくて、自分のポストや仕事の領域を乗り越えてでも、思っていることを言い合えるようにならなければいけない。その意味で、もっと社員の背中を押して、社員が意見や行動を実行しやすい雰囲気、また、環境を整備していかなければいけないと思っています。