名言DB

9429 人 / 110879 名言

ミハイル・カラシニコフの名言

twitter Facebook はてブ

ミハイル・カラシニコフのプロフィール

ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ。ロシアの軍人、銃器デザイナー、政治家。ソ連アルタイ地方クーリャ村出身。世界で最も多く使われた軍用銃としてギネス世界記録に認定された自動小銃「AK-47」の設計者。

ミハイル・カラシニコフの名言 一覧

ひとつだけ確かなのは、何か新しいものをつくるには、その分野で何がつくられてきたのかを把握することである。


ミハイル・カラシニコフの経歴・略歴

ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ。ロシアの軍人、銃器デザイナー、政治家。ソ連アルタイ地方クーリャ村出身。世界で最も多く使われた軍用銃としてギネス世界記録に認定された自動小銃「AK-47」の設計者。

他の記事も読んでみる

坂本史郎

どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


深田和範

みんなが安定ばかりを追い求めていては、企業も社会も成長はできません。元々ホワイトカラーには安定志向が強い人が多いのですが、この中から、新たなことに挑戦しようと腕まくりできる人がどれだけ出てくるかが、今後の日本社会の課題でしょう。若い人がそれを見習っていくことで、新産業の原動力になるかもしれない。


石田衣良

似た仕事はまとめるようにもしています。この日は執筆、この日は取材といった具合に、同じ種類の仕事をできるだけ同じ時期に仕上げています。そうすれば、無駄な時間もずいぶん削れます。


小笹芳央

何でもちょっと教わっただけですぐにできてしまう人は、何にも身につかないで終わってしまう危険性がある。量がこなせないから基礎が身につかない。だから最終的には、安定的に好成績を収めることができなくなる。


大山健太郎

事業構想をどのようにするのかが一番大事なこと。そのとき大事なことは、メーカーの都合ではなく、常に消費者目線に立つということ。消費者にとって何が必要で、どういう事業が一番いいのかということを常に考えながらやってきました。


高杉良

僕はいまだに記者時代と同じ200字詰めの原稿用紙を使い、ボールペンで書いています。気持ちがそのまま乗ってしまい、歯を食いしばって筆圧強く書いているときもありますし、ニコニコしながらペンを走らせているときもあります。


栗木契

マーケティング・インテリジェンス活動の高度化には、理論が欠かせない。理論に通じていれば、市場情報を表面的に眺めるだけでは見逃しやすい関係をつかむことができる。


岩淵克郎

一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日です。一日を一生のごとく真剣に生き、一生を一日のごとく気楽に生きたい。


鑄方貞了(鋳方貞了)

業界内でのオピニオンリーダー的な人とのネットワークづくりはもちろん大切ですが、最近のように業界間の垣根が低くなってくると、業界外にもネットワークを持つことも重要。


松井道夫

今や同業を全て敵に回したと思ってください。(覚書き|松井証券がインターネット事業に参入したとき敵はどこかと問われての発言。インターネット事業に特化する覚悟を語った言葉)