名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ミハイル・アルツィバーシェフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミハイル・アルツィバーシェフのプロフィール

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ。19世紀から20世紀前半のロシア文壇を代表する作家。主な著作に『ランデの死』『人間の波』『サーニン』『最後の一線』。とくにサーニンは若者に強い支持を受け、サーニズムという言葉を生んだ。サーニズムは個人の主張や恋愛・性愛の解放・自由を肯定した思想

ミハイル・アルツィバーシェフの名言 一覧

人間の生活に目的はない。生きていること。それがすなわち目的である。


お前の一番ひどい不幸とは、それ自身が不幸だからではない。お前が自分と自分の生涯に、そのような不幸があると思っているからだ。


ミハイル・アルツィバーシェフの経歴・略歴

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ。19世紀から20世紀前半のロシア文壇を代表する作家。主な著作に『ランデの死』『人間の波』『サーニン』『最後の一線』。とくにサーニンは若者に強い支持を受け、サーニズムという言葉を生んだ。サーニズムは個人の主張や恋愛・性愛の解放・自由を肯定した思想

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

失敗を重ねてはいるものの、大ケガをしないうちに迅速に撤退していること。これは経営者の鉄則であり、経験則で磨かれる「大きなミスにつなげない」最大の方法なのでしょう。


大坂靖彦

脳はリアルとヴァーチャルを区別できないと言われています。なりたい自分の姿を描き、脳に何度もくさびを打ち込むと、脳は次第にその気になって身体に働きかけてくるでしょう。人生設計の醍醐味はそこにあります。


サイモン・クーパー(経営者)

リーダーは将来を見通し、事業に影響を及ぼす環境の変化をいち早く見抜き、自ら変化を起こさなければなりません。もちろんこれは決して簡単なことではありません。リーダーの仕事で最も難しいことかもしれない。変化を起こす際には、ある意味で自分のこれまでの考え方を否定することになり、自信が持てなくなることもあるからです。


諏訪貴子

男性社会に入っていくので、まずはパンツスーツを買いそろえました。気持ちが追いついていないぶん、形から入ることで、「自分が会社を引っ張っていかなきゃ」とスイッチが入ったのを覚えています。


豊田章男(モリゾウ)

何が起きるかわからない激動の時代。だからこそ、変えてはいけないブレない軸と、未来のために今を変える覚悟を持つべきだ。


津谷正明

集団指導体制でやりにくい面はまったくありません。これまで当社は個性の強いトップがたくさんいました。私は入社後社長室に配属されましたが、当時は普通じゃない人がたくさんいました(笑)。でも僕は身の丈に合わないことはしません。自分が間違えているところは指摘してもらった方が得です。


永野毅

「我々はいい会社だ」、「エクセレントカンパニーだ」と思ったら、そこで終わりで、進歩が止まってしまう。よりよい会社になっていくためには、100年先でも「グッドカンパニー」を目指しているような会社でなければいけない。


石井陽介

競合に勝つためにターゲットとなる顧客を明確化し、施設や料理の写真からコンテンツの企画・構成まで戦略的に分析した集客ツールを構築しています。


ロバート・キヨサキ

私のビジネスに投資しようという会社や、ビジネスパートナーになりたいという人、仕事を請け負ってくれる企業をさがすとき、私の会社では、候補者の経験、専門能力、業績、経営者の性格や社風を厳しくチェックしている。その会社や個人の資質が、私や私の会社の将来にじかに影響するからだ。


張富士夫

現場で見ているとわかるんです。事務所で頭の中だけで考えていたのではわかりません。


小杉俊哉

一見して「運が悪い」ことでも、自律意識をもって取り組めば、結果的には「運がよかった」となることも、往々にしてあります。たとえば、自分の意に沿わず、会社のなかでも日陰の部署に転属されたとしましょう。これを「運が悪い」と嘆いて腐ってしまえば、そのままです。しかし逆に、「なんとか結果を出して見返してやる」と奮起できれば、異動はまたとないチャンスになります。なぜなら、そうした不人気部署には優秀な人材があまりいないため、頭角を表わしやすいからです。しかも、そういった部署は往々にして上司の管理もゆるく、好きなように仕事ができることも多い。また日陰の部署はメンバーの人数も少ないですから、多くのことを自分でこなさなくてはなりません。嫌でもマルチタスクで仕事をこなせるスキルが身につくのです。そして、結果的に社内の注目を集めることとなり、やがて本流の部署に呼び戻され、同期よりも早く出世できるといったケースも多いのです。


羽生善治

若いうちは時間がかかっても、考える習慣をつけた方がいいのではないでしょうか。若手の棋士にも、感覚的にどんどんいい手を指してくる、才気あふれる人がたまにいますが、勢いだけで指している人は、たとえ強くてもあまり伸びません。それよりも、この局面ではどの手を選ぶのが正解なのか、常に考えながら指す人の方が、たとえいまはそれが結果に結びついていないとしても、将来、確実に強くなるといっていいでしょう。