ミハイル・アルツィバーシェフの名言

ミハイル・アルツィバーシェフのプロフィール

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ。19世紀から20世紀前半のロシア文壇を代表する作家。主な著作に『ランデの死』『人間の波』『サーニン』『最後の一線』。とくにサーニンは若者に強い支持を受け、サーニズムという言葉を生んだ。サーニズムは個人の主張や恋愛・性愛の解放・自由を肯定した思想

ミハイル・アルツィバーシェフの名言 一覧

人間の生活に目的はない。生きていること。それがすなわち目的である。


お前の一番ひどい不幸とは、それ自身が不幸だからではない。お前が自分と自分の生涯に、そのような不幸があると思っているからだ。


ミハイル・アルツィバーシェフの経歴・略歴

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ。19世紀から20世紀前半のロシア文壇を代表する作家。主な著作に『ランデの死』『人間の波』『サーニン』『最後の一線』。とくにサーニンは若者に強い支持を受け、サーニズムという言葉を生んだ。サーニズムは個人の主張や恋愛・性愛の解放・自由を肯定した思想

他の記事も読んでみる

李海珍(イ・ヘジン)

親会社の立場からすると、子会社が独立していくことで、何か「もったいないな」と思うかもしれません。でも、あるタイミングになるとお互い独立した存在として付き合うべき。親と子供の関係と同じですね。


池上浩一

自分なりのロジックを構築し、納得した内容を準備することができれば、よどみなく話すことは難しいことではありません。


佐藤裕久

飲食業は人が必要な仕事であり、人を使う仕事ってよく言われますが、そうじゃなくて、こんな人がいるからこんな店をつくろうかという話になるべきなんですよ。


藤田晋

どんなビジネスパーソンも、「ブランクの怖さ」を、もっと感じた方がいい。私の場合、リタイアして1年でもネット業界から離れたら自信がなくなります。今の業界にどっぷり漬かって、現場にもいるから、正しいことが正しいと分かるし、疑わしいことも疑わしいと分かる。


松尾静磨

家庭というものは、諸君にとって最も大事なところだ。朝出がけに奥さんと喧嘩して、むかむかした気持ちで貴重な人命や財産を預かる重大な職務についてもらうようなことでは困る。その意味で、キャプテン(機長)は常に健康に留意するとともに、品性を高めることに努力してほしい。諸君は外国に行けば、民間の外交官である。責任は重い。そのためにもまず、家庭第一主義をとってもらいたい。


斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)

人は自分の話を誰かに聞いてもらいたがっている。だから聞き役に徹し、それを引き出すだけで喜んでもらえる。


川村隆

社内ウェブでグループの全社員36万人に向けて新しいアイデンティティを発信し、全世界95ヵ所の事業所をまわり、とくに若い30代の課長クラスと語り合った。こうして日立のアイデンティティを明確にすると同時に、事業の収益を改善させる手も打った。それぞれの事業責任者にラストマン(決断する人)の意識を持たせる仕組みを導入したのだ。


小川淳司

野球には正解がありません。しかし、だからこそ誰を起用するかについても、自分の中でしっかりと判断基準を持っています。けれども、それで失敗することもあります。自分の采配がまずかったと思ったら、「自分のミスで負けた」と新聞記者にコメントしますし、選手に直接「申し訳なかった」と言ったこともあります。


進藤貞和

企業の社会的責任を忘れてはいけません。これは他人の身になって考える。自分が逆の立場だったらどうするかと思いを巡らすことで、そこに同情も生まれるわけです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

経営者として大切なのは、今現在意欲が足りないと感じられる社員がいたとしても、その社員の成長を決して諦めないこと。諦めるというのは成長を妨げること。


秋山進

組織の誰かが困っている時には全力でサポートする。そういう姿勢を明確にしていれば、普段人づき合いが悪くても何とか許される。変人でいるのにも、戦略が必要なのです。


山内溥

これからの娯楽業界の発展のためには、むしろこういった新たな技術(ソフトウェア)を互いに公開・交流することが大切。


宋文洲

貯金や、自分の楽しみだけの消費は、投資ではない。それでは10年続けても、いまのままの自分。自分が成長するものに、大事なものを投入する。これが投資なんです。


安藤文男

優秀なエンジニアを育てるのは労力も時間もかかるわけで、教育方法を含めて根気よく人材を育てていきたい。


浜田宏

自分自身も本当に世界トップクラスのプロの経営者になったかというと、正直、三合目程度だと思います。今後も引き続き鍛錬を重ね、四合目、五合目とチャレンジしていきたいと思います。


ページの先頭へ