名言DB

9419 人 / 110788 名言

ミット・ロムニーの名言

twitter Facebook はてブ

ミット・ロムニーのプロフィール

ウィラード・ミット・ロムニー。アメリカの実業家、政治家(共和党)。ミシガン州デトロイト出身。ブリガムヤング大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール・ロースクール修了。ボストン・コンサルティング・グループを経てベイン&カンパニーに入社。ベンチャーキャピタル設立を経てベイン&カンパニーCEOに就任。その後、マサチューセッツ州知事を務めた。

ミット・ロムニーの名言 一覧

数字の中に答えがある。数字の中に黄金がある。


良薬は口に苦いが、患者の命を救うには必要なことだ。


私の机に予算の数字をどっさりと積み上げてくれれば、どっぷりと浸かって楽しませてもらう。


ベイン社で学んだ重要なことは2つある。ひとつは、難関に対するアプローチのコンセプトづくりと問題解決の方法論。もうひとつは、データや分析や討議に対する大いなる信頼だ。


私の仕事は企業を成功に導くこと。それは、言わせてもらうなら、それぞれの家族が自分の働く会社を強くしていくことこそ最良の安全策なのだということです。


ミット・ロムニーの経歴・略歴

ウィラード・ミット・ロムニー。アメリカの実業家、政治家(共和党)。ミシガン州デトロイト出身。ブリガムヤング大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール・ロースクール修了。ボストン・コンサルティング・グループを経てベイン&カンパニーに入社。ベンチャーキャピタル設立を経てベイン&カンパニーCEOに就任。その後、マサチューセッツ州知事を務めた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

車のセールスは、今日頑張って、今日実績が出るものではありません。一度営業所を出れば、監視の目もありません。私は、モチベーションを維持するために、日々小さな目標を決めて、それを達成できれば、自分を大袈裟に褒めていました。例えば、今日は500枚チラシを配ろうと決め、すべて配り終えたら、「ああ、1日よく頑張ったな」と。あるいは、今日はこのマンション1棟すべて飛び込みすると決め、最後まで訪問したら、「よくやったな」と自分を褒めてやっていました。実際車が売れるのは、500軒回って1軒あるかないかです。ですから売れる保証は何一つありません。あたかもマラソンランナーが、「次の電柱まで」「あの角まで」と目標にして走るように、小さな目標達成をしては、大袈裟に喜んで、モチベーションを維持していました。結果、1年半で前任者の9倍の台数を売り、歴代出向者の新記録を樹立。日産サニー大阪生え抜きのセールスマンの中でも、粗利益が2位という成績を残しました。粗利益が2位というのは、つまり値引きをしないで売ったということです。念願のサニー大阪の社長賞と日産自動車の社長賞をいただくことができました。


正垣泰彦

人生には苦労や心配事がつきものだけど、楽しくワインを飲みながら美味いものを食べているときは、そんな面倒を忘れられます。イタリアでそんな光景を実際に見てきたことが、僕の原点になりました。なにせ若かったからすごく感銘を受けました。レストランという場所で、この幸せを提供するために仕事をしようと決心しました。


加賀見俊夫

準社員がディズニーの基本理念を共有すれば、中長期にわたって活躍しますし、結果として顧客満足度や企業価値の底上げに結びつきます。


谷家衛

ハングリーで優秀な人は、起業家であれ何であれ高い確率で成功します。アジアやアフリカの途上国にはそういう若者が大勢いる。彼らは世界の宝と言ってもいい。


松原泰道

父は学はありませんでしたが、体験から得た教えを授けてくれました。忍耐はただ辛抱や歯を食いしばるということではなく、忍の字は刀の中に点を打つ。これは若いうちに鍛えておかなくてはならないということを。


山田満(経営者)

私がこれだけ出来たのであれば、私が出会った人々、これから出会う皆さんはもっと出来るはずだ。若い人には、ものづくりの分野でどんどん挑戦して欲しい。もっと多くの人に医療分野で起業して欲しい。


香取眞恵子

仕事を続けているからこそもっと学びたいと思う。これが自分の成長に繋がるのだと思います。


亀田高志

日系企業と外資系企業だと、外資系のほうが成果を出さないとクビになるので相当ストレスがかかっているだろうと思われる人も多いでしょう。確かに環境に適応しきれずにうつになる人もいます。ですが、外資系は結果が求められる半面、いろいろな裁量が大きいので割と元気に仕事をしている人が多いのも特徴です。とりわけ夏休みに2~3週間と長く仕事を離れ、伸び伸びと過ごせる場合はストレス軽減につながります。一見、安定はしているけれど仕事の裁量が少ない日本企業のほうが危ないといえるでしょう。


小路明善

私は自分の経験から振り返っても、成功と失敗は51勝49敗。勝ち越せばいいんです。


内藤剛志

もうダメかなと行き詰まったときは、とにかくシンプルなことを限界まで、何度もくり返すことが大事。