名言DB

9490 人 / 112001 名言

ミシェル・プラティニの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミシェル・プラティニのプロフィール

ミシェル・プラティニ。フランスのプロサッカー選手。フランス代表選手を経て、イタリアのユベントスに所属。イタリア・リーグで3度得点王、三年連続で欧州最優秀選手バロンドールを獲得するなど活躍した。将軍と称えられた選手。

ミシェル・プラティニの名言 一覧

私は判断は早いし、誰よりも早く広くフィールドを見られる。
【覚書き:17歳、FCメツ入団テストのメディカルチェックで心臓がスポーツ選手に不適格と診断された時を振り返っての言葉。ミシェルはそこで諦めず、自分の長所を伸ばし、チームの司令塔として活躍することを選ぶ。その後、フランスを代表するプロサッカー選手へ成長する】


ミシェル・プラティニの経歴・略歴

ミシェル・プラティニ。フランスのプロサッカー選手。フランス代表選手を経て、イタリアのユベントスに所属。イタリア・リーグで3度得点王、三年連続で欧州最優秀選手バロンドールを獲得するなど活躍した。将軍と称えられた選手。

他の記事も読んでみる

林成之

脳の機能は「ゴール間近だ」と思った瞬間に低下し、それにともなって運動機能も低下します。脳の自己報酬神経群という部位の仕業です。自己報酬神経群とは、その名の通り自分へのご褒美をモチベーションに働く部位であり、この部位が活発に働かないと脳は活性化しません。


林成之

自己保存本能は人間にとって大切なものですが、失敗するかもしれないという否定語は、この自己保存本能に過剰反応を起こさせて、脳の働きにブレーキをかけてしまいます。コツコツ努力するとは、一歩一歩着実に努力しようということであり、この言葉の背後には失敗しないよう慎重に事を運ぼうという意識が隠れています。それゆえ、コツコツやるという人は、自分が現在持っている以上の力を発揮することが難しいのです。


藤森義明

ウェルチの信念の伝え方は中途半端なものではありませんでした。私はウェルチと1週間ほど一緒に旅したことがありますが、彼は本当に朝から晩まで自分の信念を語り続けるのです。旅の終わり頃には、彼の言葉を完璧に反復できるまでウェルチ・イズムを刷り込まれてしまい、ウェルチの言葉なのか自分の言葉なのか区別がつかなくなってしまう始末でした。ウェルチはそこまで徹底して自分のイズムを浸透させたうえで、自分がやってきたことをすべてひっくり返すような人物を後継者に選んでいるから、面白い。


ネルソン・ロックフェラー

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。


前田義徳

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


魯迅

青年時代には、不満はあっても悲観してはならない。つねに抗い、戦い、かつ自衛せよ。もし茨(いばら)を踏まねばならぬものなら、もとより踏むのが良いが、踏まずにすむものなら、みだりに踏むべきではない。


松田昌士

人間はあくまでも自然の恵みの中で生きている。自然の恵みを利用させてもらっているといった、基本的な考え方をもっときちんと持つべきです。そして、自然を保護し、子孫に伝えていかなければいけない。そうでなければ、21世紀、日本あるいは日本人の心に豊かさは存在しないと思います。


菊間ひろみ

日本人は発言で恥をかいたり反論されたり、失敗が怖いのです。でも語学学習で失敗は勲章です。


伊地知晋一

ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


中村邦夫

若い社員が前向きに仕事に取り組む効果は大きい。会社全体の活気にもつながるし、何よりも新しい創造性が育まれる。多様性をもち、上意下達によらないフラットな組織になってこそ、日本の製造業の生命線である独創性が磨かれるのです。ニート問題を批判的にとらえるだけでは、時代の変化に合った経営はできない。むしろ彼らを取り込むような改革を考えるべきだろう。


山口ひろみ(経営者)

会長は創業から電気を使う商品だと修理をしないといけないから、電気を使わない生地も素材もしっかりした、へたったりしない、寝具タイプの磁気治療器を開発したんです。ところが、商品が壊れれば買い替え需要が生まれますが、商品が壊れないので、コアなファンは増えても一度買ったら終わりになってしまう。せっかくお客様との信頼関係ができたのに一度だけのお付き合いで終わってしまっていたんです。それで、栄養補助食品や基礎化粧品、そして装着タイプの磁気商品のレンタルも始めたりして、商品ラインナップを充実させていきました。


岩城裕一

日本の製薬会社は研究開発力があるのに、成果が出ていないケースがあります。そこを当社がお手伝いすることで日本をオリジネーターとする画期的な新薬を開発して、疾病に苦しむ世界の患者さんに貢献したい。