ミシェル・プラティニの名言

ミシェル・プラティニのプロフィール

ミシェル・プラティニ。フランスのプロサッカー選手。フランス代表選手を経て、イタリアのユベントスに所属。イタリア・リーグで3度得点王、三年連続で欧州最優秀選手バロンドールを獲得するなど活躍した。将軍と称えられた選手。

ミシェル・プラティニの名言 一覧

私は判断は早いし、誰よりも早く広くフィールドを見られる。
【覚書き:17歳、FCメツ入団テストのメディカルチェックで心臓がスポーツ選手に不適格と診断された時を振り返っての言葉。ミシェルはそこで諦めず、自分の長所を伸ばし、チームの司令塔として活躍することを選ぶ。その後、フランスを代表するプロサッカー選手へ成長する】


ミシェル・プラティニの経歴・略歴

ミシェル・プラティニ。フランスのプロサッカー選手。フランス代表選手を経て、イタリアのユベントスに所属。イタリア・リーグで3度得点王、三年連続で欧州最優秀選手バロンドールを獲得するなど活躍した。将軍と称えられた選手。

他の記事も読んでみる

吉田典史

職場では理屈抜きに実績を残すことが求められる。さらに仕事にはスピードも大切だ。経験の浅い人が自己流で仕事を進めたところで、いい結果はなかなか出ない。達成すべきは自分が満足するレベルではなく、上司が求める結果である。上司の「型」、つまり勝ちパターンは、実績を素早く出せるツールなのだから、利用しない手はない。


田村潤

働き方の工夫を自ら考えさせたことが、大いにモチベーションアップに繋がった。人は誰かにやらされる仕事より、自ら考え、実行した方が断然やる気が出る。


鈴木喬(経営者)

「衆知を集める」と言えば聞こえはいいですが、社員が集まって商品名を決めるとロクなことがありません。意見を出した人たちの顔を立てるために、妥協点として誰の心にも響かないネーミングを落としどころにしてしまいます。


西田公昭

一貫性効果を高めるためには、誰に対しても同じことを言うのが大切。いつでも、誰に対しても徹底して否定することで、「あの人はこう言い続けている」と印象づける。聞いている側は「自分のほうが記憶違いをしているのでは」とか、立場の弱い人だと、「自分のほうが頭が悪いし……」と思い込んで、心細くなっていくのです。


高橋一生(俳優)

意図的に中立な目線で世界を見るようにはしています。ちょっと重心を置く場所を変えるだけで、世界の見え方は変わってしまう。素晴らしい世界とクソみたいな世界、俳優として、どちらを表現することになるかはわからないから、真ん中に立っていたい。常に「清濁ある」状態が、僕にとっていいのではないかと思います。


澤田秀雄

自分がいる場所が変われば、見える風景はまったく違うものになる。


カント

努力によって得られる習慣だけが善である。


阿部修平

私たちは収益を最大にしていく責務を負っています。私たちを信じて資金を委託してくれる投資家がいて、その投資家の下には何万、何十万という受益者がいる。私たちは、そのひとりひとりに責任を負っています。


南原清隆

ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


滝久雄

経営者だった父の影響もあり、幼いころから漠然と「自分もいつか事業を興したい」という意識はありました。でも明確な目標があったわけではありません。そこで、自分が本気になって取り組めるテーマが必要だと考え、ライフワーク探しに走りだしました。そして、借金で調達した300万円を抱え、工業と情報の先進国だったアメリカに旅に出たんです。


佐藤正午

最近とても面白い小説を読んだんですよ。とある作家さんによる文庫本の上下巻。体力の衰えてきた最近では一冊読み切るのも時間がかかるのに、興奮のあまり2日で全部読み終えてしまった。そのなかに並木道が登場するんですが、それが欅なのか銀杏なのか、詳細は一切書かれていなかったんです。作中の重要なシーンとして何度も描かれるので、それが少し気になって。というのも、きっと僕なら並木の種類や葉の色づきなど、情景を細かく描写するだろうなと思った。もちろん並木道がどんなものであろうと重要なのはそこで起きる出来事だから、関係ありません。現にその小説は描写がなくても十分に面白いし、その点が物語の質をなんら損ねるものではなかった。だとしたら、僕が積み重ねてきた描写にはなんの意味があったのだろう、もしかして僕の書き方はくどいだけで間違っていたのだろうかなどという思いがふとよぎりました。もちろん正解なんてないんでしょうが、今後も小説を書き続けていくうえで、考えさせられる一件でした。


土光敏夫

この変化の激しい時代に固定したものの考え方は許されない。スローガンは逆に新しいものの考え方をはばむ。もしつくるなら、毎日変わる社是社訓をつくるべきだ。


前田晃伸

目標達成運度をやめて、いい店を作ることを支店の方針に掲げました。数値目標達成だけをメインに掲げると、どうしても中身を問わず、数字を稼ぐことだけに専念してしまい、目標が独り歩きしがちです。それでは結局、お客様との継続的な関係は築けません。


坂本敦子

営業電話をかけてもいつも相手は不在。上司に相談したい時に限っていない……。その結果、仕事はいつも後手後手に回り、努力しているわりには成果が出ない。そんな人は能力がないのではありません。タイミングのつかみ方が下手なんです。


島田精一

海外で活躍するにしても、日本で活躍するにしても、ベーシックな素養が求められます。日本文化や日本の歴史を理解していなければ、たとえ英語だけいくら上手に話せても意味がなく、無個性になってしまう。


ページの先頭へ