名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ミゲル・マッケルビーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ミゲル・マッケルビーのプロフィール

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

ミゲル・マッケルビーの名言 一覧

小さな企業でも助け合うことで大きなことを達成し、素晴らしい未来に貢献できる。


いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


私たちはすべての人に対して、働く意味や未来の働き方について前向きなインパクトを与えたいのです。


私たちには能力と、大きなチャンスがあった。だから成功できると考えた。野心はあった。意気込みも情熱もあった。


私たちは建築や設計といった時代後れの産業に、新しい働き方や考え方を持ち込みました。急成長する企業にあるような、革新的な考えを適用したのです。つまりIT企業の考え方を、古い産業に取り入れたということです。


当初はシェアオフィスの照明や色、カーペットや家具、椅子の座り心地がどうかなどデザインのことばかり考えていた。しかし、実際に始めてみると、別のメリットがあることに気づいた。それは同じような挑戦をしている仲間と交流することで、社会的にも精神的にも支えられるということ。


ある夜のこと、本社のオフィスの何もない壁にメンバーの一人が、よく私たちが話していた「DO What You LOVE(好きなことをしよう)」という文字を書いた。

【覚え書き|同社のキャッチコピーが生まれた経緯について】


ミゲル・マッケルビーの経歴・略歴

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

他の記事も読んでみる

中鉢良治

相手への好奇心を持ち、相手の持ち味も認めるだけの拡張性を持つことで、そこに新たな連結点が生まれる。個人と個人の連結点が多ければ多いほど、組織としての可能性が広がっていくのだと思います。


田中耕一

文系、理系を問わず様々なバックグラウンドをもつ人たちが率直に意見を交換できれば、凡人や素人であっても、イノベーションは起こせる。


根岸秋男

私たちは地域社会に支えられて企業活動を営めていると思っています。恩返しを含め、地域活性化に貢献していこうと。トップダウンだけでなく、ボトムアップで各支社の創意工夫を凝らした行動が起きています。


伊藤博(経営者)

理念を大事にしていますが、判断尺度は正しさです。セコムにとっての正しさではなくて、社会にとっての正しさ、公正であるかどうかです。


ピーター・ドラッカー

組織に働く者は、組織の使命が社会において重要であり、他のあらゆるものの基盤であるとの信念を持たねばならない。この信念がなければ、いかなる組織といえども、自信と誇りを失い、成果をあげる能力を失う。


室伏広治

アスリートにも普通の仕事をしているひとにも、それぞれの人生があって、これが私の人生だという風景があると思うんです。僕にとってそれは、きらびやかなスポットライトを浴びる瞬間ではなく、穴を埋めたり、ハンマーを磨いたりする日常の作業なんです。


中野ジェームズ修一

とにかく自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることが先決。これを動因と呼びますが、紙に書き出すことで、モヤモヤしていたものがはっきりする。


佐々木典士

身のまわりに雑然と置かれたモノ、たとえば、パソコンに貼られた無数の付箋、机に積まれた仕事の資料……。これらは、つねにメッセージを発しています。「資料、整理しないとな」「あの案件どうなったんだつけ」。モノが視界に入ることで、モノに関連した思いが無意識のうちに引き起こされます。僕はモノが発するこれらのメッセージを「沈黙のTODOリスト」と呼んでいます。その数が増えるほど集中力が削がれ、「本来のTODOリスト」に意識が向きにくくなります。だからこそ、デスクの上をゼロにする、それだけで集中力が生まれ、仕事への取り組みが変わったのです。


渡瀬謙

相手に話させるコツは、答えやすい質問をするということです。答えやすい質問とは、相手がすでに分かっていること、つまり過去についての質問です。逆に未来についての質問は答えにくい。まず過去の質問から入り、現在の質問につなげて、最後に未来の質問をする。これは相手にしゃべってもらうポイントです。


中村獅童(二代目)

仕事のパフォーマンスを保ち続けるために万全の態勢で臨むことが大切。年々痛感するのが、体調を万全に整えておくことの大切さ。昔と比べて体力が衰えたと思ってはいないけれど、「20代の頃と同じことをやっていてはダメだ」と心がけるようになり、よく考えて行動するようになった。


松本淳志

理念を追求していく上で、昨日までと同じことをやっていても決して感動は生まれない。


永野毅

まだグッドカンパニーにはなっていない、という気持ちで常に取り組む必要がある。