名言DB

9419 人 / 110788 名言

ミゲル・マッケルビーの名言

twitter Facebook はてブ

ミゲル・マッケルビーのプロフィール

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

ミゲル・マッケルビーの名言 一覧

小さな企業でも助け合うことで大きなことを達成し、素晴らしい未来に貢献できる。


いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


私たちはすべての人に対して、働く意味や未来の働き方について前向きなインパクトを与えたいのです。


私たちには能力と、大きなチャンスがあった。だから成功できると考えた。野心はあった。意気込みも情熱もあった。


私たちは建築や設計といった時代後れの産業に、新しい働き方や考え方を持ち込みました。急成長する企業にあるような、革新的な考えを適用したのです。つまりIT企業の考え方を、古い産業に取り入れたということです。


当初はシェアオフィスの照明や色、カーペットや家具、椅子の座り心地がどうかなどデザインのことばかり考えていた。しかし、実際に始めてみると、別のメリットがあることに気づいた。それは同じような挑戦をしている仲間と交流することで、社会的にも精神的にも支えられるということ。


ある夜のこと、本社のオフィスの何もない壁にメンバーの一人が、よく私たちが話していた「DO What You LOVE(好きなことをしよう)」という文字を書いた。

【覚え書き|同社のキャッチコピーが生まれた経緯について】


ミゲル・マッケルビーの経歴・略歴

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

他の記事も読んでみる

舩木芳雄

守りながら攻めることが重要。起業後、すぐに事業が軌道に乗り、新事業を立ち上げて大失敗したことがありますが、これも物事がうまく進んでのぼせてしまい、失敗を考えずに行動したことが原因でした。


舞の海秀平

「さぞがしプロの世界は、厳しい稽古をしているのだろう」と期待に胸を膨らませて入門しましたが、学生の頃とほとんど変わりませんでした。学生時代の方が徹底的に生活が管理されていましたが、逆にプロの世界は、門限を守らなくてもよく、何をやっても自由でした。怖くなりました。この自由に流されたら、力士としての人生は絶対に終わる。自分を律することが必要だと。


上野陽子

聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。


佐藤可士和

クライアントには「そもそも課題が分からない」という悩みも多いです。


山口真由

記憶を定着させる基本は繰り返しです。どんな情報でも7回以上読むことで、記憶が脳に自然に定着していきます。


茂木健一郎

幸せとは、「気付く」ことであると、さまざまな研究結果が示している。自分の人生の中の、ごくあたりまえの恵みに目覚めることが、汲めども尽きぬ幸せの泉となるのだ。


大平喜信

雪国まいたけを創業した当時、最大の難問はパートタイマーを集めることだった。しかも、せっかく雇ったパートさんがちゃんと働いてくれない。1時間でできる仕事に倍の2時間もかけている。なぜ、パートさんは一生懸命に働こうとしないのか。自問するうちにパートさんの心理が見えてきた。パートさんは3Kの職場に「勤めてやっている」と考えているのだ。この意識をどうすれば変えられるだろうか。私が出した結論は時給の引き上げだった。新規募集に応募が殺到し、古株のパートさんの心理は「勤めてやっている」から「クビにされたくない」に変わった。工場の中を小走りで移動するようになった。


奥山清行

誰かに期待以上のものを与えようと思ったら、仕事はキリがありません。でもそうしてひとつのことを掘り下げていけば、その経験を通してそれ以外の分野にも通用する視点が持てるようになるものです。いわば「T字型」に仕事の幅が広がってくるんです。それが何よりの仕事の報酬であり、そのT字がどれくらい大きくなったかを教えてくれるのは、自分ではなく周囲の人たちなのです。


他力野淳

「農泊」の利点は農家の方がダブルインカムを得られることです。現在、農業はどんどん経営が苦しくなっているので、どうにかして収入を増やし、立ち行くようにせねばなりません。そう考えた時、「観光事業に力を入れることで収益化できる地域もあるのではないか。しかも、それが地域活性化にも繋がるのでないか」との案に行きつきました。もちろん農業体験もできます。既にヨーロッパでは盛んで、オリーブ農家に行くなど、単なる宿泊より人気になっています。そうした体験はセットでなければなりません。


高見盛

膝の手術後、復帰した春場所は幕下筆頭から。しかし勝ち越せば十両に上がれるわけです。なんとしても勝ちたい。なのに、勝てない……。膝はもちろん、身体も戻っていなかったんです。結局2勝5敗でしたか。ただ、全敗も覚悟していただけに、「まだ2勝もできるんだ!」と前向きにはなれました。