ミゲル・マッケルビーの名言

ミゲル・マッケルビーのプロフィール

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

ミゲル・マッケルビーの名言 一覧

小さな企業でも助け合うことで大きなことを達成し、素晴らしい未来に貢献できる。


いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


私たちはすべての人に対して、働く意味や未来の働き方について前向きなインパクトを与えたいのです。


私たちには能力と、大きなチャンスがあった。だから成功できると考えた。野心はあった。意気込みも情熱もあった。


私たちは建築や設計といった時代後れの産業に、新しい働き方や考え方を持ち込みました。急成長する企業にあるような、革新的な考えを適用したのです。つまりIT企業の考え方を、古い産業に取り入れたということです。


当初はシェアオフィスの照明や色、カーペットや家具、椅子の座り心地がどうかなどデザインのことばかり考えていた。しかし、実際に始めてみると、別のメリットがあることに気づいた。それは同じような挑戦をしている仲間と交流することで、社会的にも精神的にも支えられるということ。


ある夜のこと、本社のオフィスの何もない壁にメンバーの一人が、よく私たちが話していた「DO What You LOVE(好きなことをしよう)」という文字を書いた。

【覚え書き|同社のキャッチコピーが生まれた経緯について】


ミゲル・マッケルビーの経歴・略歴

ミゲル・マッケルビー。アメリカの経営者。協働シェアオフィスの「WeWork(ウィーワーク)」共同創業者。オレゴン州出身。WeWorkを共同創業。

他の記事も読んでみる

トム・ケリー(IDEO)

プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


村上和徳

一人でできることには限界がある。不調は、その人の「謙虚さ」を取り戻させてくれる大きなチャンス。中間管理職であれば、「一人ですべてやる」というマネジメントから、「任せる」マネジメントに移行するいい機会と言える。


山川博功

お客様が何か一言返してくれるように話を振ることは意識していました。たとえば「車検いつですか」と聞くと警戒されて何も情報をくれませんが、「車検、来月でしたよね?」と言うと「何言ってんだ、違うよ。次の車検は秋だ」と教えてくれます。もちろん一言もらえただけでは商談になりません。でも、ドアを開けてくれた方のところには繰り返し通っていました。お客様は「またかよ」と冷たい反応ですが、そのうちそれが快感になってくるんです。

【覚え書き|営業マン時代を振り返って】


左京泰明

私は選択肢を用意しない猪突猛進タイプ。欠点と思われるかもしれませんが、自分では嫌いじゃないんですよ。


矢野貴久子

自分が何をやるべきかをイメージできれば、仕事に対する誇りも生まれてきます。そうして問題点をクリアにしながら、「どうやったらできるか」という視点で、ゴールへの道筋を調整していく。「できた!」という充実感も、そこからきっと味わえるはずです。


安田顕

いままで僕は、作品の舵取りは監督の役目だと思っていて、できるだけ監督の思うままに近づけたいと取り組んでたんですね。でも最近、その中で、さらに監督の「思いを汲み取って」演じることが大事だと思うようになりました。


川名浩一

日揮は人材がすべての会社。ありとあらゆる技術者が集まり、総合的に解決策を提案する。最終目標は人類に貢献することだ。


山西健一郎

前倒しで仕事を片付けるのは、実は大きな間違い。最も効率がいいのは一夜漬け。とにかくギリギリまで引きつけて、納期の直前にさっと処理する。人間の能力は締め切りに近づくほど上がります。一夜漬けこそがリードタイムを短縮する最善の方法。


清水勝彦

よく、失敗すると「任せた専門家が悪い」「コンサルタントのせいだ」などと言う経営者がいますが、その専門家やコンサルタントを選んだのも、任せたのも、すべては経営者の責任。


橋本和良

整理整頓ができない人に、品質のいいものはつくれません。また、見えないところまできれいにするという気持ちがあって初めて、本当に優れた製品をつくれるようになるのです。


箭内道彦

「なんでも自分の思い通りにしないと、個性を発揮できない」というのが表面的なプライドなら、「どんなに周りの意見を採りいれても、自分らしさはアウトプットに必ず出るんだ」というのが、密かなプライドなのだと思います。


諏訪暁彦

数百人、数千人規模の研究者や技術者を抱えているロレアルのような会社が、なぜ自社にない技術を世界中に探し求めるのか。背景には、製品の開発期間が短くなったり、製品開発に必要な技術が複雑になったりして、自社だけの開発では対応できなくなっているからです。


尾原蓉子

初の大卒女子として旭化成に入社して数年後、キャリアパスの先が見えなくなりました。自分で自分を教育して専門性を身に付けるしかないと思い、米ニューヨーク州立ファッションエ科大学に留学しました。日本の企業では素人が何でもこなしているのに、ここでは細分化された数多くの分野にすべてプロフェッショナルがいることに驚きました。


長谷川穂積

トレーナーっていうのは普通、自分が選手時代にやってきたことや勉強してきたことを教え、それを選手が実践することに喜びを感じる人が多いんです。でも、山下(真正ボクシングジム会長・山下正人)さんはそうじゃなかった。すごく高い評価を受けるトレーナーになったいまでも、自分が考えてきたコンビネーションを「どうや?」と言って、俺が「これは打たないですね」と応えたら「じゃあ、やめようか」で終わるんですよ。いい意味で、プライドがない。自分の技術を押し付けるわけでもなく、勝たせるために全力になってくれる。選手はそういうところを見て、惚れるんです。だから、他のジムからも「山下会長にミットを持って欲しい」と言う選手が絶えない。情熱がミット越しにボクサーへ伝わっていくんですよ。


中嶌武夫

「なろう」と強く思わなければ、日本一にはなれません。


ページの先頭へ