ミケランジェロの名言

ミケランジェロのプロフィール

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ。イタリア・ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家。フィレンツェ共和国カプレーゼ出身。『ダビデ像』『アダムの創造』『ピエタ』『システィーナ礼拝堂天井画』など数々の傑作を残した。

ミケランジェロの名言 一覧

私が今の技を身につけるまでにどれほど努力したかを皆が知ったら、奇跡とは思うまい。


ミケランジェロの経歴・略歴

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ。イタリア・ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家。フィレンツェ共和国カプレーゼ出身。『ダビデ像』『アダムの創造』『ピエタ』『システィーナ礼拝堂天井画』など数々の傑作を残した。

他の記事も読んでみる

野水重明

「ブランドがいまひとつよく見えない」という声をうかがいます。真摯に受け止め施策を打ち始めました。例えば「コアンダエア」という扇風機では、4世代目に当たる今年の製品から3機種のデザインを統一しました。この扇風機は自然な風を遠くまで届けられる当社独自の技術を採用し、訴求力を持ちます。これまでは機種ごとにデザインが異なっていたため、売り場では単品の展示になり、商品の強みが埋もれてしまいました。デザインを統一すれば3機種の集合展示になり、売り場で目を引きます。


片岡鶴太郎

節目節目を思い返しますと、いつも思うんです。結局、私を支えてくれたのは人との出会いなんだな、と。


枡野俊明

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。


大川隆法

経営者は自分の商売のことだけを考えていてはいけません。社会の風潮や経済ニュース、今後、起きることなどについても。目を光らせていなければならない。


岡野雅行(岡野工業)

昔かわいがってもらった人からこう言われた。「お前は頭がいいから、すぐ結果を想像して70メートル地点で走るのをやめてしまう。そんな人間は信用されない。結果がどうあれ、100メートルを走りきれ」と。みんなが不可能だという仕事に俺が挑戦し続けられたのも、あのときの言葉のおかげかな。


山田明良(経営者)

創業以来、弊社は主に名刺メーカー最大手から仕事を請け負ってきました。今も大切なクライアントです。ただ、2006年頃からじりじりと下請け仕事と利益が減少していました。強い危機感を感じるほど激減していたわけではなく、本当にじりじりとで、このまま右肩上がりになることはなさそうだなあ、ぐらいの、うっすらとした悪い予感があったんです。僕はアパレル業界出身でデザインが好きですが、弊社にはデザインの要素がまったくなかった。だから、ちょっとつまらなくて、何か新しいことをやりたいと思っていた。そんなときに、国立市の「つくし文具店」店主でデザインディレクターの萩原修さんと出会い、デザイナーと直接ものづくりができる「かみの工作所」というプロジェクトを一緒に立ち上げました。


猪瀬直樹

やってほしい作業は、過去の成功事例の洗い出しです。新規事業はゼロから構築するものだと考えがちですが、そんなことはありません。いま成功しているビジネスの多くは、既存のアイデアを取り込んで発展させているものがほとんど。他の業界のやり方を、自分の業界に応用したり、すでにあるAという方法とBという方法を組み合わせたり……。こう考えれば、これまでの自分の過去の成功体験や他業種の事例が参考になるはず。


安藤宏基

人それぞれ生まれてから現在に至るまでの経緯もまったく違えば、育ってきた環境もまったく違う。その結果、一人一人の価値観はまったく違ってしまいます。あることに全然興味がない人に、それをやらせても非効率だけです。だったら好きなこと、得意なことをやらせた方がいいでしょう。


臼井由妃

ビジネスの文章は理解してもらうだけでなく、記憶に残してもらうことが大事です。とくに、毎日何枚もの書類を目にしなくてはならない上司が相手なら、ほかの書類に埋もれないよう、インパクトのある表現を使うことも考えておきましょう。


北野武(ビートたけし)

いまの社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言いすぎる。若い人には、それが強迫観念になっている。何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに。天国や地獄が本当にあるのかも、神様がいるのかいないのかも、誰も証明したことがないわけだ。そういう曖昧な状態なのに、生きる意味を探せなんてことを言われたら誰だって迷うに決まっている。


津川雅彦(マキノ雅彦)

大事なことは役に一番合った芝居ができ、客に面白がってもらえること。


メンタリストDaiGo

人が心理学に興味を持つのは、いくつになっても人間の心理はわからないからだと思います。「人生を重ねれば、他人のことが理解できるようになる」と考えている人は多いと思いますが、数学や物理学などの学問と同様に、心理学も人生経験だけではどうにもなりません。それどころか、年を重ねるほど、他人どころか自分の心すらよくわかっていないことに気づく。だから、心理学を学びたいと考えるのでしょう。


ジャン=ジャック・ルソー

恋と同じで、憎悪も人を信じやすくさせる。


山崎将志

最も壮大に無駄を作り出しかねない口癖があります。それは「とりあえずやってみよう」です。時間をムダにしないためには、意図であれ分析方法であれ、最初の方向性や前提条件を間違えないことが何より大切なのではないでしょうか。


小林浩志

怒りをぶつけて、自分も周囲も絶対的な幸福が得られるのか。そこを見極めると、決してそうではないことが理解できる。


ページの先頭へ