名言DB

9412 人 / 110637 名言

マーラ・ヤマウチの名言

twitter Facebook はてブ

マーラ・ヤマウチのプロフィール

マーラ・ヤマウチ。英国人ランナー。英国オックスフォード出身。オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジ政治経済部卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治経済学修士課程修了。大学在学中から陸上競技を開始。卒業後、イギリス外務省に入省。駐日英国大使館に外交官として駐在。大阪女子マラソン大会優勝、北京五輪女子マラソン6位(英国女子マラソン歴代最高タイ記録)入賞などの実績を残した。

マーラ・ヤマウチの名言 一覧

自分がすでに備えているものは何か、そして、いまほかに何が必要かをよく考え、どうやって手に入れるか常によく吟味するようにしています。


いつもと同じ力を発揮できたから、幸いにも6位に入賞できたけれど、優勝するには、実力に加えてプラスアルファの何かが必要だと思います。それが何かは言い表すのが難しいです。そのパワーは焦ったら必ず出るというものではないと思います。毎日、着々と準備を重ねて、勝負の瞬間、フッとプラスアルファの力が出てくるようにと願うしかないでしょう。


オリンピック出場を目標にしていた頃の私なら、満足していたでしょう。ですが、今回は、メダル獲得を目指していたので、レースも結果も、やや消化不良に感じています。41キロあたりまでメダル争いに絡みながら、最後の最後に届かなかったのは、やはりくやしいです。
【覚書き|北京五輪6位入賞について語った言葉。五輪6位入賞は英国女子マラソン歴代最高タイ記録】


ときどき友達とお茶をしたり、近場で買い物や外食を楽しむなど息抜きもして、夫婦で楽しく生活していますよ。
【覚書き|「アスリートとしての厳しい生活を息苦しく感じることはないですか?」という質問に答えての発言】


走っているときは、フォームは乱れていないか、ペース配分は合っているか、身体の調子はおかしくないか、ものすごく集中して考えているんです。ですから、長い走り込みの後は身体以上に頭が疲労しています。


マーラ・ヤマウチの経歴・略歴

マーラ・ヤマウチ。英国人ランナー。英国オックスフォード出身。オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジ政治経済部卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治経済学修士課程修了。大学在学中から陸上競技を開始。卒業後、イギリス外務省に入省。駐日英国大使館に外交官として駐在。大阪女子マラソン大会優勝、北京五輪女子マラソン6位(英国女子マラソン歴代最高タイ記録)入賞などの実績を残した。

他の記事も読んでみる

アルベルト・ザッケローニ

選手たちは、注目されたい、見てもらいたい、気にかけてもらいたいと思っています。そういう意味で、監督はチームのあらゆる選手に注目しなければなりません。


染谷光男

海外に行くと、若くても日本の代表のような立場に立たされます。若手社員には、社内研修で「自分の立ち位置、考え方をしっかり持ちなさい」と繰り返し話しています。


羅怡文

家電の販売から始まったラオックスの歴史には誇りを持っているが、売り場で理想とする商品構成比率のイメージはない。あくまでも、お客様のニーズに合わせて変わっていくものだと考えている。


有島武郎

恐れることなく醜にも邪にもぶつかってみよう。その底に何があるか。もしその底に何もなかったら人生の可能性は否定されなければならない。


上野和典

相手が初対面の人なら、まずその人がどんなタイプかをよく考えます。相手の人となりを知っている人が身近にいれば、事前に聞いておくということもします。もしその人が論理的に考えを積み上げる人なら、まずは相手の主張をじっくり聞きますし、結論を出してからプロセスを考える人なら、自分の結論に対する意見を聞きたがるので、こちらも結論をすぐに話せるように準備します。


坂根正弘

知行合一で学べる者が最後は勝ち抜く。みんなが当たり前と思っているところから問い直してみることです。


冨安徳久

想いを浸透させるには、一度語ったくらいではりません。想いの部分の教育には繰り返しが絶対に必要。


橋本治

いまの若い人たちが絶望的になりやすいのは、今日がどうやって明日につながるかについては考えないまま、「あんまり変わらない明日しかないよ」と思い込んで「さらに、じゃあ」と10年後や20年後を見てしまうからなんでしょうね。でも、そもそもそんなふうに未来の虚無みたいなものを見てしまうのは自分の現在に立脚できていないからであって、今日できることをやることが、少しずついい明日をつくっていくことにつながるんじゃないの、と思うしかないわけです。


榊巻亮

反対意見を撤回しやすくするのも大切です。「あのときはこの情報をちゃんとお伝えできていなかったんですよね。すみませんでした」と言い添えておくと、「それなら考え直そう」という反応を引き出すことができるでしょう。


小山薫堂

おもてなしは、呼んだ後のサービスだと思うんですよね。サービスをいくら売っていても、体験してもらわないことにはそれを実感してもらえない。だとしたら、おもてなしが人を呼ぶマグネットにはなりにくい。おもてなしが駄目だと言っているわけではなく、我々が思っているほどマグネットにはならないんじゃないかなと。


堀之内九一郎

学者や博士と呼ばれるような人たちは多くの場合、同じテーマに何十年も取り組みますよね。求道者のように研究や実験を続ける。でも、その結果はなかなか出ず、評価されることも滅多にない。不遇の時間がとても長いわけです。それでも学者のほとんどは「もう、打つ手がない」とはいいません。良くも悪くも出た結果をふまえて、次の手を打ち続ける。学者たちはいちいち頭を切り換えるというわけではなく、常に同じテーマに向かって、当たり前のようにトライ・アンド・チェックを繰り返します。ところが、これが営業や販売の仕事になると「打つ手がない」「もうダメだ」と愚痴る人が続出する。だって、学者とサラリーマンは違うでしょ? いえいえ、違いません。まったく同じです。次に何をどう試せばいいのか。追求して、やり続けることで求める結果に近づいていく点においては、博士も営業マンも経営者もみんな同じです。


キケロ

友情において次の掟を守りなさい。厚顔無恥な事柄を要求せず、また要求された場合でも了承しないこと。


田村潤

トップダウンで数字目標を出すのではなく、部下自身から目標を提示させました。自分から出した目標であれば、達成しようと前向きになります。そして、行動の結果、目標と現実のギャップはどれだけ埋められたのかをチェックし、少しでも近付くようアドバイスを続けました。


田坂広志

読書には、「知恵を学ぶ」「智恵をつかむ」「心の糧を得る」という、3つの目的があります。したがって、本を読むとき、その目的を明確にし、それぞれの目的に合った読み方をする必要があります。


ジャン=ジャック・ルソー

ある真実を教えることよりも、いつも真実を見出すにはどうしなければならないかを、教えることが問題なのだ。