名言DB

9419 人 / 110788 名言

マーラ・ヤマウチの名言

twitter Facebook はてブ

マーラ・ヤマウチのプロフィール

マーラ・ヤマウチ。英国人ランナー。英国オックスフォード出身。オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジ政治経済部卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治経済学修士課程修了。大学在学中から陸上競技を開始。卒業後、イギリス外務省に入省。駐日英国大使館に外交官として駐在。大阪女子マラソン大会優勝、北京五輪女子マラソン6位(英国女子マラソン歴代最高タイ記録)入賞などの実績を残した。

マーラ・ヤマウチの名言 一覧

自分がすでに備えているものは何か、そして、いまほかに何が必要かをよく考え、どうやって手に入れるか常によく吟味するようにしています。


いつもと同じ力を発揮できたから、幸いにも6位に入賞できたけれど、優勝するには、実力に加えてプラスアルファの何かが必要だと思います。それが何かは言い表すのが難しいです。そのパワーは焦ったら必ず出るというものではないと思います。毎日、着々と準備を重ねて、勝負の瞬間、フッとプラスアルファの力が出てくるようにと願うしかないでしょう。


オリンピック出場を目標にしていた頃の私なら、満足していたでしょう。ですが、今回は、メダル獲得を目指していたので、レースも結果も、やや消化不良に感じています。41キロあたりまでメダル争いに絡みながら、最後の最後に届かなかったのは、やはりくやしいです。
【覚書き|北京五輪6位入賞について語った言葉。五輪6位入賞は英国女子マラソン歴代最高タイ記録】


ときどき友達とお茶をしたり、近場で買い物や外食を楽しむなど息抜きもして、夫婦で楽しく生活していますよ。
【覚書き|「アスリートとしての厳しい生活を息苦しく感じることはないですか?」という質問に答えての発言】


走っているときは、フォームは乱れていないか、ペース配分は合っているか、身体の調子はおかしくないか、ものすごく集中して考えているんです。ですから、長い走り込みの後は身体以上に頭が疲労しています。


マーラ・ヤマウチの経歴・略歴

マーラ・ヤマウチ。英国人ランナー。英国オックスフォード出身。オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジ政治経済部卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治経済学修士課程修了。大学在学中から陸上競技を開始。卒業後、イギリス外務省に入省。駐日英国大使館に外交官として駐在。大阪女子マラソン大会優勝、北京五輪女子マラソン6位(英国女子マラソン歴代最高タイ記録)入賞などの実績を残した。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

ともすると人間は評価が高まれば、驕りやすくなるものです。驕りを持って尊大になれば、どんな能力と実績があっても決して尊敬されることはありません。自信と誇りは持ち続けるべきですが、相手を尊敬する謙虚さを忘れないことが大切です。そしてそれが本当に高い評価と信頼を得ることにつながります。


青木豊彦

ある人に「本業をほったらかしで社員に申し訳ない」という話をしたら、「青木さん、立派に社長業してまっせ。おたくの社員かて社長がどこにおるんかみんなわかってる。それで十分やろ」と言われました。僕が外に行くことで「ああ、あのアオキですか」と言ってもらえるようになればいいのかなと思っています。


稲垣精二

少子高齢化やマイナス金利など、アゲインスト(逆風)な課題を挙げたらキリがありません。一方で、業界内でのポジションや海外展開の状況はかなりよくて、先輩たちからポテンシャルが高い資産を引き継いでいます。そのように長所も短所も冷静に見極め、そのうえで新しい道を切り開いていくのが「陽転思考」だと理解しています。


山口悟郎

あまり「これで儲けよ」「これが将来性がある」といった指図を上層部は社員にしません。社員自らに「これをヒットさせる」という思いでやってもらうようにしている。


笠原健治

私も一人のクリエイターとして負けてはいられません。みずからの原点である「0を1にする」役割に戻って以来、様々なアイデアの事業化に向けて、現場の社員たちと日々奮闘してきました。


岩村水樹

今は会社に長時間いなければいけない時代ではありません。むしろ、リーダーはなるべくいない方がいい。大きい方向性を示して、あとはチームの自律性とクリエーティビティーを引き出し、新しいものを生むというリーダーシップが求められています。リーダーが会社にずっといて、そこに座っている部下を管理しても、「そこにいる」ことが分かるだけで実際に何をしているのか分かるわけではありません。自分の席に座っているよりも、顧客のところへ出向いたり、チームでディスカッションしたり、店舗など市場に出て新しいアイデアを見つけることの方が大切です。


井植歳男

一つの仕事を守るための厳しさ、苦しみを味わうくらいなら、むしろ事業をより安定させるための苦しみを求める方が賢明ではないだろうか。【覚書き:ニッケル輸入制限が制定され、主力製品の発電ランプが作れなくなってしまった時の言葉。決まってしまったことはしょうがないので別製品へシフトすべきと主張】


杉田浩章

大企業が抱え込み続けている(技術や人材などの)アセット(資産)を、どうやって(社会全体が)オープンに使えるようにするのかを考えるべきかもしれません。そのためには、日本企業は何が競争領域で、何が協調領域かを切り分けていくことが必要でしょう。競争領域以外は、外部と協調すべきです。


川上一郎(ライフプランナー)

私の仕事は、保険を通じて、お客様が本当に気がかりなことを解決すること。お互いが打ち解けて何でも話せる関係になるからこそ、ご提案できるのです。


兼本尚昌

ある外資系企業の社長に聞くと「できるやつは台風の朝も絶対に来ている」といっていました。電車が動かないので遅刻しますと報告してくる社員と、その電話を社内で受けて「わかった、あとは俺がやっておくから」と対応する社員。上司の身になれば、どちらを先に昇進させるかは簡単にわかると思います。