名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

マービン・バウワーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マービン・バウワーのプロフィール

マービン・バウワー。アメリカのコンサルタント。ブラウン大学、ハーバード・ロースクール、ハーバード・ビジネススクール卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー マネージング・ディレクターとして同社の発展の基盤を築いた。著書に『マッキンゼー経営の本質 意思と仕組み』。

マービン・バウワーの名言 一覧

リーダーには3つの責任がある。第1は、部下が自信をつけ自分に誇りを持てるようにすること。第2は、部下に倫理規範を示しモラルの向上を図ること。第3は、部下が使命を自覚し人間として成長できるよう後押しすること。


リーダーシップとは、尽くすことである。


マービン・バウワーの経歴・略歴

マービン・バウワー。アメリカのコンサルタント。ブラウン大学、ハーバード・ロースクール、ハーバード・ビジネススクール卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー マネージング・ディレクターとして同社の発展の基盤を築いた。著書に『マッキンゼー経営の本質 意思と仕組み』。

他の記事も読んでみる

藤田晋

新規事業を成功させるには、「小さく産んで大きく育てる」を意識して実行することが大切です。時折、未知や不慣れな分野であるにもかかわらず、多くの予算と人員が必要となる「巨大プロジェクト」を企画する人がいますが、それは多くの場合、机上の空論となり、失敗します。新規事業に関わる予算や人が多ければ多いほど、立ち上げ時に襲い掛かる様々な問題に柔軟に対応できなくなるからです。


田島弓子

不況下で人員削減が進み、どこの組織も人手不足です。管理職も自分の業務をこなしつつ部下も育成するプレイングマネージャーにならざるを得ません。とすると一人の統率力で成果を出すより、チームの力を最大限に引き出すことが不可欠です。周囲を見回す視野の広さ、フォローと言ったシマウマ型の能力が必要だと思います。


森田英一

質問すると部下は考えるようになります。「この仕事の本来の目的は何?」「どうやったら成功すると思う?」、そうやって質問を繰り出すうちに、部下は考えながら仕事をする楽しさを感じ始めます。


水田正道

人手不足も様々な要因で出てきていますので、これから日本全体のパラダイムを変えていかないと、多分乗り切れないのではない。日本の生産性が上がらないことも、働き手と雇用側のミスマッチが生まれる大きな要因の1つ。働きやすい環境を作っていかないと、採用は難しい。


橋下徹

国は口ばっかり出して、現場のことを何もわかっていない。いまの日本のありとあらゆる領域は、民主主義の名のもとに「決定できない」「決定してないから責任をとらない」という枠組み・仕組みになっている。知事や市町村長の仕事もそうですし、教育行政も誰が責任を取っているのかわからないような仕組みになっている。僕はこうしたおかしな仕組みを変えて「決定できる民主主義、責任をとる民主主義」にしたいのです。


豊田昌洋

私がタテホの再建に行った時、従業員を集めて3つの哲学の話をし、これに基づいて行動して欲しいという話をした。第1に「シンプルシンキング」。単純に考えろという意味ではなく、シンプルに見て本質を見抜けということです。第2に「クイックレスポンス」。返事はできるだけ早く、できない時には期限付きの保留にすること。第3に「アクトファースト」です。これは現場第一です。問題が起きた時は現場に飛んでいけと。この3つを行動指針としたんです。


田川博己

東京で一番外国人に人気があるのが、浅草の合羽橋道具街です。合羽橋には、寿司屋で使う道具とか風呂敷などが売ってあって、外国人は帯をテーブルクロス代わりにしたり、風呂敷を買って壁紙に使ったりして実にユニークです。つまり、地域ならではのよいものを引き出せば、観光資源は無限にある。我々はお客様の目で、それを見つけるお手伝いができます。


田口佳史

気付いた時にはもう遅いんです。でも、気付く分だけチャンスはある。危機感が生まれ、何とかしなければならないと思った時に、人は根本的なところに返ってくるのではないでしょうか。


唐澤理恵

なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。


楠木新

会社は自己実現する場ではない。あくまで他者に貢献する場。そこをはき違えている人が結構いる。


石渡美奈

体制への不満は、結局、私への不満だ。私は混乱が起きたいきさつを幹部から聞いていたが、人を介して聞く話は尾ひれがつき、大きな問題に膨らんでいると感じた。私の思いが幹部を通じて現場に伝わっていないがゆえに、こうした事態を招いたのなら、私が社員たちと向き合わなければいけないと考えた。1対1で向き合うのはエネルギーを要したが、実際に向き合って話を聞くと、人づてに聞く内容と違う部分が分かり、彼らの仕事への意欲が高いことも感じ取れた。私に話を聞いてもらいたかったということも分かった。これですべてが解決したわけではない。これからも成長のための混乱はまだまだ続くはずだ。ただ、今回のことで、「相手を理解したい」と思いながら人と向き合うことの重要性を痛感した。


田島貴男

普通というのは難しい。失恋だとか恋愛だとか、誰でも経験しているようなことを歌にするのは、実は難しいことです。考えてみると、それは人間の感情の、裸の部分だからじゃないかという気がします。人として恥ずかしい部分、痛みの部分、弱みの部分。そこが歌になっているから、人を感動させる。でも、表現者としてはそこは通りたくない、触りたくないところですからね。