マービン・バウワーの名言

マービン・バウワーのプロフィール

マービン・バウワー。アメリカのコンサルタント。ブラウン大学、ハーバード・ロースクール、ハーバード・ビジネススクール卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー マネージング・ディレクターとして同社の発展の基盤を築いた。著書に『マッキンゼー経営の本質 意思と仕組み』。

マービン・バウワーの名言 一覧

リーダーには3つの責任がある。第1は、部下が自信をつけ自分に誇りを持てるようにすること。第2は、部下に倫理規範を示しモラルの向上を図ること。第3は、部下が使命を自覚し人間として成長できるよう後押しすること。


リーダーシップとは、尽くすことである。


マービン・バウワーの経歴・略歴

マービン・バウワー。アメリカのコンサルタント。ブラウン大学、ハーバード・ロースクール、ハーバード・ビジネススクール卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー マネージング・ディレクターとして同社の発展の基盤を築いた。著書に『マッキンゼー経営の本質 意思と仕組み』。

他の記事も読んでみる

永瀬昭典

受講生の資格に対する考え方も、変化してきています。以前は、就職や転職に向けて資格を取りたいというのが主流でした。しかし今は、社内で生き残るために資格を取ろうと考えている人も増えています。


若林正恭

かつて書いていたブログは「イタいが現れた!」みたいなことになって、やめてしまったけど、(紙媒体での)エッセイは、もう7年も書いているのにそういうことがない。読むにも、意見するにも、紙媒体はネットより距離があるからでしょうね。そんな心地よい距離のなかにある「自分を出してもいいかな」という安心感。それもエッセイを書く楽しさのなかには含まれていますね。


渡辺捷昭

やれることは3つしかありません。自分でやるか、自分の力だけでは足りないから誰かと協力して一緒にやるか、とても自分ではできないから誰かに任せるかです。いまの自分に何ができるのか、社内や社外のメンバーシップをどう活用するのか、現地現物に徹する現場目線と問題発見能力に、そうした課題解決能力が備わった人材を一人でも多く育てることが、私の大きな仕事だと思っています。


楠木建

意味のないものをズルズル引っ張って、それがかえって世の中の損失になっていることが、どれだけ多いことか。ダメなものはきちんと破棄することが大切です。


鈴木義幸

「我々はどこに行きたいのか」「どういう未来を望んでいるのか」など、自己質問を繰り返し、自らが変化に対応しながら皆を引っ張っていく力こそが、いまのリーダーに求められる重要な資質ではないでしょうか。


アンドレ・アガシ

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。


佐々木正悟

脳は、将来、大量のやる気が必要な恐れがあると、やる気の出し惜しみをします。そのときに備えて、節約モードに入るのです。だから、あまり仕事を抱え込みすぎると、気分が削がれてしまう。そんなときはまず、仕事そのものを減らしてみよう。そして、やる気は有限だから、充電するには休息と睡眠が必要。一定時間ごとに充電するタイミングを設けていくと、脳も安心するため、やる気の出し惜しみがなくなる。


竹中平蔵

人生の糧になるのは小さな失敗を繰り返すことです。いかに大きな失敗をせずに、小さな失敗を許容できるかがベンチャーの成長にとっては重要です。


吉岡喜一

人生には道草ということも大事だ。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


進藤孝生

旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合し、1年6カ月経ったところで経営のバトンを受け取りました。人事総務畑が長く、(旧新日鉄の)歴代社長の多くが歩んだ営業の経験はありません。丁々発止とは縁遠かった。今は、納得感を醸成するタイプの経営者が必要な時期なのだと受け止めています。


田中明子(経営者)

ルセットのパンは惜しみなくコストをかけていますから、値段も当然高くなります。それでも、こんなに待って下さるお客様がいます。申し訳ないと思うと同時に、売上を切り捨てているのはもったいないとも思います。でも、いつも食べて「そうそう、この味だよね」と言ってもらえる信頼と信用を維持するためには、大量生産はできないのです。


名越康文

イソップ寓話の「すっぱい葡萄」をご存じでしょうか。キツネが木に実った葡萄を見つけます。何度もジャンプして、取ろうとするものの届かなかったため、最後は「あの葡萄はどうせ酸っぱい」と自分を納得させるというお話です。他人がうらやましく見えるときは、この寓話を活用してもいいと思います。周りの人気者を見たら、「あの人は、すっぱい葡萄だ」と考え、自分は自分にできることをやるのです。


植田統

疑わしい仮説に固執するのは、他に仮説を用意していないからです。外資系コンサルタントは事前に仮説を複数用意します。そしてプランAが間違っていることがわかれば、すぐプランBに移る。予備の仮説があるので、最初の仮説に固執する必要がなくなるのです。


松下幸之助

一挙に事を決するということを行なえば、必ずどこかにムリを生じてくる。


ページの先頭へ