名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

マーニー・レヴィーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーニー・レヴィーンのプロフィール

マーニー・レヴィーン。アメリカの経営者。「米インスタグラム」COO(最高執行責任者)。

マーニー・レヴィーンの名言 一覧

企業が人間に何かを届ける存在である以上、経営も根源的には何も変わらない。これからも人間の欲求をかなえるビジネスが受け入れられていくでしょう。


シンギュラリティー後の世界も大きくは変わらない。ビジネスも同じ。変わるのは仕組みだけ。


インスタグラムというプラットフォームによって、世界中の人々が経験を共有できるようになりました。人間だけをつなぐのではなく、場所やサービス、モノ、そしてビジネスのつながりも生まれています。例えば京都・清水寺のインスタグラム公式アカウントは約16万人のフォロワーがいます。美しい写真をSNSで見るだけでなく、実際に多くの人が現地を訪れるようになりました。ユーザーの75%が、投稿に触発されて検索したり商品を買ったりするという調査結果もあります。


心の根底で人とつながりたい。そのつながりをより強めたい。寂しかったり誤解されていると感じたりした場合は、その人に理解されたい。人間のその気持ちはずっと変わらない。つまり、根源的な「共有」の精神は、人間が人間として存在し始めてから、まったく変わっていない欲求です。インスタグラムはその共有の欲求を叶えるサービスです。


マーニー・レヴィーンの経歴・略歴

マーニー・レヴィーン。アメリカの経営者。「米インスタグラム」COO(最高執行責任者)。

他の記事も読んでみる

佐藤康博

どこ出身だろうと関係ない。海外に行きたい若手にはきちんとチャンスを与える。地道な努力で垣根を取り払わなければいけません。2つの銀行(みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)を本当の意味での「One MIZUHO」に変えていくには、もっと努力が必要ですね。


関根正浩

会社の露出を増やすのは、人材獲得にとって有効な手段だと思っています。お客様のご協力を得て「ユーザー事例」として発表させていただいたり、セミナーに登壇させていただいたり。結果、潜在顧客と未来の社員へ同時にアピールできるんです。


高原真由美(髙原真由美)

「整理」とは言っても、大きく3つのステップに分かれます。まずは「減らす」。次に「整理する」。最後に「維持する」。


塚越友子(水希)

たとえいい解決策が導かれなくても、ちゃんと話し合いを持ったほうが、後々精神的に病まないといわれています。相手に言うときは、感情と事実を切り分けて、相手を非難するのではなく、相手の行動や改善点を淡々と指摘することを心がけましょう。


内藤由治

私は本来、代表取締役会長はあってはならないと考えていました。欧米のようにCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)がわかれているのなら納得できますが、日本ではどっちつかずの二頭政治になってしまうからです。代表権を持つのは一人でいいのです。若い人の方が力もあるし、踏ん張りもきくでしょう。


川田達男

自分の頭で何も考えないのは企業の体をなしていない。


黒田ちはる(ファイナンシャルプランナー)

看護師の仕事をしていて、みなさんお金のことで悩んでいらっしゃるのに、相談できるところがないと分かって、FPの勉強を始めました。はじめは看護師と並行してやろうと思っていたのですが、患者さんに常に向き合っていなくてはならない看護師との両立は難しかった。片手間でなく、プロとして責任を持ってアドバイスをしようと、今の形になりました。


山崎奈保子

正直にわからないといえば、周囲の人は必ず力になってくれました。
【覚書き|シアタークリエの支配人になったときを振り返っての発言】


森下一喜

自分たちが100%のこだわりを持って作ったうえでの失敗と、多少妥協をしながら作った結果の失敗とでは、失敗の質がまったく違います。前者だと素直に反省できますが、後者だと、妥協した点に原因を求めようとして、反省できなくなるのです。常に、自分たちにとっては100%だと思える自信作を作り続けていないと、カンは養われないと思います。


北浦年一

大阪府建団連・近畿建専連の「一年一歩の会」では、日頃の悩みをお聞きし、解決のお役に立ちたいと思います。どのような立場の方でも結構です。意見をお聞かせください。


白石康次郎

言うまでもなく、心・技・体はつながっていますから、その連携をしっかり意識して、調和させなければ、自分自身をベストな状態に保つことはできません。


川淵三郎

古河電気工業サッカー部の監督時代、余計なプレッシャーなしに選手をリラックスさせ、伸び伸びとプレーをしてほしかったし、試合の中身にこだわろうという思いから、「負けてもいいから、いい試合をしてほしい」と言いました。ところが数か月後、ある選手に「あのとき、川淵さんに負けてもいいから、といわれてガックリきましたよ、あのミーティングまでは気合が入っていたんですが」と指摘されました。そうか、チームを統率する者が、どんな理由であっても「負けてもいいから」などと言ってはいけないんだと気づかされました。