名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーニー・レヴィーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーニー・レヴィーンのプロフィール

マーニー・レヴィーン。アメリカの経営者。「米インスタグラム」COO(最高執行責任者)。

マーニー・レヴィーンの名言 一覧

企業が人間に何かを届ける存在である以上、経営も根源的には何も変わらない。これからも人間の欲求をかなえるビジネスが受け入れられていくでしょう。


シンギュラリティー後の世界も大きくは変わらない。ビジネスも同じ。変わるのは仕組みだけ。


インスタグラムというプラットフォームによって、世界中の人々が経験を共有できるようになりました。人間だけをつなぐのではなく、場所やサービス、モノ、そしてビジネスのつながりも生まれています。例えば京都・清水寺のインスタグラム公式アカウントは約16万人のフォロワーがいます。美しい写真をSNSで見るだけでなく、実際に多くの人が現地を訪れるようになりました。ユーザーの75%が、投稿に触発されて検索したり商品を買ったりするという調査結果もあります。


心の根底で人とつながりたい。そのつながりをより強めたい。寂しかったり誤解されていると感じたりした場合は、その人に理解されたい。人間のその気持ちはずっと変わらない。つまり、根源的な「共有」の精神は、人間が人間として存在し始めてから、まったく変わっていない欲求です。インスタグラムはその共有の欲求を叶えるサービスです。


マーニー・レヴィーンの経歴・略歴

マーニー・レヴィーン。アメリカの経営者。「米インスタグラム」COO(最高執行責任者)。

他の記事も読んでみる

夏野剛

チームで作業を分担する場合でも、自分の担当作業はさっさと仕上げて、自分の手から放すのがいいでしょう。他のメンバーから先にアウトプットをシェアされてしまうと、その結果次第では自分の担当作業にも影響が出て、予定が狂ってしまうことにもなりかねません。


今野敏

一番重要なのは、とにかく量をたくさん書くことです。作家にとっては、本を出すことが一番のプロモーションですから。量を書けば質も上がっていきます。これは、親戚の石ノ森章太郎さんからも言われたことで、座右の銘です。


出口治明

人生は、考え方次第です。今は雨でも、そのうち晴れるからラッキーだと考えられるかどうか。半分は資質ですが、もう半分は適応力です。賢い人が必ずしも生き残るわけではありません。社会は常に変化している。大事なのは、運を呼ぶ力と適応力でしょう。


酒巻久

成功者が着目するのは損得や儲け話ではなく、そのプランがもたらす社会的意義。世の抱える問題を解決できるか、といった話に心を動かされる。


加瀬俊一

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


田島敏弘

英知とは破断力、洞察力といったもので、これらは先天的なものもありますが、後天的に努力して磨き上げることもできます。といっても、抽象的で分かりにくいかもしれませんが、世界的なマーケットで激しい技術・販売競争を繰り広げている自動車業界にあって、ユーザーのニーズに合致した車を開発するには、経営者の英知がとりわけ必要で、経営者にある車を開発すべきか否かの技術的評価能力がないと、経営方針もたたないということになってしまいます。


小笹芳央

若い人に納得しつつ働いてもらうためには、会社や上司は、これまでのようにお金やポストをインセンティブにするだけではなく、彼らの精神的な満足も重視しなければならないのです。


鈴木忠雄(経営者)

これまでの自分の生き方だけが正しいと頑固に思いこんでいては、時代の変化に取り残されます。世の中の流れには柔軟に対応しなければなりません。


清田瞭

やるべきことをきちんとやっている企業は強い。


唐池恒二

マニュアル通りのサービスに、お客様は価値を感じません。高いお金を払うだけの価値があるサービスか否か、必ず見抜きます。


谷原誠

いつも交渉に勝てないと悩んでいる人の多くは、自分の気弱な性格に問題があると考え、そんな自分を変えたいと思うのでしょう。けれど、私が声を大にして言いたいのは「自分を変える必要はない」ということです。ずっと強気な自分を演じ続けられるのならそれはそれでいいでしょう。しかし、多くの場合、本来の自分と演技している自分が矛盾しているとストレスが溜まります。ですから、心の健康のためにも性格は変えない方がいいと思います。また変える必要もありません。


吉野真由美

目標を自分流に変えることも大切です。1週間に3契約と考えると気が重くなって、仕事のスピードが落ち、成果も挙がらない。そこで、目標を比較的気分がラクなアポに変えたのです。もっとも、週12件新規のアポが取れれば、3件は契約が取れる。成果が同じなら、気分がラクなほうがいいですよね。