名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーティ・フリードマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーティ・フリードマンのプロフィール

マーティ・アダム・フリードマン。アメリカ人ギタリスト。ヘヴィメタルバンド『メガデス』などでギターを担当。その後、日本に移住。ギタリスト、音楽評論家、タレントとして活動した。

マーティ・フリードマンの名言 一覧

知らないことは聞くべきですし、わからなくても話すべき。やっぱり恥もかくけれど、それを恐れちゃ駄目。


よくわからないものこそ素敵だ。


好きなことなら、いくらでも深く知りたいと思えるもの。


下手だっていい。一生懸命話す姿はその人の個性として良い印象を残すはず。


日本語を学ぶ外国人がみな苦労するのが「漢字の壁」。どれも一緒に見えてしまいます。しかも数が多い。多くの外国人が挫折していきますが、日本人が皆使えるのなら、僕にだってできるはず。むしろ慣れれば楽しい。壁なんて本当は存在しないのだ、と思っていました。


自分の仕事や生活に密着した分野こそ「日々使う言葉」です。ビジネスマンが英語を覚える場合も同じです。好きなこと、やりたい仕事、自分の専門分野の英語を知っていくのがベスト。それなら楽しみながら学べるし、実際に使う機会も多いでしょう。


僕だって、アメリカ人の前で何か失敗したら恥ずかしいですよ。でも、違う国籍の人の前ならまだ大丈夫。だから、英語を話すときに日本人がいない状況を作りましょう。これは、失敗してもダメージを減らすコツです。


知らない言葉が出てきたら相手の言葉をそのまま真似して繰り返す。これは、相手との会話をスムーズに進める秘策です。次に「どういう意味?」と聞いて、教えてもらう。この方法で覚えた言葉は忘れないですね。英語を学ぶ方々にもぜひ試してほしい。


難しい単語や文法ルールを覚えるよりも、話すのが一番。僕は途中から、日本人の記者に取材を受けるときにあえて通訳を入れませんでした。下手でもとにかく言葉を出す。それが良いトレーニングになりました。


僕も最初は日本語を使う機会も必要もないから、なかなか伸びませんでした。ところがある日、日本の音楽雑誌から「日本語でコラムを書いてほしい」と依頼されたのです。そうなると片言レベルでは済まされない。だから必死で頑張った。「やらなきゃいけない」状況を経験できたのは、とてもラッキーでした。


日本人は大変だと思います。英語を使わない環境で暮らしているのに、英語を学べと言われても無理でしょう。だって、必要性がないかぎり、語学は身につかないものだから。


マーティ・フリードマンの経歴・略歴

マーティ・アダム・フリードマン。アメリカ人ギタリスト。ヘヴィメタルバンド『メガデス』などでギターを担当。その後、日本に移住。ギタリスト、音楽評論家、タレントとして活動した。

他の記事も読んでみる

有馬利男

経営者が経済的価値を追求するだけの存在ならば、売上責任のある事業部長とほとんど立場は変わりません。しかし社会的価値、人間的価値、そして経済的価値をより高いレベルで統合させるということをはっきりと打ち出し、頑強に牽引していく。そこには経営者ならではの役割があります。


ジョン・ウェスレー

君ができるすべての善行を行え
君ができるすべての手段で
君ができるすべての方法で
君ができるすべての場所で
君ができるすべてのときに
君ができるすべての人に
君ができる限り


杉田敏

中国語の例ですが、当社の現地駐在員で、わずか1年で現地の人も驚くほど中国語が上達した人がいます。現地の人と直接やり取りして、上達すれば褒められる。そうなるとうれしいし、面白いからますます上達していきます。ビジネスにも広がりができて、仕事にも張りが出ると彼は言います。


前澤友作

僕にとってお客さんはあくまで、同じ感覚を持った友達です。ここでいう友達というのは、僕個人ではなくスタートトゥデイの友達ということです。つまり、社員の幅が広がれば、それだけお客さんの幅も広がるということです。


武田信繁

戦場で敵と味方とが対陣したならば、敵陣のほうでまだ防備の不十分な箇所を速やかに撃ち破るといいだろう。古語にも、「よく敵に勝っ者は、形成が優れていて勝つのではなく、臨機によく敵を制したからである」といい、また、「即戦即決の勝利」という言葉もあるのである。


ローレンス・サマーズ

生涯教育の必要性はとても高まっています。これからは知識の時代です。長期的に見れば、経済を強くするうえで土地や機械以上に知識が重要です。そして、知識社会の中心に位置するのは大学です。一生学び続ける環境がなければ経済競争に勝てません。


松田友一

お客様の求めるものとズレたアピールの仕方をしても、まったくのムダ。したがって、「この商品のよさをわかってください」ではなく、まずは、お客様のニーズを引き出すことに力を注ぐべきです。


木村皓一

イメージアップのために、フランスの一等地にも店を出しました。それは、利益のためではなく、ブランド力を高めるため。そのころは日本人がパリの街をよく歩いていたんです。パリの一等地にミキハウスがある。そこで見た服が日本では6割引きで買える。お客様にそう思ってもらうために出した店です。ファンドや銀行からは、早くその店を閉めろと言われました。毎年5000万円の赤字を出していますから、言われても仕方がない。でも、いつも心の中で思っていました。“何のためにパリで店を出してるか、知ってんのか? 利益のためと違うぞ”と。耐えて耐えて、結果的に今は儲かっています。


鈴木進介

時間の仕分けができていないため、すべての仕事がいっぺんに押し寄せてくるように感じてしまう。それで混乱する人が少なくありません。そんなときは「すぐにやる仕事」と「後回しでも大丈夫な仕事」に仕分けしてみましょう。するとそれほど焦らずとも順番に淡々とこなしていけば大丈夫だとわかります。


高橋大輔(フィギュアスケート)

一生懸命やってダメだったらその結果を受け入れて、また別のアプローチをするしかない。結果が出なくても死ぬわけじゃない。そんなふうに気持ちの切り替えをしないと、不安や重圧に勝てなかった。


潮田、滋彦

研修スタッフや講師の姿勢は、そのまま受講者に伝わるものです。もちろん、階層教育などで役員や上級管理職者が行う「講話」も同様です。


越智仁

素材に要求される技術レベルは年々高くなっています。これまで以上に時代の先を見て、新しい動きに素早く対応する必要があります。ホールディングスの中に社長直轄の「先端技術・事業開発室」を作りました。通常、各事業部の研究部門は3~7年先を見て動いていますが、この部署では5~20年先の市場を見据えて、もっと専門的に深掘りした技術開発をするのがミッションです。