名言DB

9412 人 / 110637 名言

マーティ・アレンの名言

twitter Facebook はてブ

マーティ・アレンのプロフィール

マーティ・アレン。米国の実業家。CADメーカー「Computervision社」の創業者。同姓同名に米国の俳優がいるが別人。

マーティ・アレンの名言 一覧

たいていの場合、経済を勉強して明らかになるのは、何を買うにしても去年買うべきだったということだ。


マーティ・アレンの経歴・略歴

マーティ・アレン。米国の実業家。CADメーカー「Computervision社」の創業者。同姓同名に米国の俳優がいるが別人。

他の記事も読んでみる

米山公啓

集中力を仕事で引き出すには、スイッチで「集中モード」に切り替えればいい。仕事でもスポーツでも勉強でも、できる人というのは、このスイッチの切り替えが上手にできるのです。たとえば、ルーティンを行うことで集中力を高めることができます。ルーティンといえば、イチロー選手のバッターボックスでの一連の動作が有名ですが、自分で集中するための動作=儀式を作ればいいのです。


植木義晴

後ろを振り返ってばかりでは新しいものはできない。前を向いて新しい目標に向かって進んでいこう。


井上逸兵

言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。


小泉文明

たえず変化するビジネスでは「100点満点」という発想は存在しないはず。ビジネスで生き残れる条件は、「いつも可変であること」。常に最適に変化できる態勢の方が、結果的にゴールに早く近づける。


古森重隆

平時は、民主主義の原則である多数決のもとで仲よくやるのもいい。だが、危機に陥ったときに皆でいちいち「あっちに行くか」「こっちに行くか」と合議をしても始まらない。誰かが皆を引っ張っていくしかない。それがリーダーの役割だ。


西谷浩司

攻め筋を見極めることができれば、市場全体の縮小に逆らって成長することも不可能ではありません。


古河建規

自前に固執せず、様々な企業とのパートナーシップにより、お客様により高い価値を提供していきたいと考えています。


剣持忠

次男なので、家にいると常に兄の下。気が付くと、ナンバー2癖がついていました。このナンバー2癖が抜けないことが、起業後、経営者としての壁になっていたと思います。何かあっても、誰かが助けてくれるという思いがあったからです。事業の運転資金が足りなくなったときも、実家の土地を抵当に入れてお金を借りればいいとぼんやりと考えていました。実際に、お金が足りなくなり、お金を借りようと、父に「家の土地を抵当に入れてほしい」とお願いしに行ったのですが、父は「おまえの遊びに付き合っている暇はない」と一刀両断されました。そのとき初めて、本当の意味で「自分でやらなければいけない」というリーダーシップが芽生えました。父がそれを突っぱねてくれたからこそ、今の自分があると思っています。


井上陽介

未来を予見しても、それで終わってしまっては何も生み出されない。未来への予見を形にして、そこに価値をもたらすのが今日の「行動」。小さくてもいいから、今この瞬間に一歩を踏み出すことにこそ大きな意味がある。


曽根原稔人

リーマンショックを経験したことで、一つの領域だけに特化することのリスクが身に染みました。様々な事業を軸として育てるようになったのはここからです。


大久保佳代子

出演する番組一つひとつを大切にして、かなりエネルギーをかけて臨みました。「この番組では、自分は何を求められているんだろう?」というのを、一生懸命探していましたね。今、私を多く使っていただいているのは、求められていることを「尻軽」にやれるからなんだと思います。自分で言うのもなんですが(笑)。


石坂典子

製造業さんたちが知恵を振り絞って新しい商品を作るのと同じぐらい、廃棄物の処理にも知恵を使ってきました。それらの新しい商品はいずれ廃棄物になって出てくるじゃないですか。だから、同じように技術と頭のある人たちがいないとリサイクルなどできないのです。それでも価格の面で叩かれてしまう。そうすると、こちらも環境を整えることができません。そして労働環境が厳しいままであれば、この業界に入って来る人もいない。そして人が集まらない。負の連鎖が起きてしまうのです。


吉野佳秀

努力や工夫のないところに成功はない。


生田正治

「宵越しの書類は持たず」という信念をいまでも守り続けています。イエス・ノーの判断はその日のうちに出すように心がけています。もちろん、即答できない案件もあります。その場合でも「何日までに」とか、「すこし考えさせてほしい」というようにある種の結論を相手に必ず伝えます。


吉越浩一郎

与えられた条件の中でいかに成績を上げていくかを考えることが重要なのであって、自分の環境が悪いから、上司の理解がないからとぼやいても、自分のためになりません。