名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーティン・イェッターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーティン・イェッターのプロフィール

マーティン・イェッター。ドイツ出身の経営者。「ドイツIBM」「日本IBM」社長。ドイツ・シュツットガルト工学部卒業、同大学機械工学修士課程修了後、ドイツIBMに入社。ドイツ・オーストリア・スイスIBMのインダストリアル事業部担当マネージャー、シーメンス社担当ゼネラルマネージャー、ドイツIBM社長、IBM本社戦略担当副社長などを経て日本IBM社長に就任。

マーティン・イェッターの名言 一覧

常に買収事業と撤退事業のバランスを取り、変革し続けることで、IBMはより高付加価値な事業へと経営の質を高めてきた。


IBMは過去数年の間に約百社の企業を買収しました。反対に、他社と差別化できない分野については、撤退も繰り返してきました。


競争の激しい環境では、顧客体験を向上させなければ生き残ることはできません。


ビッグデータはそれ自体では精製されていない原油の状態です。石油として活用するには、きちんと精製し、役に立つ知識や意味を引き出さなければなりません。


ITの業界は10年サイクルで生まれ変わるものであり、最初は勢いがある会社もいつの間にか消えてしまうということの繰り返しです。その中でのIBMの強みと言えば、まず何よりも、研究開発に重点を置いていることです。20年間、米国での特許取得数は首位を守り続けています。加えて、IBMには顧客の事業上の課題を本当の意味で解決する力があります。


顧客とIBMとの接点を増やす取り組みも進めました。これまで神奈川県大和市にあった基礎研究所を東京都内に移し、IBMの技術を社外に啓蒙する拠点として活用しています。東京以外の顧客とも対話をするため、4カ所の地域営業拠点には、毎年春と秋に私を含めた経営チームが訪問し、お客様向けフォーラムを開いています。


マーティン・イェッターの経歴・略歴

マーティン・イェッター。ドイツ出身の経営者。「ドイツIBM」「日本IBM」社長。ドイツ・シュツットガルト工学部卒業、同大学機械工学修士課程修了後、ドイツIBMに入社。ドイツ・オーストリア・スイスIBMのインダストリアル事業部担当マネージャー、シーメンス社担当ゼネラルマネージャー、ドイツIBM社長、IBM本社戦略担当副社長などを経て日本IBM社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤井美保代

私が受ける業務改善の相談には、「書類の運用ルールを確立したものの、それが長続きしない」というケースが少なくありません。それはたいてい仕組みがシンプルでないことに原因があります。取り出したりしまったりすることに手間がかかると、それにストレスを感じてしまい、机の上や、適当な空きスペースなどに放置するということが起こりがちです。その結果、大事な資料の行方がわからなくなるといった事態も起きてしまいます。


大内厚

副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


野路國夫(野路国夫)

コマツの収益力は協力企業とのチームワークの上に成り立っている。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人間は誰しも長所と短所があって、自分にも短所や嫌な面が必ずある。それによって「自分は不完全な人間だ」と自覚し、謙虚になることができる。


河﨑秋子(河崎秋子)

前作(『颶風の王』)は予想もしなかった広がりを見せてくれて、本当に驚きました。温かい言葉をいただくことが多かったので、その反動で2作目を考える際にはとても不安になりましたね。最終的には「考えてもしょうがない」と開き直って、以前から書きたいと思っていた「熊と犬の話」を形にしました。前作と雰囲気が違うのでまだ不安はありますが、開き直りつつ真摯にやるしかないと思っています。


安藤広大

中間管理職の多くは、「どうすれば部下に自分の思いを伝えられるか」「指示を聞いてくれるか」で悩んでいます。「間」の立場である、中間管理職は、会社、上司から課せられた目標をチームで達成する事に対する責任者です。そして、部下にはチームの目標達成の責任はありません。責任がない部下に、上司である中間管理職の指示を吟味、納得する権限はありません。まずは、そのことを理解して、部下に変な遠慮をせずに、躊躇せずに指示をする事が大切です。


長谷川和廣

成果を急いで顧客からの信頼や長所をないがしろにすると、せっかく築いたブランド力を失ってしまいます。結局、愚直に精度の高い仕事を目指すことが、成果を出すコツなのです。


高須武男

バンダイとナムコの経営統合のときに中村(雅哉)さんには、持ち株会社で代表権を持つのは1人だけにすべきだと提案しました。ツートップでは社員はまとまりません。中村さんは当初はノーコメントでしたが、最終的には私をトップにしてくれました。その決断には、本当に感謝しています。


國井総一郎

最終的に一番大事なのは「社員」。それはなぜかというと、社員はお客さまとも向き合うし、株主にも向き合います。そしてビジネスパートナーにも向き合い、さらには社会とも向き合っている。つまり、社員というのは会社が成長するための多くの源泉を生む、別格のものなんです。


小倉昌男

儲からないから止めてしまう、というのでは情けないではないか。それをやるのが経営者の意地ではないか。


高橋修司

環境の変化自体はどうしようもありません。大事なのは、そうした外部環境の変化に負けずに勝ち続けられる、「強力なブランド」を築き上げること。


鈴木敏文

みんなが賛成することはたいてい失敗し、反対することはたいてい成功する。