名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーティン・イェッターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーティン・イェッターのプロフィール

マーティン・イェッター。ドイツ出身の経営者。「ドイツIBM」「日本IBM」社長。ドイツ・シュツットガルト工学部卒業、同大学機械工学修士課程修了後、ドイツIBMに入社。ドイツ・オーストリア・スイスIBMのインダストリアル事業部担当マネージャー、シーメンス社担当ゼネラルマネージャー、ドイツIBM社長、IBM本社戦略担当副社長などを経て日本IBM社長に就任。

マーティン・イェッターの名言 一覧

常に買収事業と撤退事業のバランスを取り、変革し続けることで、IBMはより高付加価値な事業へと経営の質を高めてきた。


IBMは過去数年の間に約百社の企業を買収しました。反対に、他社と差別化できない分野については、撤退も繰り返してきました。


競争の激しい環境では、顧客体験を向上させなければ生き残ることはできません。


ビッグデータはそれ自体では精製されていない原油の状態です。石油として活用するには、きちんと精製し、役に立つ知識や意味を引き出さなければなりません。


ITの業界は10年サイクルで生まれ変わるものであり、最初は勢いがある会社もいつの間にか消えてしまうということの繰り返しです。その中でのIBMの強みと言えば、まず何よりも、研究開発に重点を置いていることです。20年間、米国での特許取得数は首位を守り続けています。加えて、IBMには顧客の事業上の課題を本当の意味で解決する力があります。


顧客とIBMとの接点を増やす取り組みも進めました。これまで神奈川県大和市にあった基礎研究所を東京都内に移し、IBMの技術を社外に啓蒙する拠点として活用しています。東京以外の顧客とも対話をするため、4カ所の地域営業拠点には、毎年春と秋に私を含めた経営チームが訪問し、お客様向けフォーラムを開いています。


マーティン・イェッターの経歴・略歴

マーティン・イェッター。ドイツ出身の経営者。「ドイツIBM」「日本IBM」社長。ドイツ・シュツットガルト工学部卒業、同大学機械工学修士課程修了後、ドイツIBMに入社。ドイツ・オーストリア・スイスIBMのインダストリアル事業部担当マネージャー、シーメンス社担当ゼネラルマネージャー、ドイツIBM社長、IBM本社戦略担当副社長などを経て日本IBM社長に就任。

他の記事も読んでみる

池田千恵

早起きのせいで睡眠が足りず、作業効率を落とすようでは本末転倒です。そうならないためには、自分の適正睡眠時間を知っておく必要があります。「8時間の睡眠が必要」というのは思い込みで、実際は人によって適正睡眠時間は異なるのです。人間の睡眠サイクルは約90分で、通常一晩に4~5回転するといわれています。2週間かけて自分の適正睡眠時間を割り出してみましょう。


冨安徳久

あなたは、なぜその会社にいて、なぜ働いているのですか。そこでなければならない理由はありますか。あなたがやらなければならない理由はありますか。それを明確に答えられれば、ビジョンを持って、必ずや良い仕事を成し遂げることができるでしょう。


夏野剛

人に尋ねて聞いた通りにやる、というのを繰り返すだけでは、問題を解決する力が育たないと思うんです。もちろん、ズルズルと先送りするよりは尋ねた方がいいですが、若いうちに自分で考えを出す方法を身につけておくことも必要でしょう。


ダニエル・ピンク

働く喜びを実感できる秘訣とは、「仕事の中に、心から楽しめることを見つけること」「自分の強みを見つけてそれを活かすこと」「日々の成長や進歩を確認すること」「新しいことを始めて、人間関係を広げること」そして「社会に貢献するといった大きな志を抱くこと」。この5つが、これからの時代のビジネスパーソンにとって幸福のカギとなると思います。


佐藤富雄

自分の性格にコンプレックスを抱き、直したいというなら、まず自分の口ぐせに気を付けてみましょう。悲観的な思考習慣を持つ人は、気づかぬうちに「どうせ無理だ」「仕方がない」「つまらない」など、悲観的な言葉をよく使っています。一方、楽天的な思考習慣を持つ人は、「大丈夫だ」「何とかなる」「やってみよう」など、楽観的な言語習慣を持つものです。そして、実際にその通りになります。


赤羽雄二

重要であっても特に締め切りがない仕事は、自分で締め切りを設定し、それに「強制力」を持たせましょう。たとえば、気の合う同僚数人と「○月○日までに○件の見込み客と会う」といった目標を宣言し合い、LINEやフェイスブックなどで進捗を報告したり、お互いの成果を励まし合うようにしてください。お互いに目標の達成を宣言することで競争意識が生まれ、何としても時間を作ろうとします。モチベーションが高いので、作業効率も高まるはずです。


森正文(経営者)

お金のかからない事業にすることを第一に考えました。資金が尽きれば会社は倒産するということが骨身にしみていましたから。費用は人件費と広告宣伝費だけ。施設もいらない、仕入れ費用も掛からない。だから元手も小さくていい。銀行からの借り入れも一切せず、知人からの出資のみに絞りました。


J・P・モルガン

眠れぬほど、株を持つな。
【覚書き|モルガンは鉄道などの大きな産業をいくつか選び、その産業の株を集中して買い占め経営を支配するという手法を得意とした】


藤森義明

人間は無限の可能性と潜在力を持っています。それを引き出すために必要なのはチャンスを与えることです。


橋本昌三

必要であれば前倒しで損失を計上し、新たな課題に挑戦するという「損切り文化」なしに、企業は成長を実現できません。これは野村グループの創始者、野村徳七翁以来の「先取の精神」による伝統でもあります。


出雲充

今は様々な場で起業志望の方を相手に話をすることが多いのですが、「ミドリムシでさえこんなに成功したんだから、俺にだってできる」と、みんな目をギラギラ輝かせていますよ。


小室淑恵

たとえ同じメンバーでも、一人一人がモチベーションを高く保って仕事に取り組めば、驚くほど生産性が上がるものです。それを理解せずに、能率の悪い部下をカードを切るように切り、別のカードが回ってくるのを待っているようでは、部署としての生産性はいつまでたっても上がらないでしょう。こなせる仕事の質と量は、じつは人数や時間とは関係なく、社員がいかに仕事に集中して取り組めるかにかかっているのです。