名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーチン・スコセッシの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーチン・スコセッシのプロフィール

マーチン・スコセッシ。イタリア系アメリカ人の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。ニューヨーク大学映画学部卒業。主な監督作品に『タクシードライバー』『ニューヨーク・ニューヨーク』『ラスト・ワルツ』『アリスの恋』『レイジング・ブル』『ハスラー2』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』『ディパーテッド』

マーチン・スコセッシの名言 一覧

私は、教わったルールをことごとく破ってきただけではない。そんなルールがあることすら知らず、破ってきたルールもたくさんある。


マーチン・スコセッシの経歴・略歴

マーチン・スコセッシ。イタリア系アメリカ人の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。ニューヨーク大学映画学部卒業。主な監督作品に『タクシードライバー』『ニューヨーク・ニューヨーク』『ラスト・ワルツ』『アリスの恋』『レイジング・ブル』『ハスラー2』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』『ディパーテッド』

他の記事も読んでみる

松本大

英語で言いたいことを伝える基本は、大きな声で最後まで話すことだと思います。発音や文法への自信のなさからか、日本人は英語になると声が小さくなりがちですが、それが「通じない原因」なんです。難しい単語を使う必要はありません。中学レベルのカタカナ英語でいいので堂々と大きな声ではっきりと話せば、相手はしっかり聴き取ろうと努めてくれるものです。言葉よりも先に「伝えたいという気持ち」を相手に分かってもらうことが大切です。


島井哲志

「タバコ部屋のコミュニケーションが仕事に役立つ」という方もいますが、それは「部署を超えた交流」がそこで可能だから。そもそも、そのような重要な役目を、一時的に機能しているからとタバコ部屋に任せていたのがおかしいので、企業としてはそのような人材交流の企画はもっと正規に実施すべきでしょう。


宮本武蔵

わが兵法を学ぼうと思う人は、修行の法がある。
第一に、邪(よこしま)でないことを願うこと。
第二に、兵法の鍛錬に励むこと。
第三に、もろもろの芸(武芸・芸能)を学ぶこと。
第四に、さまざまな職能の道を知ること。
第五に、ものごとの利害・得失をわきまえること。
第六に、あらゆることについて鑑識力を身につけること。
第七に、目に見えないところを洞察すること。
第八に、わずかな事にも注意をすること。
第九に、役に立たないことをしないこと。
おおかたこのような道理を心がけて、兵法の道を鍛錬すべきである。


金子靖代

お客様アンケートが大切なのは、スタッフが考える店舗や接客の改善点と、お客さまが問題だなと思う点が微妙にズレていて、完全には一致しないからです。いくらお客様の立場になって考えても、ズレが生じてしまう。それならば、お客様の生の声を聴くのが一番。


川田修(ライフプランナー)

現在どのような仕事や生活をしていて、過去にどこで生まれ育ってどんな体験をしてきたのか、そして未来の人生設計をどう思い描いているのか。こうした相手の背景を知れば、おのずとその人が何を大切にし、何を守りたいと思っているのかが見えてきます。それがお客様のニーズなのです。


矢野龍

大自然を相手に仕事ができて、会社には感謝をしています。私は、当社の中で海外市場を開拓していったパイオニアの最後の世代です。入社後の最初の2年間は、日曜日に2回休んだだけで、毎日日記を付けていました。厳しい環境だったのかもしれませんが、24~25歳の時には本当に仕事が楽しくて仕方がありませんでしたね。


松下雋

部下が多忙でヘトヘトになっていたら、昔なら酒に誘って「最近、仕事が忙しそうだが」と事情を探ることができました。そこで悩みなども話してくれたものです。しかし、最近は無理に誘えばパワハラと言われ、私生活に立ち入ればプライバシー侵害になりかねず、腹を割って話す機会がつくりにくいのも事実です。そういう意味では、部下の悩みを言いやすい環境をつくることも上司の重要なテクニックのひとつといえます。


高城幸司

もし上司が議題と関係ないことを話し出したり、会議後進行を妨げる人だった場合、「それはいいお話ですね。また別の機会に議論しませんか?」「いいアイデアですね!時間を改めて議論しましょう」と、一度はその意見を受け止めたうえで、本題へと戻すようにしましょう。


大坪清

これまで男性は育児を理由に長く職場を離れていいのかと、ためらう人が多かった。数年前から子供か生まれた男性社員とその上司には、育児休業取得を奨励する手紙を送っている。そんなささいなことでも効果は大きく、思い切って子育てに取り組む社員は徐々に増加してい。育児の大変さを身をもって理解することで、女性の苦労も分かり、家族の絆も深まる。そして、今度は自分が職場でサポートする側になる好循環が生まれる。働き方改革宣言を契機として男女を問わず育児休業が取りやすく、子育てに躊躇しないという風土が根付くことを期待している。


藤田一照

よく誤解されているのですが、仏教は単純に「煩悩を捨てよ」と教えているわけではありません。仏教の開祖であるブッダは、苦しみを解決しようとして、瞑想や苦行といった様々な修行を徹底的に試みました。その結果、瞑想や苦行はあくまでも苦しみからの逃避であり、最終的な解決にはならないという洞察を得たのです。そこでブッダはそれらを放棄して涼しい木陰で静かに坐り、苦しみの発生するありさまを深く観ようとしたのです。そこに悪魔がやってきて、あらゆる手段を使って邪魔をしようとします。しかし新たな道を歩みはじめたブッダはそれと戦うのでもなく、それから逃げるのでもなく、それを平静に観察する坐禅を続けました。こうしてブッダは悪魔、つまり煩悩を否定せずに受け入れ、それと共に生きていける道を見いだしたのです。煩悩を追い払うのではなく、深く理解し、煩悩から学んでいく。坐禅とは、こうしたブッダの営みを今ここで追体験する行です。だから坐禅は、苦行ではなく、自己を深く観つめ、それに親しむ修行なのです。


和田完二

学校をつくるとしても中途半端なものでは意味をなさない。少なくとも従来の工員養成所式なものではなんにもならない。同じつくるなら、いままでにない理想的な学校をつくりたい。もとよりそれには膨大な金がいるけれども、会社の将来には変えられない。すぐに役立つ技術者の養成ということは、大きな目で見れば一種の企業合理化である。


田川博己

地元の人が意外に気づかないだけで、光を当てると「えっ、そんなことが商売になるんですか」ということがたくさんあるんです。