名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

マーサ・スチュワートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーサ・スチュワートのプロフィール

マーサ・スチュワート。アメリカの女性起業家。料理、ガーデニング、インテリアなどの商品を販売するマーサ・スチュワートの創業者。米国ニュージャージー州出身。バーナード・カレッジ在学中からモデルとして活動し、出産まで続ける。その後、株式ブローカーを経て、ケータリングサービスで起業し成功を収める。雑誌で料理、園芸、インテリアに関するコラムを連載し、カリスマ主婦となる。大手スーパーのKマートと契約し、商品のプロデュース、宣伝に携わり、雑誌『マーサ・スチュワート・リビング』を創刊。オリジナル生活雑貨で大ヒットを飛ばし自らの会社「マーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア」を大きく成長させ、ニューヨーク証券取引所に上場させた。

マーサ・スチュワートの名言 一覧

情熱がなければ、仕事は単なる労働になり、退屈だけれどもしなければならないものになってしまいます。私が一人で始めたケータリングサービスの仕事を無限の可能性をもつ企業に成長させられたのは、仕事の負担を軽くするヒントを一人でも多くの人に伝えたいという情熱があったからでした。


毎日、ワクワクしながら過ごし、朝、目覚めるのがとても楽しみで、仕事をするのも新しい計画に取り組むのも、嬉しくてたまりません。


顧客からの手紙を尊重するのは、より良い仕事をする方法を教えてくれるからです。


情熱を見つけるには寄り道も珍しくありません。まず、試してみるしかありません。興味を持った仕事を実際にしてみれば、何かを学び、あとでそれが役に立つ可能性もあります。


私はアイデアを忘れないようにするため、よく電子メールを使います。メールの即時性は素晴らしいですね。また、旅行のときは、いつでもデザインのスケッチやメモができるようにノートを持っていきます。私がアイデアを書き溜めたフォルダーは1000冊を超え、アシスタントに整理を手伝ってもらっています。


当社では、すべての手紙とメールに返事を出します。年間50万通以上に及びますから、簡単ではありません。MSLOには投書を扱う部門がありますが、私も毎月、満足と不満足の両方の手紙をまとめたものを家に持ち帰ります。苦情の手紙は、とくに細心の注意を払って受け取ります。


すべてをきちんとさせて、それでも創造的でいるためには、リストをつくって行動するのが一番いい方法です。私も毎朝、その日にすべきことをリストにします。


マーサ・スチュワートの経歴・略歴

マーサ・スチュワート。アメリカの女性起業家。料理、ガーデニング、インテリアなどの商品を販売するマーサ・スチュワートの創業者。米国ニュージャージー州出身。バーナード・カレッジ在学中からモデルとして活動し、出産まで続ける。その後、株式ブローカーを経て、ケータリングサービスで起業し成功を収める。雑誌で料理、園芸、インテリアに関するコラムを連載し、カリスマ主婦となる。大手スーパーのKマートと契約し、商品のプロデュース、宣伝に携わり、雑誌『マーサ・スチュワート・リビング』を創刊。オリジナル生活雑貨で大ヒットを飛ばし自らの会社「マーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア」を大きく成長させ、ニューヨーク証券取引所に上場させた。

他の記事も読んでみる

新井直之(執事)

大富豪は、事業で苦境に陥っても、どん底だとは考えません。口にするのは、「メイクドラマ」という言葉。「普通にうまくいってもドラマがない。今は成功への序章。メイクドラマだ」と。どこまでも前向きなのは完全に失敗した場合も同じ。事業を整理した後の感想は「成功しない方法がわかった」。成功の秘訣は、成功するまでやり続けること。彼らは「失敗」という言葉を使いません。


渡文明

最近の新入社員に身につけてほしいものは、第一に言語リテラシーです。やさしく言えば、読み書き能力。第二に礼節です。


宮内義彦

ガバナンスのために企業があるわけではありません。極論すれば、ガバナンスを無視しても、世の役に立つ企業は存在しえる。ただ、ほとんどの場合、あまりうまくいかないので、ガバナンスを大事にしようと言われているんですね。


西山昭彦

問題を1人で抱え込み、ムダに時間ばかりが過ぎるというのは、一番ダメな例。自分の力ではどうにもならない場合は、解決のノウハウを持っている人に相談するのが正解。


後藤玄利

業界トップになるためには、人・もの・金を投入して最強のビジネスモデルを構築せねばなりません。


アラン・シアラー

懸命に働くこと。それが俺の全てだ。そう育てられた。


鈴木博毅

たいていの場合は速いほうが有利。よい判断であっても時間がかかりすぎては意味がない。悪い判断であっても、速ければ修正が利く。決断の内容と同じくらい時間は大きな武器になる。


堀之内九一郎

私はこれまで「成功者」と呼ばれる多くの人と接してきましたが、アメとムチを安易に受け入れ、安易に使う人を見たことがありません。成功者の誰もが、それを慎重にこっそりと操る人ばかりでした。ムリをして大盤振るまいをしたり、大上段に梢えてムチを振りおろすことはせず、巧みにさり気なく、アメとムチを適度に使えるのも成功者の条件なんです。


藤田晋

子供向けプログラミング講座CA Tech Kids始めた理由は、日本の教育に対する問題意識が根底にあります。僕たち現場からすれば、圧倒的にプログラマーが足りないのに、なぜかどこもかしこも「英語人材」しか叫ばない。いいプログラマーが育てば、競争力のあるサービスを生み出し、そして新たな雇用を生み出します。今、明らかに需給のバランスが悪い。むしろ英語人材の方が使い道に困りますよ(笑)。


守島基博

どんなに精緻に組み立てられた仕組みでも、働く人に使われてナンボである。


田中優子(江戸文化研究者)

学校経営では、職員との協力体制を重視しています。1人で経営するのは無理ですから。各人が持っている能力に偏りがあるのは当然で、それを寄せ集めて何ができるのかというコーディネート能力が何よりも重要です。私はこのことを江戸文化から学びました。長い間、「連」を研究してきました。連とは、様々な能力を集めて何かを作り出すという動きです。一人の天才が現れて、何でもやってしまうということは、江戸時代にはありませんでした。マルチの能力を持った人はいろいろな連に所属しながら、その能力をいろいろなところで発揮していました。大事な役割を果たしていたのが、コーディネーター的な人なんです。そういう人は何か作品を残すことが少ないので、蔦屋重三郎といった一部の人を除いて、歴史に名前が残ることはほとんどありません。現代社会でも競争を勝ち抜くトップだけでなく、そうしたコーディネーターのようなトップが求められていくような気がします。


松下正幸

私の大学時代、友だちが夏休みに、わが家に10日間ほど泊まったことがありました。私は日曜日ごとに祖父のところに行っておりましたので、その友だちを連れていきましたら、彼を1時間ぐらい質問攻めにするわけです。ようやく尽きたかなと思ったら、今度は、「ところで、きみのお父さんは何をしていらっしゃるんだ」と聞く。彼のお父上は浅草で産婦人科の開業医をやっていたので、今度は浅草での開業医の生活について、いろいろ質問攻めにするわけです。それほど、あらゆることに好奇心を持っていた人でした。