マーサ・スチュワートの名言

マーサ・スチュワートのプロフィール

マーサ・スチュワート。アメリカの女性起業家。料理、ガーデニング、インテリアなどの商品を販売するマーサ・スチュワートの創業者。米国ニュージャージー州出身。バーナード・カレッジ在学中からモデルとして活動し、出産まで続ける。その後、株式ブローカーを経て、ケータリングサービスで起業し成功を収める。雑誌で料理、園芸、インテリアに関するコラムを連載し、カリスマ主婦となる。大手スーパーのKマートと契約し、商品のプロデュース、宣伝に携わり、雑誌『マーサ・スチュワート・リビング』を創刊。オリジナル生活雑貨で大ヒットを飛ばし自らの会社「マーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア」を大きく成長させ、ニューヨーク証券取引所に上場させた。

マーサ・スチュワートの名言 一覧

情熱がなければ、仕事は単なる労働になり、退屈だけれどもしなければならないものになってしまいます。私が一人で始めたケータリングサービスの仕事を無限の可能性をもつ企業に成長させられたのは、仕事の負担を軽くするヒントを一人でも多くの人に伝えたいという情熱があったからでした。


毎日、ワクワクしながら過ごし、朝、目覚めるのがとても楽しみで、仕事をするのも新しい計画に取り組むのも、嬉しくてたまりません。


顧客からの手紙を尊重するのは、より良い仕事をする方法を教えてくれるからです。


情熱を見つけるには寄り道も珍しくありません。まず、試してみるしかありません。興味を持った仕事を実際にしてみれば、何かを学び、あとでそれが役に立つ可能性もあります。


私はアイデアを忘れないようにするため、よく電子メールを使います。メールの即時性は素晴らしいですね。また、旅行のときは、いつでもデザインのスケッチやメモができるようにノートを持っていきます。私がアイデアを書き溜めたフォルダーは1000冊を超え、アシスタントに整理を手伝ってもらっています。


当社では、すべての手紙とメールに返事を出します。年間50万通以上に及びますから、簡単ではありません。MSLOには投書を扱う部門がありますが、私も毎月、満足と不満足の両方の手紙をまとめたものを家に持ち帰ります。苦情の手紙は、とくに細心の注意を払って受け取ります。


すべてをきちんとさせて、それでも創造的でいるためには、リストをつくって行動するのが一番いい方法です。私も毎朝、その日にすべきことをリストにします。


マーサ・スチュワートの経歴・略歴

マーサ・スチュワート。アメリカの女性起業家。料理、ガーデニング、インテリアなどの商品を販売するマーサ・スチュワートの創業者。米国ニュージャージー州出身。バーナード・カレッジ在学中からモデルとして活動し、出産まで続ける。その後、株式ブローカーを経て、ケータリングサービスで起業し成功を収める。雑誌で料理、園芸、インテリアに関するコラムを連載し、カリスマ主婦となる。大手スーパーのKマートと契約し、商品のプロデュース、宣伝に携わり、雑誌『マーサ・スチュワート・リビング』を創刊。オリジナル生活雑貨で大ヒットを飛ばし自らの会社「マーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア」を大きく成長させ、ニューヨーク証券取引所に上場させた。

他の記事も読んでみる

湯浅智之

最も大事なのは「人」。エンジンになれる人がいないと企業を成長させることはできない。いくら良い素材があったとしても、これに心の底から向き合っている人がいないと我々としても支援のしょうがない。これまでに多くの案件を手掛けてきましたが、思ったような成果を出せなかったケースではいつも人の問題がありました。


チャップリン

母の言葉を借りると、結局、客人というものはケーキと同じで、滞在期間が長くなると味は落ちるというのである。
【覚書き|貧しい時代に母の金持の友人の屋敷で客人として長期滞在したときを振り返っての発言】


西澤亮一

今というのは9割方大変なものですが、高い理想があれば、それを乗り越えられる。


大野裕

大事なのは、現実にきちんと目を向けること。現実を客観視できれば、問題に対処する力が出る。


俣野成敏

一般的に、立場が上がれば上がるほど給料が上がり、その分高い成果が求められます。にもかかわらず、部下でもできるような作業に取り組むことは、会社全体の生産性を考えれば大きなマイナス。自分の給料を時給換算して「これは本当に自分でやるべき仕事だろうか」と考えるクセをつけ、すべきでないと判断したら誰かに任せてしまう。これだけでも負担は大きく減るはずです。


横山信弘

最近は便利なツールがいろいろ出ており、私も営業マンの必須アイテムは何かなどと聞かれることもあります。しかし、ツールに依存すると、営業マンとして覚えておくべき大事な事柄すら覚えられなくなってしまう恐れがあります。たとえば、自分の目標数字と達成のためのアクションプランは、何も見なくてもスラスラ言えなければ営業マン失格です。また、お客様からの質問に「それは調べてみないとわかりません」と答えていては、機会損失になりますね。


北山ひとみ

私の姿勢は一貫して、業種や業態を超え、文化を求心力にしながら仕事を進めるという信念に基づいています。とくに教育は文化風土を育むことが大切ですね。人間には、善い面と悪い面があるものです。それを望ましい方向に導き、文化的価値を生み出すこと、その営み全てが教育でもあり、文化でもあるといえるのではないでしょうか。


根津公一

十数年前、世界的に有名なヨーロッパの近現代美術館の館長と一緒に食事をする機会があり、「どんな美術が好きですか」と聞かれました。私は日本と東洋美術が専門ですから、「私は現代美術を勉強したことがないので答えられない」と言った。すると彼は「どんな人であっても、美術を鑑賞する資格は平等に持っています。例えばこの壁の絵を見て、好きですか、嫌いですか。好き強らば、どこが好きですか。自分の感覚に従えばいいのですよ」とおっしゃられた。感銘を受けました。何かを嗜むには、勉強してから入るよりも、好きなものから入ってもっと好きになれば、次第に知識と教養は深まります。


大嶋利佳

周囲を見て、大人らしい話し方のお手本になるような人を見つけ、真似をしてみてください。そう長くない間に、声の出し方が改善できるでしょう。


牛島信

経営者というリーダーがいて、それに続くフォロワーがいる。フォロワーは「この人についていけば、自分の人生に価値があると実感できる」と思うリーダーについていく。織田信長を例に出すと、彼は好きなことをやったのでしょうが、そこに多くのフォロワーを生み、フォロワーが次の世代のリーダーに育っていった。こういうリーダーがいると世の中は上手く回る。


宮城治男

「これからは未来をつくる時代」ということです。「こうあるべき」という世の中の姿がない分、未来をつくる若者が自分らしい生き方を選び、主体的に行動した先に、新しい未来が生まれると思います。勤務先や職種を偏差値のようなランキングで並べてほしい人にとっては生きづらい半面、新しい世界をつくりたい人には楽しい時代になるでしょう。


永田豊志

何事も楽しくなければ続きませんし、習慣化しません。


緒方健介

上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


中山マコト

自分は当然と思ってこなしている事が、人から見たら欲しい能力ということがよくある。


三宅宏実

本気で自分を変えようと行動し、諦めずに努力し続ければ、本番で力が発揮できる。


ページの先頭へ