名言DB

9419 人 / 110788 名言

マーク・ビクター・ハンセンの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・ビクター・ハンセンのプロフィール

マーク・ビクター・ハンセン、米国、世界的ベストセラーこころのチキンスープ著者、同シリーズは世界で6千万部以上のセールスを記録した

マーク・ビクター・ハンセンの名言 一覧

彼らは一人残らず、目標に向かって必死に努力していた。それが私の学んだことだよ。私は人々を助けようと必死で努力している。私の目標は人々を助けることだからね。【覚書き|上記は「ナポレオン・ヒルがインタビューした人物に共通する、ひときわ優れた特徴とはどんなものですか?」とインタビューされた時のコメント】


重要なことは、自分が最も学ぶ必要のあることを人に教えなさいということなんだ。「少なくともひとつの、たった一つのアイデアでいいから自分のものにしなさい」好きなアイデアからひとつ選んで、それを実践すればいい。そしてそれを他の誰かに教えれば、そのアイデアは自分のものになるんだよ。自分が必要としているものならどんなものでも、一割寄付をする必要があるんだよ。


ウパニシャッド、これはヒンズー教の聖書に相当するもので、その一行目にはこう書かれている。「潤沢より潤沢を取り去るも、潤沢は残存す」私が言いたいのは、豊かさというのは、すべての人に行き渡るほど十分にあるということ。どれだけ大きなパイの一切れを手に入れられるかということではなく、どれだけ大きなパイを作れるかということなんだよ。


マーク・ビクター・ハンセンの経歴・略歴

マーク・ビクター・ハンセン、米国、世界的ベストセラーこころのチキンスープ著者、同シリーズは世界で6千万部以上のセールスを記録した

他の記事も読んでみる

高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


藤原洋

日本のメジャーな大学は大企業に卒業生を送り込むことで仕事をしている気になっていますが、アカデミアの本来の役割は、新産業を創出することです。大学には、持っている知識を知識のまま留めておくのではなく知恵とし、社会に影響力を持ち、新産業を生み出す存在になって欲しい。


嶋浩一郎

注意したいのは「アイデアを出すために書こう」と思わないこと。そうすると、「目的に合わない」という勝手な判断で、情報を選別してしまうからです。私がこのノートに書いている情報は、ほとんどが「ムダ知識」。役立つかどうかわからないものをひたすら面白がって集めるからこそ、その膨大な集積からブレイクが起こるのです。結果を求めず、まずは楽しむこと。これが一番です。


森辺一樹

ビジネスモデルの輸出ではなく、現地に即したビジネスをゼロベースで創ることこそが重要。


伊藤直彦

「いまさら貨物専用鉄道?」、そんな声もあろう。しかし、大きな事業は近視眼的に見てはいけない。東海道新幹線という過去の教訓がある。物流は人流と違い、国民のコンセンサスが得にくい。しかし、人が動けば物も動く。インフラについても、物流も人流と等身大に整備されなければ、国民生活に大きな動きを生ずることになる。


井上貞治郎

世の中で理想の女房、あるいは夫というものはない。夫婦はむしろお互いがつくるものなのだ。私は太ってすっかり出不精になった妻を仕事や旅行にも引っ張り出し、私と同じように見聞を広める機会を与えるようにしている。放浪を続けた私だったが、いまさらのように、家庭こそ、夫婦が力を合わせて築いていくべき砦だとつくづく思うのである。


レジェンド松下

お客さんに「買いたい」と思わせるために、その商品をとことん使うことから始めます。たとえば包丁であれば、切れ味や使い心地を何度も試します。すると商品の特長がわかり、アピールすべき点も見えてくる。それを素直に伝えるだけで十分説得力は出ます。


鳥居正男

社員の仕事の邪魔だけはするまいと考えています。社員にメールを送るときは、返信期限を添えます。何も書いていなければ、目の前の仕事を差し置いて、最優先で社長のメールを処理してしまうでしょうから。


シェイクスピア

人の一生は動き回る影法師、哀れな役者に過ぎぬ。自分の出番のときだけ舞台の上でふんぞり返ったり、わめいたり。だが、その声もやがて聞こえなくなる。人の一生とは、うつけ者が唱える物語。がやがやとすさまじいばかり、ついには何のとりとめもありはせぬ。


大隅良典

私の研究は当時のはやりでは全くなかった。謎を解明する方が、はやりの研究をして他の研究者と競争するよりずっと面白いと思った。