マーク・ビクター・ハンセンの名言

マーク・ビクター・ハンセンのプロフィール

マーク・ビクター・ハンセン、米国、世界的ベストセラーこころのチキンスープ著者、同シリーズは世界で6千万部以上のセールスを記録した

マーク・ビクター・ハンセンの名言 一覧

彼らは一人残らず、目標に向かって必死に努力していた。それが私の学んだことだよ。私は人々を助けようと必死で努力している。私の目標は人々を助けることだからね。【覚書き|上記は「ナポレオン・ヒルがインタビューした人物に共通する、ひときわ優れた特徴とはどんなものですか?」とインタビューされた時のコメント】


重要なことは、自分が最も学ぶ必要のあることを人に教えなさいということなんだ。「少なくともひとつの、たった一つのアイデアでいいから自分のものにしなさい」好きなアイデアからひとつ選んで、それを実践すればいい。そしてそれを他の誰かに教えれば、そのアイデアは自分のものになるんだよ。自分が必要としているものならどんなものでも、一割寄付をする必要があるんだよ。


ウパニシャッド、これはヒンズー教の聖書に相当するもので、その一行目にはこう書かれている。「潤沢より潤沢を取り去るも、潤沢は残存す」私が言いたいのは、豊かさというのは、すべての人に行き渡るほど十分にあるということ。どれだけ大きなパイの一切れを手に入れられるかということではなく、どれだけ大きなパイを作れるかということなんだよ。


マーク・ビクター・ハンセンの経歴・略歴

マーク・ビクター・ハンセン、米国、世界的ベストセラーこころのチキンスープ著者、同シリーズは世界で6千万部以上のセールスを記録した

他の記事も読んでみる

ジョン・カビラ

初対面の人と話をするとき、事前に質問を考えますが、こういうふうに答えてほしい、こういう流れで話してほしい、と決め付け過ぎると、それが違う方向に行ったときに困ってしまいます。自分の予想と違う答えが返って来たときは、臨機応変に対応すべきです。むしろそれを楽しんでしまう。


河村恭輔(経営者)

私は34歳で創業しましたが、その前の10年間も水の仕事をしていました。当時、まだ水の仕事がほとんどない時代に、水の仕事を学んだことが、私に「恵」を与えてくれたのだと思います。


林成之

「私はコツコツ努力するタイプです」と言う人を私は信用しません。その言葉を聞いた途端、「こいつはダメだな」と思ってしまいます。もちろん、コツコツ努力するのは、まったく努力しないよりははるかにいい。しかし、コツコツ努力する人が大きく成長することはないし、一流の人間になることもありません。コツコツ努力するとは、一歩一歩着実に努力しようということであり、この言葉の背後には失敗しないよう慎重に事を運ぼうという意識が隠れています。失敗すると自己保存が危うくなる。だから失敗しないようにコツコツやろうというわけです。


伊庭正康

完璧グセのある人は、周りから求められている仕事のレベルを理解しようとしません。ひたすら、「自分が勝手に決めた完璧さ」を追求し、必要以上に凝ることで、仕事をした気になっています。本人は満足なのでしょうが、周りからは、「ニーズが読めていない人」と思われてしまい、評価されません。


松尾静磨

当今は万事合理主義の時代になって、昔のような厳しい訓練がないので、いざという肝心なときに粘りがない。競技にしても、やれ向かい風が強かっただの、雨が降っていたのとコンディションのせいにするが、自分だけでなく相手も同じ条件でやっているのだ。日ごろの訓練が足りないから、とんでもない泣きごとを言ってしまうのである。


河野貴輝

アメリカのニューヨークで事業を展開しています。アメリカで仕事をしたことで、日本の小ささ、自分のビジネスの小ささに気付かされた。


小野田寛郎(小野田少尉)

兵隊のときは兵隊らしく、ブラジルへ行ったら、ブラジルの社会で牧場主らしくやってきました。私は「らしく」ということがいまの日本に少し欠けているんじゃないかと思います。いつでも、自分として精一杯やるということが必要なんじゃないでしょうか。


松本晃(経営者)

話をするときはつかみが大切。映画でもテレビ番組でもそうですが、最初の5分がつまらないものは、それから先を観る気になりません。本も最初の30ページがつまらなければ、読むのをやめる人が多いでしょう。同様に、スピーチも最初がつまらなければ、聞いてもらえなくても仕方ない。


澤田秀雄

大変化の時代、旧来と同じことをやっていてはダメになっていく。


川端裕人

いくら調べても、明確な答えが出ないことは、専門家でさえ意見が分かれるのを見れば明らかです。そうなると、あり得る議論の幅の中で、自分にとって「居心地がいい」「安心できる」基準で選ぶのが一番だと思います。


安永竜夫

イメルト(GEのCEOジェフリー・イメルト)氏に会った時に、少し私がヒートアップした場面がありました。そうするとイメルト氏がいきなり私の似顔絵を描き出したのです。「まあまあ、おまえのことはわかっているから」とテイク・イット・イージー(気楽にやろう)というために、そういう絵を描いて、場を少し和ませた。


高杉良

僕が入院していたときのこと、小学校時代からの友人で、当時、日本経済新聞社の記者だった大竹堅固くんが「出光興産を題材に小説を書かないか」と言ってくれた。彼は僕が業界紙の記者として取材をしながら、出光興産という会社のやり方がちょっとおかしいんじゃないかと憤っていたことを知っていたわけです。だから、そんなふうに勧めてくれたんだと思います。こうして入院中と退院後の休暇の間に書き上げたのが、デビュー作の『虚構の城』です。言わば、急性肝炎になったおかげで本日の高杉良がある。しかも、いまだに生きて書いている。強運ですよね。


田村潤

全国で売上げ最下位だったキリンビール高知支店をV字回復させた男……。そんな実績のおかげか、私を「すごいアイデアマンだろう」と思われる方がいるようです。しかし、それらは、決して私がひとりでひねり出したものではない。強いていうなら、私は「アイデアが生まれる場」を作り続けた。それだけなんです。


桑原豊(経営者)

目的意識、もっと言えば「経営者意識」を持つことは、自分を成長させるために不可欠だと思います。ただ、それは若いうちでなくても良いと思います。タイミングよりも、本気でその意識を持てるかどうかのほうが重要ではないでしょうか。


小倉広

「人生でやりたいこと」とは、多くの場合、いますぐ手をつけなければならない緊急事項ではないでしょう。しかし、仕事で多忙を極めているはずの高年収者ほどそのための時間を意識して生み出し、努力してスケジュール化しています。


ページの先頭へ