名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・トウェインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・トウェインのプロフィール

マーク・トウェイン、米国の小説家。「トムソーヤの冒険」などで知られる。当時最も人気のある作家だった。辛口なエッセイにも定評がある。アメリカを代表する作家

マーク・トウェインの名言 一覧

10月は、株式投機にはとくに危険な月である。それ以外に危険な月は、7月、1月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月である。


嘘には3種類ある。普通の嘘、真っ赤な嘘、そして統計である。


人は自分の許しを得なければくつろげない。


アダムはリンゴがほしかったから食べたのではなかった。禁じられていたからこそ食べたのだ。


人間とは、顔を赤らめる唯一の動物である。いや、そうしなければならない唯一の動物である。


相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いた通りに、相手が語ったことを再び語ることだ。


人間は顔を赤らめる唯一の動物である。あるいは、そうする必要のある唯一の動物である。


投資した金の利益率よりも、投資した金が返ってくるかどうかのほうが気になる。


人生で必要なものは無知と信頼だ。これらがあれば成功は保証される。


嘘というものは、真実が靴を履いている間、地球を半周は旅することができる。


「卵は一つのカゴに盛るな」と愚かな者は言う。これでは「金を分散し、注意を分散させよ」というに等しい。賢者は言う。「卵は一つのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」と。賢者は投機を戒める。「人生には投機に手を出すべきではない時期は二つある。投機に回せる金がないときと、投機に回せる金があるときだ」と。そして、投資家としての失敗を嘆く。「投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会がなくなってからだ」と。 【覚書き|1894年に出版した「ノータリン・ウィルソンの悲劇」より】


銀行家というのは、太陽が照っている時に自分の傘を差しだし、雨が降り始めるやいなや傘を返せというようなやつだ。


それは十日間の仕事だ。そして、何かが壊れなければ5日で終わるだろう。


カエルを二匹飲み込まなければいけないときは、大きいほうから飲み込むこと。それと、あまり長いあいだ見つめないことだ。


一つの体験からすべてを見ないよう注意しなさい。熱いレンジの蓋に座った猫にならないよう。その猫は二度と熱いレンジの蓋に座らないだろう。だが冷たいレンジの蓋にも二度と座らない。


しつけとは自分のことをどれほど多く考えているか、他人のことをどれほど考えていないかを隠すことである。


マーク・トウェインの経歴・略歴

マーク・トウェイン、米国の小説家。「トムソーヤの冒険」などで知られる。当時最も人気のある作家だった。辛口なエッセイにも定評がある。アメリカを代表する作家

他の記事も読んでみる

パク・ジョアン・スックチャ

同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


松下幸之助

自省の強い人は自分というものをよく知っている。つまり、自分で自分をよく見つめているのである。私はこれを自己観照と呼んでいるけれども、自分の心をいっぺん自分の身体から取り出して、外からもう一度自分というものを見直してみる。これができる人には、自分というものが素直に私心なく理解できるわけである。


アンディ・ジャシー

AWSは過去10年間、競合に関係なく自主的に50回以上も値下げしてきた。削減したコストは顧客に還元するのが我々の主義だ。


瀬戸欣哉

モノタロウを立ち上げるきっかけは米アマゾン・ドット・コムでした。「無限の商品から選ぶ」「一物一価の透明性を持つ」というビジネスモデルは、住友商事という総合商社に勤めていた僕には衝撃的でした。企業間取引(BtoB)の世界は、大企業は安く買い、中小企業は高く買うというのが基本で、そこにアマゾンのように一物一価を持ちこんだらどうなるか、そのインパクトを考えずにはいられませんでした。


伊井哲朗

当社は、しがらみのない独立系の運用会社として、投資信託の販売と運用を行なっています。これで、お客様目線の商品設計や金融サービスが出来るのです。


和田一夫(経営者)

私の場合、89年の天安門事件の後に中国に進出したので、あれ(ヤオハンの中国進出)は素晴らしい決断だったと思います。だけど海外で世界の和田なんていわれると、こちらもその気になってしまう。しかも、社員がみな国際企業になったような気持ちになってしまった。ほんとうに、いいときというのは一番危険だと思います。


鬼頭政人

仕事の成功を左右するキーパーソンについて調べましょう。「細かいか大雑把か」「仕事の好み」といった性格面や、人間関係などを押さえておくことが大切。キーパーソンが些細なことでも報告を求める「細かい人」であれば、報告を疎かにしていたら、通る提案も通らなくなる。キーパーソンの人間関係も重要です。キーパーソンに対して影響力がある人にアプローチして、援護射撃を頼む必要が生じる可能性もあります。


岩村水樹

いつでもどこでも働ける時代だからこそ、働きすぎないようにルールを設けることも必要です。運動選手が休まずにずっと運動し続けていると、パフォーマンスが下がります。筋肉は鍛えるだけでなく、休んで回復する時間を取らないと発達しない。同じように、ビジネスパーソンもずっと仕事を続けていると疲弊してしまいます。


中谷健一

フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。


鈴峯紅也

他の警察小説の書き手に比べて知識や底が浅いので、警察組織という社会を書いたらみなさんに負けてしまいますですから、主人公には警察という社会をはみだすほどの力を持たせたかった。そのための人物像をカチッと確立させました。グーにもパーにもチョキにも勝てる力を持ち、「こいつなら何をやってもうなずける」という領域に持っていったんです。


増田正造

能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。


岡藤正広

焦ったらあかん。短期の利益よりもまずは、ブランドづくりやで。