名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マーク・トウェインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・トウェインのプロフィール

マーク・トウェイン、米国の小説家。「トムソーヤの冒険」などで知られる。当時最も人気のある作家だった。辛口なエッセイにも定評がある。アメリカを代表する作家

マーク・トウェインの名言 一覧

10月は、株式投機にはとくに危険な月である。それ以外に危険な月は、7月、1月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月である。


嘘には3種類ある。普通の嘘、真っ赤な嘘、そして統計である。


人は自分の許しを得なければくつろげない。


アダムはリンゴがほしかったから食べたのではなかった。禁じられていたからこそ食べたのだ。


人間とは、顔を赤らめる唯一の動物である。いや、そうしなければならない唯一の動物である。


相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いた通りに、相手が語ったことを再び語ることだ。


人間は顔を赤らめる唯一の動物である。あるいは、そうする必要のある唯一の動物である。


投資した金の利益率よりも、投資した金が返ってくるかどうかのほうが気になる。


人生で必要なものは無知と信頼だ。これらがあれば成功は保証される。


嘘というものは、真実が靴を履いている間、地球を半周は旅することができる。


「卵は一つのカゴに盛るな」と愚かな者は言う。これでは「金を分散し、注意を分散させよ」というに等しい。賢者は言う。「卵は一つのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」と。賢者は投機を戒める。「人生には投機に手を出すべきではない時期は二つある。投機に回せる金がないときと、投機に回せる金があるときだ」と。そして、投資家としての失敗を嘆く。「投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会がなくなってからだ」と。 【覚書き|1894年に出版した「ノータリン・ウィルソンの悲劇」より】


銀行家というのは、太陽が照っている時に自分の傘を差しだし、雨が降り始めるやいなや傘を返せというようなやつだ。


それは十日間の仕事だ。そして、何かが壊れなければ5日で終わるだろう。


カエルを二匹飲み込まなければいけないときは、大きいほうから飲み込むこと。それと、あまり長いあいだ見つめないことだ。


一つの体験からすべてを見ないよう注意しなさい。熱いレンジの蓋に座った猫にならないよう。その猫は二度と熱いレンジの蓋に座らないだろう。だが冷たいレンジの蓋にも二度と座らない。


しつけとは自分のことをどれほど多く考えているか、他人のことをどれほど考えていないかを隠すことである。


マーク・トウェインの経歴・略歴

マーク・トウェイン、米国の小説家。「トムソーヤの冒険」などで知られる。当時最も人気のある作家だった。辛口なエッセイにも定評がある。アメリカを代表する作家

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

会社経営は結果ありきですから、私も、何を大事にするのかを決め、それを実現するために必要なことを粛々と行なっているだけです。


養老孟司

普段、職場で能力のない問題児だと思われていた人物が、状況の変化次第では一番有能な存在になるかもしれない。たとえその人が問題児であっても、様々な人材を抱え込んだ多様性ある職場ほど状況の変化に強いという視点で、職場の人間関係をもう一度捉え直してみるのも一法かもしれません。


金川千尋

好況の時に需給がひっ迫しても、顧客に商品が提供できずに迷惑をかけるようなことが絶対にないように努める。その結果、ロイヤリティの高い需要家を多く確保することができました。好況期に積み上げてきた努力が不況期に生きるのだ。


東海林さだお

ぼくは根気強く持ち込みを続けた。目標は漫画週刊誌だった。10回持ち込んでやっと1回載るというペースが、だんだん2回になり3回になっていった。3回が5回になり、2回に1回は載るというようなペースになっていった。そのうち雑誌社の方から企画ものの注文がときどき来るようになった。そんなことが1年ほど続いた後、「来年からは連載で行こうじゃないの」という声がかかったのである。


枡野俊明

禅には「清風払無塵(せいふう はらいて ちりなし)」という言葉があります。塵は心を縛っている煩悩や雑念を指しており、清らかな風が吹けばその塵はどこかに飛んでいき、残るのは清らかな心だけだという意味です。塵や埃が拭い去られるからこそ、気持ちのいい爽快感を得られる。


窪塚洋介

人生のすべてが伏線だった。


中村芝翫・8代目

大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。


塚本勲

会社がしんどいときは、給与の減額は仕方がないとしても、人減らしはできるだけ避ける。そうして、社員全員で耐えきることが大切です。いずれ景気は回復します。そのときに、時間をかけて育てた人材がいるのといないのとでは、成長力が違ってきます。ここは踏ん張りどころではないでしょうか。


森田英一

仕事をサボっているのに巧妙に仕事をしているふうを装えるのは、一種の才能で、潜在的なポテンシャルが高い場合もあります。かつて私が所属していた職場に、一日中ネットサーフィンばかりしていて、本来の仕事をほとんどしていない社員がいました。ところが、時々海外サイトから見つけた情報を部内にメールで発信していました。それは誰も知らない貴重な情報ばかりで、当初は上司も注意していましたが、最後は根負けして彼に「インターネット担当」の肩書を与えました。途端、彼は水を得た魚のようにものすごく成果を出しはじめました。


ロバート・キヨサキ

私のビジネスに投資しようという会社や、ビジネスパートナーになりたいという人、仕事を請け負ってくれる企業をさがすとき、私の会社では、候補者の経験、専門能力、業績、経営者の性格や社風を厳しくチェックしている。その会社や個人の資質が、私や私の会社の将来にじかに影響するからだ。


佐藤誠治(経営者)

PDCAサイクルの高速回転を徹底するため、行員全員に高頻度での仮説立案を義務付けています。皆の知恵を結集すれば、ものすごいパワーが生まれる。私が経営者としてやるべきなのは、現場の力を引き出すことです。


野坂英吾

大きな変更に関しては、どの経営者も意識しています。しかし、ちょっとした微調整や小さな変化を5個、10個と積み上げることの方が、実は大きな変更よりも何倍も効果があるのです。小さな変化を積み重ねていくと抜本的な変革のきっかけが見えて来るようになります。単純に小さなことを続けるのではなく、常に大変革のことを頭の片隅に置きながら、積み上げていくと、抜本的な変革が出来るタイミングが出てくるので、そのときは満を持して大変革を実行します。そして、また小さな変化を生み出せるベースを築いていくのです。