名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・A・ラングレーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・A・ラングレーのプロフィール

マーク・A・ラングレー。「プロジェクトマネジメント協会(PMI)」会長CEO(最高経営責任者)。

マーク・A・ラングレーの名言 一覧

プロジェクトマネジメントは、単にタスクを管理するためだけのものではない。組織の戦略や変革を効率的かつ効果的に遂行するための手法といえる。最近の変化のスピードが速く競争が激しい市場環境においては、個々の企業が「何を」やっているかでは違いを出しづらい。「どのように」やるかで大きな競争優位性を生み出すようになっており、そこに寄与している。


プロジェクトマネジメントは、IT業界を中心に、最近では金融や製薬、建設など、他の業界でも導入が進んでいる。グローバルなプロジェクトを成功させるためには国境を越えたプロジェクト管理の「共通言語」が不可欠であることに、早くから気づいているようだ。また、日本企業が外国企業に買収されたような場合にも、有効に機能すると考えられる。


どこの国でも同じだと思うが、アメリカでもこれまでは組織によってプロジェクトの進め方がバラバラだった。人が辞めたり異動したりすると、その人が持つ知識や経験も一緒に消えてしまい、新しい人が加わるとその組織独自のやり方を身に付けるのに時間がかかっていたが、プロジェクトマネジメントの手法により、組織の効率的な運営ができるようになっている。


プロジェクトマネジメントは、元は、アメリカの国防総省が国防、航空宇宙などの大規模プロジェクトを管理するために、その手法を体系化したのが始まりとされている。その手法はグローバルで標準化されており、製造、建設、エンジニアリング、化学産業、ITなど幅広い業界の企業や政府、自治体などでも取り入れられている。


成長中の組織にも縮小中の組織でも、必ずプロジェクトは存在する。業界や業種にかかわらず、また規模の大小にもよらない。17年からの10年間に、プロジェクトマネジメント業務に関連する雇用は33%増加すると試算しているが、人材は足りていない。プロフェッショナルのプロジェクトマネジャーは、将来性に富む職業といえる。


マーク・A・ラングレーの経歴・略歴

マーク・A・ラングレー。「プロジェクトマネジメント協会(PMI)」会長CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

古井祐司

若いときは少々無理ができても、病気になる確率は確実に上がります。女性の場合は、40代以降のホルモンバランスの変化に伴う更年期障害や、乳がん等にかかるリスクの増加も視野に入れなくてはなりません。ところが、こうした危険に対して自衛策を取っている人は少数です。その理由として、多くの人が「体調を正確に把握できていない」ことが挙げられます。自分が危険水域にいるかどうか認識できていないため、対策を打つ必要性も感じないのです。


傳田信行

本社への要求の声を出し続けないと、外資系日本法人の経営者は務まりません。いつ辞めても構わないと覚悟を決めて、最終的に会社にとって重要だと思うアクションを取り続けなければならないのです。一時的にでも相手の機嫌を取るようなことをしていたら、すべてを失います。


小川賢太郎

そもそも、父親と母親が同じ考え方では子供は育たない。「お父さんはこう思う」「お母さんはこう思う」と語りかけるから、子供も「じゃあ僕はどう考えればいいの」と考えるようになる。


ヨルゲン・ランダース

未来についての意見は多様であっていいと思います。


近藤宣之

結局最後は「運」。困った時に助けてくれたり応援してくれたりする人たちが現れるなど、運がいい人は、出会いやご縁に恵まれる。再建にはテクニックも必要ですが、一番大事なのは、運に恵まれる社長自身の生き方であり、運を引き寄せられるかどうかは、社長次第だということ。


庄野直之

合理性がなくても、気が済むまでやるのが日本人です。プラスマイナス5%の範囲内の商品を作ってくれと言われても、それ以上の精度の商品を目指すのは、日本人ならではです。こうした気質がビジネスにどう影響するかというと、日本の製品は長持ちするということです。真面目、不真面目というより、日本人のこうした気質はビジネスにおいて、重要な価値があると思っています。


三木田國夫

我々は、物流だけでなく営業もチームで役割分担しています。各々に責任と権限を持ち、さらにそれぞれの社員の一番良い部分を取り入れる「ベストプラクティス手法」を採用しています。


黒川光博

500年続く企業を率いていると、「伝統が大切ですね」と皆さんおっしゃいます。もちろん伝統は大切です。けれど一番大切なのは「今」です。今、生きている皆さん、今、買い物に来てくださる皆さんに最大限の気を配り、おいしいと思っていただける菓子を作らなくてはならない。伝統だけでは今日の仕事はできません。


小川善美

私たちでいえば、携帯だけでモノを売っていくという発想ではなくて、雑誌やテレビなどと組み合わせて売るというのが一つの作戦ですね。また、これからは携帯に限らないと思うんですが、最後は通販としての努力をどれだけできるか。つまり、コストとの戦いだと思います。


田村潤

ミスが出ないようにすることこそプロの責務。ミスの根底には大抵、お客のことを考えていないというプロとしてあるまじき姿勢がある。


奥脇洋子

いまはメールの時代だけに、じかに人と話すことは「生きた言葉」を身につける絶好の機会です。話すことから生まれる気づきや知恵、喜びや活力、そういうことがコミュニケーションのもたらす楽しみであり価値なのです。


高萩光紀

仕事はパパッと速くやって、上司から問題点を指摘されたら、その意を汲んですぐに手直しして提出する。その方が結局いい仕事ができます。馬鹿丁寧にギリギリまで遅くやって上司に持っていっても、上司にしてみれば手直しする時間がなく、困ってしまうものです。