名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

マーク・ローランズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ローランズのプロフィール

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

マーク・ローランズの名言 一覧

サルは自分が何をどれだけたくさん持っているかで、自分を評価する。オオカミはそうではない。持つことなどどうでもいい。オオカミとして存在することが重要なのだ。


マーク・ローランズの経歴・略歴

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

他の記事も読んでみる

堺美保

ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


輪島功一

緊張は素晴らしいことだと思う。もちろんアガって自分がなにをやってるかわからない状態は駄目ですよ。いい緊張感なら感覚が研ぎ澄まされる。相手がこうくるんじゃないかとわかるんです。だから、私は緊張感は大歓迎ですね。


濱松誠

インドでは、ドービー(洗濯人)と呼ばれる人たちや女性がガンジス川で洗濯をしていました。カーストや習慣の一つではあるのですが、苦労して洗っている様子を見ていて、「ここに洗濯機が100台あれば、この人たちも幸せになれるのに」と思った。また、アメリカでは日本の良い点・悪い点を感じて、自然と日本のプレゼンスを上げたいという思いが湧いてきた。そうした経験が背景にあって、松下電器に入社しました。


樋口武男

伸び伸びと意欲的に働けるような環境作りや指導が大事。押さえつけて指示を出しても、それでモチベーションが上がるかといったら、そうではない。納得しないと人のモチベーションは上がらない。


三谷宏幸

富や名声は、結果であって目的ではない。成功の物差しをしっかり決め、ときに厳しいことを言っても、心ある経営者になりたい。


丸山学

起業当初は寝る時間もないほどで、健康に気を配る余裕はありませんでした。事業が軌道に乗って初めて健康のことを考えることができました。やはり一番の健康法は仕事がうまくいくことなのだなと痛感しています。


松岡浩(経営者)

20数年前から「タニサケ塾」といって経営者のための勉強会を開いています。毎月1回、無料で全国から18名の中小企業経営者を受け入れ、トイレ掃除を中心とした1泊2日の体験研修を主宰しています。これは自分の体験や取り組みを紹介することで、少しでも中小企業の経営者の参考になればと志したことなのです。経営者自らがトイレ掃除をすることによって、身体ごと奉仕するという精神を伝えています。あとは宿舎に向かうバスの中で約1時間、成長や進化することの重要性を伝え、社員が知恵を出したら人生も会社も良くなるということをお話ししています。


ニック・バーリー

相手とコミュニケーションを取るためにお互いの共通点を見つけようと、あなたが努力していることが大切。その目的の半分でも達成することができたら、あなたは既に半分以上の目的を達成したのと同じ。そこに大きな意味がある。


勝俣恒久

社会に対して情報を公開すること、品質監査の体制強化、教育や研修を実施することで、「しない風土」「させない仕組み」を構築し、企業倫理を順守した業務運営の実施・定着に取り組みました。
【覚書き|2002年の福島第一原子力発電所データ改ざん事件後、社長に就任し改革を行ったときを振り返っての発言】


岡林理

我々は「世の中にないものをつくる」「世の中のためになるものをつくる」という理念を創業時から持ち続けています。この理念に沿った形で、実際に当社が持つ技術的な強みを生かして、世の中に貢献する事業を一層進めてまいります。


栗原幹雄

アイデアを実行に移すとき、部下や外注先に、自分でせっせと練り上げたイメージを正確に伝えることは、非常に難しい。たとえば、1950年代のアメリカをイメージしたダイナーをつくりたい。と言葉で伝えても、思い描くイメージは十人十色でしょう。しかし、言葉だけでなく、絵で説明すれば、同じイメージを共有できる。だから、イメージの不一致でもめることがなく、自分のアイデアをスムーズに速やかに具現化できるわけです。


宿澤広朗

『私はサラリーマンが嫌だ』という人は多い。その理由は疲れる割に自分の存在感が薄いことだろう。サラリーマンの醍醐味は『組織の長として自分の思うように組織を動かせる』事に尽きる。それを経験せずにサラリーマンを論ずることはできない。なんでストレスがあるかというと、負けてしまうから、仕事がうまくいかないからである。で、勝つためには、相当緻密に考えて、情報を集めて、戦略を伝達して実行させる必要が出てくる。