名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・ローランズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ローランズのプロフィール

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

マーク・ローランズの名言 一覧

サルは自分が何をどれだけたくさん持っているかで、自分を評価する。オオカミはそうではない。持つことなどどうでもいい。オオカミとして存在することが重要なのだ。


マーク・ローランズの経歴・略歴

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

他の記事も読んでみる

渡邊真也(医師)

イライラを表に出されると相手は萎縮してしまい、話しかけることすらできなくなってしまいますから、職場でも、プライベートでも、あらゆる場面で損することになります。多少嫌なことがあっても、表に出さない訓練が必要です。


辻慎吾

できるはずがないと言われていることに挑戦するから森ビルなのだというDNAを受け継いでいく。


橘フクシマ咲江

我々がヘッドハンティングで紹介するのはひとつの機会であって、最終的に決断するのは雇用主と候補者です。そこでできるベストの仕事は、お互いの期待値の差を最小限にすることです。だから絶対に嘘を書いてはいけません。交渉の過程では、報酬の詳細や経営課題について、問題を隠すのではなく事実を具体的に説明し、判断の役に立つ客観的な分析を加えるのです。この仕事は、同じクライアントからの仕事が7割を占めるリピートビジネスです。口当たりのいいことだけを伝えて入社していただいても、結果的に成功しなければ、お互いにとって悲劇になります。


町田勝彦

企業は組織の力で動く。つまり利益を上げるには、組織を構成する社員をいかに育てるかに尽きる。社長一人では何もできない。それが、リストラをせずに終身雇用を守る企業理念にもつながっている。


成毛眞

私が出資の相談を受けたとき、重要視するのは以下のことです。まず経営者の人柄で、私生活が乱れていないこと。分不相応な服装や所持品がないかどうか。浪費壁のある人はまず成功しません。地味でケチな方が見込みはあります。同様にギャンブルする人も向いていません。


澤田秀雄

いつも私が言っていることは、「継続は力なり」です。いかに努力を継続できるか。ベンチャー企業は、創業3年以内に消えるか潰れるかすることが多いのです。資金的に継続できないか、精神的に継続できないか、人材の問題か、理由はさまざまだと思いますが、会社を継続できなくなってしまう。石の上にも3年と言いますが、私の考えでは、3年会社がもてば、この事業でやっていけるのかが見えて来ます。


藤原和博

僕は、教育は伝染、感染だと思っているんだ。だって本好きの人の息子とか娘はやっぱり本好きになりやすいでしょう。


遠山元一

川島屋商店(のちの日興証券)は、いろんな都合のために、個人企業として出発したが、私は私なりに新時代の証券業のあり方については理想と抱負を持っており、株式会社として近代的な企業に持っていこうと、最初から考えていた。そこで、創業1年半にして、早くも株式会社川島屋商店に改組した。


南原竜樹

人間は生まれつきDNAに能力が刻み込まれていて、その通りの人生になりますよ。足の速い子は、中学でも高校に行っても速い。頭のいい奴は、東大に行く。その子に逆転して勝つのは容易ではない。いや、万が一にしか逆転は起こらない。エジソンは、成功は99%の努力と1%のひらめき(才能)といったが、1%の才能が重要なんです。これがなければ成功はしません。世の中はそういう風にできています。だから、商売、ビジネスではその人のDNAに合った戦略が必要です。


西浦三郎

基本的に海外もやりません。でも上場してからパブリックな会社になりましたので、「成長」はしなくてはいけません。けれど「安全性」は非常に大事ですし、「生産性」も上げていかなくてはいけない。この3つを高いレベルでバランスさせることが大事だと考えています。


山田義仁

ある事業が一定のダメージを受ける、あるいは調子が悪くなるというのは今までもありましたし、これからもあると思いますが、何か一つの事業がダメージを受けたらオムロン全体が傾いてしまうような事業構造ではありません。どこかが悪くても別のどこかが支えるような事業構造ができているのです。


堀木エリ子

説得できないなら、継続することでわかってもらおうと決意しました。新しいやり方を採りいれれば、和紙の世界は人の心に響くものとして発展できる、現代建築においても必要不可欠な存在になれる、との揺るぎない思いもありました。長い道のりですが、自分がやっていることが間違っていなければ、いつかはわかってくれると考えたのです。
【覚書き|当初、和紙職人さんたちに企画を理解してもらえなかったことについて語った言葉】