マーク・ローランズの名言

マーク・ローランズのプロフィール

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

マーク・ローランズの名言 一覧

サルは自分が何をどれだけたくさん持っているかで、自分を評価する。オオカミはそうではない。持つことなどどうでもいい。オオカミとして存在することが重要なのだ。


マーク・ローランズの経歴・略歴

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

他の記事も読んでみる

豊田圭一

完璧を目指すのではなく、自分にできることをさっさとやって、早めに書類を提出する。そのうえで上司など相手のアドバイスをもらえばいいんです。いうなれば人の力を借りて完成させる。その方が相手の望むものができるし、自分も楽ですから。


倉富純男

コンパクトシティを目指さざるをえなかったというのが実情です。というのも福岡市には決定的な弱点があった。近くに大きな河川がなく、常に水不足に悩まされてきました。水がないから工場が来ない。製造業も来ない。みんなお隣の北九州市に行きました。ところが製造業に向いていなかったことがいまに繋がりました。工場がないから公害がなく、その対策にお金を使わなくて済みました。海も山も自然が守られ、世界屈指の節水型の都市が出来上がった。そのうちに時代が製造業中心から環境優先へと変わり、福岡が注目されるようになったわけです。


立石剛

よく人脈づくりのために、セミナーなどに際限なく参加する人を目にしますが、このやり方は非効率なので、お勧めしません。ベストなのは、自分がホスト役となって「コミュニティ」を作ることです。たとえば、ビジネス英語など、自分の関心事について「勉強会」を開くといったやり方です。最初は少人数でも、SNSやブログを使って根気よく発信し続ければ、徐々に同じ志を持って共感した人々が現われます。それが、十数人規模の大きなコミュニティへと発展すれば、有益な情報がたくさん集まりやすくなります。


福沢諭吉

学生の中には、日本語は不便で、文章でも演説でも表現しにくいので、英語で書いたり話したりするなどと、取るに足りない馬鹿なことを言う者があります。この学生は、日本に生まれてまだ十分に日本語を使ったことのない男なのでしょう。母国語というのは、その国の物事が次第に複雑になるのに従って増加していくもので、少しも不自由を感じるはずのないものです。何はさておき、現代の日本人は、現代の日本語に習熟して話すことに上達するよう努力すべきです。


浅野敏雄

基盤が違う事業領域を理解しよう、違う事業同士で新しいものを生み出そうというバックグラウンドが旭化成にはありました。ですから、違った領域同士がシナジーを生んで、一体感を生み出せるという意識はお互いに持っています。


杉本八郎

私は大手製薬会社のエーザイに勤めていた時に、世界で初めてのアルツハイマー型認知症の治療薬「アリセプト」を開発しました。実は、私はエーザイでも異色の研究者でした。大学や大学院を出た人が中心の組織で、東京都立の工業高校出身。若い頃は大卒研究員の補助しかさせてもらえず、組合や部活動の剣道に打ち込んでいました。そんな私が奮起し、夜間の大学に通って学士を取り、創薬に没頭。アリセプトをはじめ2つの新薬を世に送り出しました。


小堀秀毅

集団体制の経営は平常時はプラスでも、決断が中庸になりがちで、危機時は後手に回ってしまう。


山下淳一郎

経営とは、「知る」ことではなく、「行う」こと。重要なのは「理論」ではなく、「成果を上げる」こと。


津村記久子

私はシモーヌ・ヴェイユの『重力と恩寵』という本がすごく好きなんです。ヴェイユは考え抜いて、報いられることのない真空を生きなさいと言うじゃないですか。真空になって待ちなさい、偶像を自分で作り出して崇め奉ろうとするなとも言っていて、架空の偶像を崇めないところにこそ恩寵があるのではないかとも書いています。その通りだよなぁと思うんですよ。


ピーター・ドラッカー

生産性とは機械や道具や手法の問題ではなく、姿勢の問題である。換言するならば、生産性を決定するものは、働く人たちの動機である。


イセオサム

体験上、アイデアは移動距離に比例して出てくるので、都内は自転車で移動しています。実際、街を走っていると五感から様々な刺激を受けるので、それがきっかけで、アイデアを思いつくことも多いんです。


山極寿一(山極壽一)

家族が身体的なつながりを根拠にして出来上がっていることを、僕はゴリラから学びました。ゴリラは言葉を使うわけではないのに、10頭前後の群れが1つの生き物のように動きます。僕はこれを「共鳴集団」と呼んでいて、現代で言えばスポーツのチームであり「家族」なんです。スポーツでは言葉ではなく身体でつながり合って連係して動ける。家族も言葉を必要としないくらい、それぞれの身体の個性を分かり合っていて、まとまることを喜びとする集団です。


ロバート・キヨサキ

あなたたちの姿勢こそが未来を形作るのだということを、従業員たちに良く理解してもらうこと。彼らはそのビジョンの大ファンになり、何をするにしても自信があふれるようになるだろう。彼らも、起業家のあなたと同じ情熱とエネルギーを持つようになる。


立花隆

知識を血肉にしていけるかどうかは自身の好奇心にかかっています。好奇心の琴線に触れないものは、その人の脳みそにも、腹の中にも入っては行かない。


藤原健嗣

我々、旭化成の強みは、新しい社会的価値をつくり出していくというところに全員の興味と熱意があることです。それに旭化成はしつこいです。やり始めた以上は、絶対に成功させるまでやります。


ページの先頭へ