名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

マーク・モビアスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・モビアスのプロフィール

マーク・モビアス。アメリカの投資家。「テンプルトン・アセット・マネジメント」代表。ニューヨーク州出身。ボストン大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学と政治学の博士号を取得。テンプルトン・グループに入社しファンドマネージャーとして活躍。その後、テンプルトン・アセット・マネジメント・シンガポール代表を務めた。

マーク・モビアスの名言 一覧

悲観的見方が最大のときこそ一番の買い時。
楽観的見方が最大のときこそ一番の売り時。


マーク・モビアスの経歴・略歴

マーク・モビアス。アメリカの投資家。「テンプルトン・アセット・マネジメント」代表。ニューヨーク州出身。ボストン大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学と政治学の博士号を取得。テンプルトン・グループに入社しファンドマネージャーとして活躍。その後、テンプルトン・アセット・マネジメント・シンガポール代表を務めた。

他の記事も読んでみる

神津里季生

今現在、直面している問題には対症療法も必要ですが、ただ近視眼的なつぎはぎを続けるばかりでは将来に禍根を残すことにもなる。目の前の問題と真摯に対峙しながら、常に次の時代も見据えていかねばならない。


下郷伝平(初代)

一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


澤田貴司

学歴とか職歴とか、履歴書に書かれているキャリアが立派なビジネスパーソンはたくさんいます。でも、本当に質の高い経験をしている人は少ない。ですから採用時には、経験の質をきちんと見るようにしています。ビジネスレポートを書かせたり、プロの連中とディスカッションをさせてみると、ある程度わかると思います。


林文子

いまの若い人は、人に何かを聞いたり、頼んだりしなくても、情報が簡単に手に入るなかで育ってきたので、対人関係が苦手な人が多い気がします。それを克服するには、人と接する経験を数多く積むしかありません。ですから何事も、やる前から結果を勝手に予測しないで、一生懸命やってみる。そうしていると、あるとき、「こうすれば買っていただけるんだ」という営業のコツや自分のスタイルのようなものが体得できるのです。それで、なかなか実績が上がらずにいた部下の営業マンが、急に売れるようになったこともあります。あなたにもきっとそういう瞬間がやってきますから、あきらめずに、張っていただきたい。


金井英之

会話がとまったら周囲にあるものを見て、そこから話題を引き出すとよいでしょう。それには、観察力を働かせることが重要です。一般的に女性はファッションから街の様子まで、様々なものに興味を持ち、観察力に優れています。それに対して、男性は周囲に対して鈍い傾向があります。忙しい毎日の中で、何から何まで観察力を働かせるのは大変ですが、自分が関心のあるものだけでも、よく観察していると、とっさのときに話題にすることができます。


澤田貴司

僕にとって大事なのは、「何を食べるか」よりも「誰と食べるか」なんです。「カフェ アンソロジア」は仲間と会うためのお店。月2回ほど足を運んでいますが、大抵知った顔がいますよ。友人同士を引き合わせたり、独身の後輩のために出会いの場をセッティングしたこともあります。集まるメンバーは多彩ですね。スポーツ仲間もいれば、仕事の仲間もいる。


樋口裕一

実社会で頭がよさそうに振る舞う基本は、やはり論理的な人間に見せることです。「○○の面から見れば賛成だが、××の面からは反対だ」とか、「理由は三つある。ひとつは……」というような話し方を心がけるといいかもしれません。そういう話し方を習慣づけると、中身自体も論理的になってきます。


志賀直哉

素人か玄人かは、その仕事に対する作者の打込み方の相違だ。


本村健太郎

作業のスピードという意味では、人によってそんなに早い遅いの差はないんじゃないでしょうか?実際に仕事をしている時間以外のところで差がついているんじゃないかな。


山田隆持

難しい企画ほど、実行が難しい。企画部門は現場にやれと言うわけですが、現場は「だったらやってみろ」となって、現場と本社が遊離してしまう。実行に入ったらうまくいかないことはいっぱいあります。問題点を見つけて、早く変えないといけない。企画の人はもっと現場に行かなくてはならないのです。


内田和成

働いている人の意識を変えるべき。いい企業に入ると、その時点で「自分の目的を達した」という勘違いをやめた方がいい。


山崎将志

暗くて、いつも怒っているリーダーは部下をダメにすると考えていい。困ったときも、笑顔で対応できるリーダーこそ、今の時代に求められるリーダーなのだ。