マーク・モビアスの名言

マーク・モビアスのプロフィール

マーク・モビアス。アメリカの投資家。「テンプルトン・アセット・マネジメント」代表。ニューヨーク州出身。ボストン大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学と政治学の博士号を取得。テンプルトン・グループに入社しファンドマネージャーとして活躍。その後、テンプルトン・アセット・マネジメント・シンガポール代表を務めた。

マーク・モビアスの名言 一覧

悲観的見方が最大のときこそ一番の買い時。
楽観的見方が最大のときこそ一番の売り時。


マーク・モビアスの経歴・略歴

マーク・モビアス。アメリカの投資家。「テンプルトン・アセット・マネジメント」代表。ニューヨーク州出身。ボストン大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学と政治学の博士号を取得。テンプルトン・グループに入社しファンドマネージャーとして活躍。その後、テンプルトン・アセット・マネジメント・シンガポール代表を務めた。

他の記事も読んでみる

岡島悦子

この人は自分たちの価値観をわかってくれる、と感じてもらうことが大切。


山口拓朗

会話においては、話すより聞くことに重点を置くのが鉄則。人は誰でも、聞くより語るほうが好きです。自分の興味ある話題となるとなおさらです。その楽しさを相手に味わわせてあげましょう。


土屋敏男

ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。


山本真司

誰しも、楽しいことなら熱中して取り組めるものです。そして熱中すると、ランニングハイのような状態に入ります。仕事でも、眠く疲れていても、楽しくて仕方がない。こんな状態をどんな仕事でも生み出せばいいのです。


澤田秀雄

スピードを速くするために必要なのは行動力です。とにかく行動する。ダメだったらすぐに戻ればいいんです。逆に遅かったら、戻るにも時間がかかる。そして戻るに戻れなくなる。


橘玲

フットワークを軽くしておくことも大切だ。家を買ってしまうと、家庭環境の変化に臨機応変に対応できなくなるケースも出てくるだろう。その点、賃貸であれば子供の通学に便利なところに住み、親の介護が必要になればバリアフリーの物件に住み替え、子供が巣立ったら郊外の閑静な住宅地に移ることもできる。収入が減ったら家賃の安いところに引っ越せばいい。


内藤晴夫

エーザイでは、分野ごとに13のユニットをつくりました。各ユニットの長は30代中盤から60近い人までいて、日本人は6人ですね。ベンチャー企業のように運営しています。ただ、このやり方の問題点は、組織が大きくなると威力が薄れることです。ユニットを率いるリーダーの数も十数人が多分限界だと思います。それ以上はだんだん質が低下します。たとえば大企業でそういうユニット編成が100ユニットあれば100人必要ですが、そんなにタレント(有能な人)がいるわけがない。それが、大企業が衰退する原因です。


内藤祐次

医薬品は息長く、あきずに、人の幸せを念頭において一心不乱に考えぬく力からしか生まれてこない。


戸田覚

短時間で多くの仕事をこなしている人に対しては、周りの人は「この人の時間を無駄にしてはいけない」と思うので、周りが時間を合わせてくれるようになります。時間管理をしっかり行うことで、自分の時間の使い方を有利に進めることができます。


二宮雅也

過去の延長線上では、規模の大きい新会社が持続的に成長するのは難しい。経験則から離れて、知恵をぶつけて挑戦してほしいと社員には言っています。


オリバー・ストーン

戦後、日本が豊かになったのは、長期的な展望を描いたからです。短期的な収益を求めず粘り強く国を成長させたからに他ならない。しかし、いまの若い人たちが、前世代と同じような考え方で生きる必要はまったくありません。今日の金融・経済システムの中で若い人たちはそれなりに心豊かな生活をしているのですから。たしかに長期的な展望を描けないのはよくない。でも、いまの成熟した日本において「若者は草食だ――軟弱だ」と問題視して騒ぎ立てる必要はないと思います。


江上治

嫌われる勇気を持って自分の視点で世の中を切っていく。そんなブログやSNSは共感を呼び拡散していく。


山西健一郎

企業の風通しのよし悪しは往々にして経営陣同士の関係性を反映しています。かつては事業部門の縦軸と管理部門の横軸の経営陣の間に連携はありませんでした。しかし今では縦軸と横軸の経営陣が常に連携することが当たり前です。そうした経営陣の一体感には会長と社長の役割分担が大切です。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

大学生のころ、自分の将来のことを考えました。「自分の能力を最大限に引き出して、人の役に立つ」、そんな生き方をしたいと思いました。それを実現する手段として行き着いたのが、「経営者」です。国家公務員になるという選択もあったのですが、当時、官僚が日本を引っ張る時代は終わりつつある、これからは経営者の時代が来ると感じていました。自分の性格を考えると、組織を引っ張るのは向いているようにも思えました。


佐藤洋治

教え方は専門的でなくても、拙くてもいいのです。一生懸命、このことを皆さんに伝えたい、ということが伝わることが一番なのです。一緒に寝泊まりをして、一緒に飯を食いながら、ずっとやり続けていく。これが、教育の一番大事なところだと思います。


ページの先頭へ