名言DB

9425 人 / 110833 名言

マーク・マコーマックの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・マコーマックのプロフィール

マーク・マコーマック。アメリカの実業家。世界的なエージェント会社インターナショナル・マネジメント・グループ(IMG)の創業者。IMGは主に有名スポーツ選手や芸能人のエージェントサービスで大きく成長した。アメリカのスポーツ誌スポーツ・イラストレイテッドでスポーツ界で最も影響力を持つ人物と紹介されている。

マーク・マコーマックの名言 一覧

それまでにないことができる可能性はあるかもしれないと思った。
【覚え書き|アスリートに対するエージェント事業を思いついたときを振り返っての発言】


自分たちの専門知識の本当の値打ちに気付けば、企業はそれを活用して成長の機会をつかめる。わが社のコンサルティング部門のように独立した収益部門を作ることもできるし、商品やサービスに付加価値をつけたり、セールスの売り物にしたりもできる。


スポーツに参入する意欲はあってもノウハウがない企業が多いことに気付き、私たちはようやく専門知識の提供に対して報酬を請求するようになった。いまやコンサルティング部門は当社の成長株になっている。


自分たちの専門知識の本当の価値にふさわしい料金を請求していない会社は多い。素人が同じ知識を獲得するのにどれだけのコストがかかるかわかっていないのだ。我々も最初の10年間はそうだった。この時期、スポーツイベントで取引した企業は1000を超す。スポーツを通じて企業がマーケティング上の目的を達成する方法について私たちは膨大な知識を蓄積していた。当時は、その知識を無料でプレゼントしていた。


経営学修士号というのは、経験から学ぶ能力を邪魔してしまうことがある。私たちが雇った多くのMBA(経営学修士号取得者)は、もともとが単純なのか、でなければビジネストレーニングの犠牲者だった。その結果、現実世界での学習障害者とでもいうか、人の気持ちを的確に読んだり、状況を把握したりすることができないのだ。そのうえ、間違った理解を積み上げる不思議なコツを身につけている。


マーク・マコーマックの経歴・略歴

マーク・マコーマック。アメリカの実業家。世界的なエージェント会社インターナショナル・マネジメント・グループ(IMG)の創業者。IMGは主に有名スポーツ選手や芸能人のエージェントサービスで大きく成長した。アメリカのスポーツ誌スポーツ・イラストレイテッドでスポーツ界で最も影響力を持つ人物と紹介されている。

他の記事も読んでみる

佐久間昇二(佐久間曻二)

よく聞き上手と言いますが、(松下)幸之助さんは言わせ上手。こちらが何でも言いたくなる雰囲気を作ってしまう。


谷口義晴

現在世の中に無いものを具現化するには、歩くしかありません。現場へ出向き、自らの五感で確実な情報をつかむ。その情報を元に、次の世代の企画をプランニングするのです。


小林作都子

とくに年長者は、敬語が不足したり間違ったりしている相手に対して、「なれなれしい」「礼儀を知らない」といった悪い印象を持つものです。


上土達哉

サービス開始当初は「LINEで応募してくる人を採用して大丈夫か?」という声をいただくこともありました。しかしこの2年で、企業と求職者が従来以上に接点を持つことができるサービスとしてご評価いただけるようになっています。


谷原誠

いつも交渉に勝てないと悩んでいる人の多くは、自分の気弱な性格に問題があると考え、そんな自分を変えたいと思うのでしょう。けれど、私が声を大にして言いたいのは「自分を変える必要はない」ということです。ずっと強気な自分を演じ続けられるのならそれはそれでいいでしょう。しかし、多くの場合、本来の自分と演技している自分が矛盾しているとストレスが溜まります。ですから、心の健康のためにも性格は変えない方がいいと思います。また変える必要もありません。


益子修

山登りでも、高い所に行くと景色が変わってきます。以前は小さな成功体験の積み重ねが自信につながると言っていましたが、今はどうやったら競争に勝てるかを考えています。どう生き残るかではなく、どう勝つかという、今までとは違う次元で物事を考えなくてはいけません。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」手帳も「自分が欲しい」が動機ですね。手帳に満足した覚えがなかったですから。
【覚書き|同手帳は年々改良され年間46万冊売れるまでに成長した】


猪瀬直樹

現在のようなスピード優先のビジネス環境では、じっくりと人間関係を築いている余裕はない。人間関係ができていなくても、いかに人を動かせるかが重要。


中嶌武夫

遺伝子工学者の村上和雄先生によると、人間がこの世に生まれ合わせるというのは、一億円の宝くじに百万回連続当選したようなものだそうです。人生とはそれだけ貴重なものであるということ。ならば、残された時間を大切に過ごしたい。遊びたいだけ遊び、おいしいものをたくさん食べ、面白おかしく生きるというのもひとつの考え方でありましょうが、私はそう思いません。自分の立てた目標に向かって一歩でも近づくべく精進努力することこそが、生きがいではないでしょうか。


橋本治

こちらができるのは、吐きだせるものはいっぺんに吐きだしてしまうことです。私が『窯変源氏物語』を書いたときでいえば、光源氏の全盛期の桜を各段階で、ピークの美しさを表現するのだから、ともう桜の美しさについてのボキャブラリーはすべて出しつくしてしまっていいという覚悟で臨みました。それで実際に出し尽くしてしまって、そのあとにも、桜の描写は出てきたのですが、そうなったらまた別のボキャブラリーが出てきました。そんなふうに、何らかの形で吸収しておいたものは出そうとすれば出てくるので、まずは持っているものを惜しげもなく使い切ってしまった方が楽なのではないでしょうか。みんな、そういうところで妙にケチなんだけど、下手にストックをとっておいても自分自身の二番煎じでしか生きていけなくなってしまうと思います。