名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・マグワイアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・マグワイアのプロフィール

マーク・マグワイア、マーク・デイビッド・マグワイア。カリフォルニア生まれのメジャーリーグ選手(内野手)。1シーズン70本塁打を含む、計583本塁打を達成した強打者。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフトでオークランド・アスレチックスに入団、その後、セントルイス・カージナルスへ移籍。新人王、本塁打王4回、オールスターゲーム12回出場など大活躍した選手。引退後はカージナルスでコーチを務める。

マーク・マグワイアの名言 一覧

野球は99%が精神的なものだと思う。
【覚書き:デビュー4年間ホームランは30本台をキープしていたが、打率がじりじりと下がっていっていた。また、離婚など私生活のトラブルもあり精神科に通うことになる。そこで精神科医の指導を野球に取り入れ、メンタルの強化と相手の心理を読むことを学び、多くの記録を叩きだした】


マーク・マグワイアの経歴・略歴

マーク・マグワイア、マーク・デイビッド・マグワイア。カリフォルニア生まれのメジャーリーグ選手(内野手)。1シーズン70本塁打を含む、計583本塁打を達成した強打者。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフトでオークランド・アスレチックスに入団、その後、セントルイス・カージナルスへ移籍。新人王、本塁打王4回、オールスターゲーム12回出場など大活躍した選手。引退後はカージナルスでコーチを務める。

他の記事も読んでみる

鈴木修

後継者の育成っていうのはつくづく難しいと思いますね。難しい。僕は会長になりましたが、社長は5年以上やってもらおうと思って任命してきました。もちろん、無能な人は長くやってはいけません。これまで任命した社長は残念ながら病気で倒れたりしてね。(長男が社長になった)今は獅子が我が子を千尋の谷に突き落とす心境です。


佐治信忠

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。


岡崎慎司

オレは子供のころから高い目標を立てるのが好きだった。手が届きそう、簡単に実現しそう……というのがイヤで。周りから「ムリやろ」と言われるぐらいのほうが燃えるタイプなんです。


マイケル・サンデル

優れた企業のリーダーは、自社の公共的な役割について考え抜くことを決して忘れない。彼らは公共善の追求を含めてリーダーシップを発揮できる広い視野を持っているはずです。


森和夫

零細企業でしたから、ときには取引先から非常に高圧的な対応をされました。悔しさをバネに「いまに見てろ」と思っていました。大手になると力を盾に尊大になる会社は多いですが、取引先やお客様に高飛車になると、相手の中に作らなくてもいい余計な敵対心を生みます。会社が大きくなっていくとき、社員に「謙虚に」「威張るな」と常々言ってきました。


嶋津良智

やればできるというマインドを若いころから醸成することが、将来的に大きな差を生むのではないかと思います。私はあえて「勝てる土壌で戦え」と言っているのですが、自信がないときほど「やればできる」環境に自分を置き、成功体験を積むことが大事です。


久野康成

今も昔も結局、成功も失敗も同じような法則で繰り返される。傍から見れば分かるのですが、自分自身がその当事者になっていると大きなミスを犯していることにすら気が付かないものです。


中野貴志(経営者)

仕様変更はお客様のニーズです。我々がその業務にもっと精通していれば、早い段階でそれに気づき、こちらから提案できたかもしれない。それがプロとしての自負です。


松下正幸

(松下)幸之助の残した言葉の中で、私は「素直」が一番好きなんです。幸之助の言う「素直」は、まさに自然体で、とらわれる心を捨てなさいということです。そして、できるだけ自分を客観的に見る。自分とは別に、それを見ている自分を持つのです。そうでないと、人間には欲や煩悩があるから、それらに引きずられてしまう。それでは、正しい判断ができなくなってしまいます。とはいっても、「素直になる」と口で言うのは簡単ですが、実践するのは難しい。客観的になることも、煩悩を100%捨て去ることも、至難の業です。それでも、いつも「素直でいよう」と心がけて、それに向かって努力することが大切だと思っています。


清水信次

生まれた時代や境遇は、天から与えられた運命。それを嘆いても仕方ない。むしろ感謝して、身命を惜しまずに精いっぱいやるほかない。


倉重英樹

勉強に仕事に励んでいると、お金や時間はすぐになくなります。それでいいのです。若いころから貯金が山ほどあるような人は、使うべきお金を自分に投資していないのではないかと、将来が逆に不安になります。


田中靖浩

行き詰っているときだからこそ、新しい企画が通りやすいはずです。やらされる新規事業の逆で若手が参加したくなるようなプロジェクトを中間管理職が率先して立ち上げる。これなら関わる社員は活き活きと働きます。日本企業の習性で、この中から成功例がひとつ生まれれば、あとはどんどん出てくるでしょう。このことで、より大きな挑戦が許される土壌もできてくるでしょう。