名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・ハードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ハードのプロフィール

マーク・ハード。アメリカの経営者。ヒューレット・パッカード(HP)のCEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。テキサス州ベイラー大学でビジネス学士を取得。卒業後プロテニスプレーヤーになるもビジネスマンに転身。NCR社のサンアントニオ支社に就職。営業マンとして活躍し、地域販売リーダー、世界マーケティング責任者などを経てCEOに就任。低迷していたNCRを再建し、株価を4倍にした。その後、HPからヘッドハントされ、同社の業績を大きく伸ばした人物。その後、オラクル社長を務めた。

マーク・ハードの名言 一覧

ぞっとするようなひどい戦略の下では成功などあり得ません。


シンプルで明快ですが、実行するのが難しい。往々にして優れた戦略というのはこういうものです。


私はリーダーには3つの仕事があると思っています。「戦略を策定する」「戦略を遂行するための仕組みを整える」その様々な仕組みを整えるために「最適な人材を配置」するということです。これら3つをきっちりとできたならば、ビジネスは上手くいくわけです。


企業が革新するには、新しいアイデアや活動に投資しなければなりません。このコストを、いまかかっているコストを削って捻出すべきです。


周囲はひとつの要因を抜き出して、その企業に関する物語をつくりたがりますが、経営者はひとつだけを選ぶことはできません。実際の当社の業績から、私のことを人材に投資し成長を重視する経営者ということもできれば、投資を絞りコストダウンに力を注ぐ経営者と判断することもできるわけです。いずれか一方のレッテルを張った方がわかりやすいということなのでしょう。


大きなビジネスを運営していくうえでは、成長と効率化は常に両方ともやらないといけません。重要なのは、最終的にビジネスで結果を出すことです。「どちらか」を選ぶという選択肢はありません。研究開発に力を注ぎ、販売力やサポート力を高める。並行して、合理化を勧めなければいけません。


勝利を手にしても、いつまでも美酒に酔いしれていてはいけない。すぐ次の目標へと頭を切り替えるのだ。


適切に実行されなければ、ビジョンは幻想に過ぎない。


大学のテニスでは、選手はチームプレーに徹するが、プロテニスは完全に個人プレーだ。私はチームプレーが好きだ。
【覚書き|大学卒業後、プロテニスプレーヤーになるも嫌気がさしビジネスの世界に飛び込んだ理由について語った言葉】


IBMは偉大なマネージャーと有能なスタッフを抱えている。彼らは大きな間違いを犯さないし、自分たちのなすべきことを心得ている。


マーク・ハードの経歴・略歴

マーク・ハード。アメリカの経営者。ヒューレット・パッカード(HP)のCEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。テキサス州ベイラー大学でビジネス学士を取得。卒業後プロテニスプレーヤーになるもビジネスマンに転身。NCR社のサンアントニオ支社に就職。営業マンとして活躍し、地域販売リーダー、世界マーケティング責任者などを経てCEOに就任。低迷していたNCRを再建し、株価を4倍にした。その後、HPからヘッドハントされ、同社の業績を大きく伸ばした人物。その後、オラクル社長を務めた。

他の記事も読んでみる

大谷將夫

いまはロマンを語る人間が少なくなり、本当に残念だと思います。私はもうすぐ70ですが、精神年齢は40代だと公言しています。それは、常に未来志向の夢を描き、その夢に全力で向かっているからです。


佐藤和則(経営者)

当初、周囲の反応は冷たかったですが、フェイスブックで情報を発信し続けるうちに、応援してくれる人が増えました。資金繰りに苦しみ、4回増資する中、見知らぬ人まで出資を申し出てくれるようになりました。


関根純

今年は「イノベーションへの挑戦」をテーマに、インフラ整備、営業や店舗運営責任者のスキル強化に加え、新たなビジネス・オポチュニティの獲得にも前向きにトライしています。これまでドライブスルー、サービスエリア、病院、公園など、スターバックスは常に新たな立地を開拓してきましたが、今後は住宅地に進出することも視野に、繁華街の店舗とは異なるコンセプトでの出店の可能性も探っていく考えです。


能町光香

まずは、断れない人にありがちな考え方を捨てること。それは次のような考え方です。

  1. 「どうせ私なんて……」という自己否定感。
  2. 「好かれないといけない」という八方美人な態度。
  3. 「争いたくない」という平和主義。
  4. 「いい人でいたい」という自己犠牲。
  5. 「好き嫌い」にとらわれる視野の狭さ。
  6. 「みんないい人」と思いたい性善説。

これらの6つの考え方を捨てることが、キッパリと断るための第一歩です。


ゆうきゆう

自分に課すハードルが高いほど、達成できない自分を実感してしまうのです。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


水野和敏

なぜ、モチベーションが下がるのか。答えは簡単です。「欲」で仕事をしているからです。評価されたい、もっとお金が欲しい、名声が欲しいといった欲が満たされないときに、人は挫折し、モチベーションが下がるのです。人間には「求める生き方」と「尽くす生き方」があります。欲ではなく、尽くすために仕事をしている人には、モチベーションの低下はない。そして、世のため、人のために尽くせるのが、プロです。


西川光一(経営者)

我々が参考にしているのはコンビニ業界です。コンビニができる前、例えば町内には営業時間は朝10時から夜7時ぐらいまでのスーパーしかなくて、夜中に歯磨き粉が切れても買いに行けなかった。そこに24時間営業のコンビニが近所にできて、世界が変わったわけです。駐車場も一緒です。かつては駅前や繁華街に大型駐車場があるだけだった。それが、住宅街にも5台、10台という小さい駐車場が広がったのです。コンビニのPOS(販売時点情報管理)システムと同様で、我々もオンラインですべての駐車場が管理できるシステムを導入しました。違うのは、コンビニでは店員がレジで客の年齢層とか性別を入力できますが、無人駐車場はできない。それで始めたのが会員組織なのです。


佐渡島庸平

ずっと、天才は「すごいアイデアがいきなり思いつく人」だと思っていました。でも2人とのつき合いを深めていくうちに、「ブラッシュアップがうまい人」に定義が変わりましたね。
【覚え書き|編集者として井上雄彦、安野モヨコを担当した当時を振り返っての発言】


鈴木茂晴

会社にロイヤリティ(忠誠度)の高い営業マンほど、お客様のリスクに対して敏感になります。そして、細かい点にまで気を配った商品の説明を行い、長期的な信頼関係を築き、成績をあげていくものなのです。


相葉光輝

メモを取ること自体は重要なことですが、多くのビジネスパーソンは、とにかくメモをとる「受けメモ」から抜け出せていません。誰かが言ったことをそのまま書いているだけなので、そこには何の未来もない。見返したところで、それはただの過去。それでもそこに、仕事の答えがあると勘違いして、大事にメモを残す人が多いのが残念です。


田中優子(江戸文化研究者)

今のように、仕事の内容がどんどん変化している時代は、誰にとっても、わからないことがあるのは当たり前です。わからないことはみずから学ぶことが必要な一方、人に相談して、解決することも大切です。ほかの人にも投げかけつつ仕事をすることが、仕事のスピードアップにもつながることを若い人は知ったほうがよいでしょうね。