名言DB

9419 人 / 110788 名言

マーク・ハードの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・ハードのプロフィール

マーク・ハード。アメリカの経営者。ヒューレット・パッカード(HP)のCEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。テキサス州ベイラー大学でビジネス学士を取得。卒業後プロテニスプレーヤーになるもビジネスマンに転身。NCR社のサンアントニオ支社に就職。営業マンとして活躍し、地域販売リーダー、世界マーケティング責任者などを経てCEOに就任。低迷していたNCRを再建し、株価を4倍にした。その後、HPからヘッドハントされ、同社の業績を大きく伸ばした人物。その後、オラクル社長を務めた。

マーク・ハードの名言 一覧

ぞっとするようなひどい戦略の下では成功などあり得ません。


シンプルで明快ですが、実行するのが難しい。往々にして優れた戦略というのはこういうものです。


私はリーダーには3つの仕事があると思っています。「戦略を策定する」「戦略を遂行するための仕組みを整える」その様々な仕組みを整えるために「最適な人材を配置」するということです。これら3つをきっちりとできたならば、ビジネスは上手くいくわけです。


企業が革新するには、新しいアイデアや活動に投資しなければなりません。このコストを、いまかかっているコストを削って捻出すべきです。


周囲はひとつの要因を抜き出して、その企業に関する物語をつくりたがりますが、経営者はひとつだけを選ぶことはできません。実際の当社の業績から、私のことを人材に投資し成長を重視する経営者ということもできれば、投資を絞りコストダウンに力を注ぐ経営者と判断することもできるわけです。いずれか一方のレッテルを張った方がわかりやすいということなのでしょう。


大きなビジネスを運営していくうえでは、成長と効率化は常に両方ともやらないといけません。重要なのは、最終的にビジネスで結果を出すことです。「どちらか」を選ぶという選択肢はありません。研究開発に力を注ぎ、販売力やサポート力を高める。並行して、合理化を勧めなければいけません。


勝利を手にしても、いつまでも美酒に酔いしれていてはいけない。すぐ次の目標へと頭を切り替えるのだ。


適切に実行されなければ、ビジョンは幻想に過ぎない。


大学のテニスでは、選手はチームプレーに徹するが、プロテニスは完全に個人プレーだ。私はチームプレーが好きだ。
【覚書き|大学卒業後、プロテニスプレーヤーになるも嫌気がさしビジネスの世界に飛び込んだ理由について語った言葉】


IBMは偉大なマネージャーと有能なスタッフを抱えている。彼らは大きな間違いを犯さないし、自分たちのなすべきことを心得ている。


マーク・ハードの経歴・略歴

マーク・ハード。アメリカの経営者。ヒューレット・パッカード(HP)のCEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。テキサス州ベイラー大学でビジネス学士を取得。卒業後プロテニスプレーヤーになるもビジネスマンに転身。NCR社のサンアントニオ支社に就職。営業マンとして活躍し、地域販売リーダー、世界マーケティング責任者などを経てCEOに就任。低迷していたNCRを再建し、株価を4倍にした。その後、HPからヘッドハントされ、同社の業績を大きく伸ばした人物。その後、オラクル社長を務めた。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

大型投資のような大バクチができるような組織というのは、トップに権限が集中しているような企業。


川越達也

僕がテレビ番組に出ることで、番組自体を楽しんでもらうと同時に、多くの人に僕の存在を知ってもらうことができます。すると自分が食品会社さんとコラボレーションしてプロデュースした商品も多くの人に手に取っていただける。その結果、関わる多くの人に喜んでもらうことができるわけです。だから少しぐらいしんどくても、批判を受けたとしてもやるべき仕事だと思っているんです。


羽子田礼秀

よく三現主義と言いますよね。現地に足を運び、現物を手に取り、現実を知る。でも、私はそこに「現人」を加えた「四現主義」を唱えます。現地のお客様や従業員と接点を持つことが大事だと思うからです。お客様がおいしそうに試食している姿を見れば、私たちの考えが間違っていないことを確認できます。現地社員の努力も手に取るように感じられる。


横澤彪

失敗の悔しさを忘れないこと、こだわり続けて生きることが大切。そのこだわりがむしろ次なる前進のバネになる。


長谷川聰

「ものづくりの意識」を変えていかなければならないのだ。当たり前だが、技術主導でいいものを作っていれば売れるという時代ではない。用途開発までを手がけるくらいの意識が必要だ。


本田直之

勉強は嫌いでした。高校時代は、それほど進学率が高くない学校に通っていたのですが、その学校の中でも、ビリから数えて七番目とか八番目ぐらいでした。それが高校3年の5月ぐらいに急に変わったんですよ。「先輩に聞く大学受験体験談」みたいな講演会に参加したときに、「俺はすごく成績が悪かったけど、こんな勉強をして早稲田に受かったぜ」という話をしてくれた人がいて、「この人が大学にいけるんだったら、自分だっていけるだろう」と思ってしまったんです。


島野喜三

メーカーが顧客を満足させる製品を作るのは当たり前です。でも、消費者の嗜好に焦点を合わせた製品でなければ、それは本当の需要ではありません。「こういうものが欲しかった」と思わせない限り、お客様がポケットからお金を取り出すことはないでしょう。


大隅良典

自分が面白いと思った道を突き進んでほしい。


吉永泰之

ハイブリッド車ではトヨタとの提携も大切にしていきますが、何より自分たちでどう手を打つかを考えなければなりません。


中村雅知

役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。