名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・ハフェルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ハフェルのプロフィール

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

マーク・ハフェルの名言 一覧

長期にフォーカスして、定期的にリバランス(資産配分の再調整)を実施していけば、投資家はシステマチックに安く買って、高く売ることができる。


長期投資家は、確率は低くても急落が起きる可能性がいつもあることを理解している。予想に伴って問題なのは、人々が想定した理由によって急落が起きることは決してないことだ。


政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。


UBSでは、よく分散されたポートフォリオを組むことをいつも推奨している。それが資産を守りながら増やすベストの投資法だからだ。最もエキサイティングな投資ではないかもしれないが、長期的にリスクとリターンのバランスを取るには最良の投資法であることが長年の研究で実証されている。


マーク・ハフェルの経歴・略歴

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

松尾博人

先日、米国の無人探査車「オポチュニティ」が火星に着陸しました。テレビで放送していたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。火星に降りる際、探査車は激しく地表に衝突しましたが、たくさんの布製の風船にまわりを隙間なく保護されていたので壊れることもなく、着陸しました。実はその布の材料は当社の製品です。ベクトランという高熱に耐えられる高強度繊維なのですが、当社は長い間、こういう独自性があって、狭い分野でもナンバーワン、オンリーワンになれる商品開発に力を入れてきました。


小野寺佑太

実は私は「保険」という言葉があまり好きではありません。「いざというときに備える」という後ろ向きな感じがするからです。リスクヘッジは大事ですが、いざというときが来なくても、掛けた分以上に戻ってくる貯蓄型保険もある。私は専らそのタイプを、主に経営者やエグゼクティブのお客様にご提案しています。保険を使って退職金や大きな投資への蓄えを積み上げることも可能なので、皆さま「保険」を資産形成のツールとして活用されています。


鈴木泰信

組織のあり方にベストはありません。環境の変化に合わせて、思い切って変えることも必要です。積極的に攻めるべき重要局面では、いかに機動的に動ける組織にするが成長のカギを握ります。


安永竜夫

素振りだけではなく、空振りしてもいいから打席に立ってバットを振ってこい。


尾堂真一

日本企業は一般的に、これまであうんの呼吸でうまく回してきたかもしれませんが、これだけグローバル化が進むと、そうはいかなくなってきます。やはり、外国人にもクリアに分かるようなかたちにしていかなければならない。


伊藤雅俊(味の素)

私の趣味は街歩きと料理なのですが、これもマーケットのプロになるために必要な訓練なのかもしれません。歩きながら、食べながら、料理をつくりながら、お客様と同化することができるのです。


諌山敏明

心理学で、セルフハンディキャッピングという言葉があります。「できない」などと自ら限界を決めてしまうネガティブな発言がこれにあたります。ベテランが厄介なのは、過去の事例を挙げて「こういう理由だからできない」「こういうことがあったので、したくない」と、自分以外の何かのせいにして主張してくる点です。


池上彰

人は自分の話を聞いてもらうと、存外嬉しいものです。ましてや、初めて会った人が自分の話を熱心に聞いてくれると、感動すら覚えたりします。自分の話を聞いてくれる相手には当然、親しみを持つし、好感度も増します。反対に、相手の話を聞くのも楽しいけれど、一方的に聞かされると、苦痛になってしまいます。


犬養岬太

印刷業のポイントは、色と価格と納期の3つしかありません。ですから、他社と差別化しようと思えば、他の分野を取り入れる必要もあります。そのひとつがマーケティングであったり、デザインであったりします。


朝倉祐介

私は馬から多くを学びました。どのタイミングで鞭を打つべきか。ときには負荷をかけて修羅場に突っ込まなければいけないときがあります。そうしなければ成長はありません。ただし、つぶしてはいけない。その手綱捌きの重責を実感しているところです。


井阪隆一

日本は社会的な課題がとてもたくさんある不便な社会です。その社会的課題に対して何ができるかを考えていくことが、ビジネスチャンスにつながっています。


森平茂生

うまくいかなかった時だからこそ、学べるものが必ずある。学べば必ず次へのステップになる。