マーク・ハフェルの名言

マーク・ハフェルのプロフィール

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

マーク・ハフェルの名言 一覧

長期にフォーカスして、定期的にリバランス(資産配分の再調整)を実施していけば、投資家はシステマチックに安く買って、高く売ることができる。


長期投資家は、確率は低くても急落が起きる可能性がいつもあることを理解している。予想に伴って問題なのは、人々が想定した理由によって急落が起きることは決してないことだ。


政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。


UBSでは、よく分散されたポートフォリオを組むことをいつも推奨している。それが資産を守りながら増やすベストの投資法だからだ。最もエキサイティングな投資ではないかもしれないが、長期的にリスクとリターンのバランスを取るには最良の投資法であることが長年の研究で実証されている。


マーク・ハフェルの経歴・略歴

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

川越達也

料理人になろうと決めた高校生の頃から、「これからは料理だけをやっていてうまくいく時代ではない」と思っていたので、修業して調理の腕を磨くだけでなく、接客やサービスなどそのほかの部分にも力をいれなければいけないと考えました。そこで、調理の技術にプラスアルファで自分の強みになることを考えてみました。自分のオプションを検討していくと、料理だけでなく、おもてなしやサービスのことも含めて努力していけば、料理の世界で自分のポジションが確立できるのではないか。そう考えたのです。


杉村太蔵

株主になることで、その会社だけでなく政治や経済、あらゆることに関心が向き、勉強するようになる。変な資格を取るよりよっぽどいい。


水上勉

美しい女とは、貧富に関わらず、己を無にして生きている女性のことをいう。私はそのように解釈している。己を無にするといったのは、つまり頭の中をいつも空っぽにして、世間というものの恐ろしさ、美しさ、さびしさを、身に染ませつつ生きるということでもある。


真山仁

現状に不満があっても、とりあえず一度その枠の中で全力を尽くしてみる。その経験はきっとどこかで生きてくるはず。


中原淳

過去に自分が言っていたことを覚えてくれていると、人は好感を持つもの。


小林喜光

新興国を見てください。かつて我々がそうだったように、大人は必死に働き、子供にかける余裕は時間的にも金銭的にもありません。それで子供が怠けるのかというと違います。大人の必死な姿を見て、子供も一緒に頑張るのです。昔は「おやじの背中」という言葉があり、「お袋の背中」でもいいかもしれませんが、最近はそうした姿を見せるという観点が教育から抜け落ちているのかもしれません。


青野慶久

企業は「川上で誰も真似できない技術を持つ企業」と「川下で多くの顧客を持つ企業」の2つに収斂されていく。


吉野佳秀

努力や工夫のないところに成功はない。


出口治明

ビジネスマンに成り立ての頃、ある先輩に「管理職になったら、部下の言うことを良く聞くこと」と教わりました。「賛成か反対か、部下の意見をちゃんと聞けと言うことですね」と聞くと、「そうではない」と言いました。「賛否のような結論は、話を聞かなくても数秒でわかる。大事なのはなぜ反対なのか、なぜ賛成なのか。部下の考え方のパターンを知らないと、その部下を上手に使えないだろう」と言うわけです。


今田耕司

僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


加藤智治

スポーツの世界で一定以上の成績を収めた人には間違いなく高い知性があります。知性がないと勝負に勝てないからです。それから自己管理能力に優れており、リーダーシップも必要な要素ですからチームをまとめ上げることもできます。例えば、当社にインカレや全日本選手権で活躍した元競歩の選手がいます。個人競技ですが、チーム活動でリーダーの資質が磨かれており、現在は店長として活躍しています。


藤田晋

どんな苦境も「復活の目」は必ずある。


枡野俊明

「驚かせてやろう」「引きつけてやろう」などという下心を持って取り組む人は、それが必ず表面に浮き出てきます。下心が少しでも見えてくると、人々は警戒し、距離を置くようになる。謀(はかりごと)は魅力を消し去る。


中田敦彦

僕は、何かをしたいと思うエネルギーが人一倍強い人間です。でも「したい」ことはたいてい、一人ではできない。そこで必要となるのが、できる人。周囲に「これできる?」「できる人を知っている?」と聞いて回ることは必須ですね。


坪田一男

僕はかなり以前から、「ごきげんに生きる」ということにこだわってきた。「ごきげんだから、長生きする」という仮説を立てて研究もしてきた。実際、100歳以上長生きしておられる方には、前向きで明るく、ごきげんに生きておられる方がとても多い。


ページの先頭へ