マーク・ハフェルの名言

マーク・ハフェルのプロフィール

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

マーク・ハフェルの名言 一覧

長期にフォーカスして、定期的にリバランス(資産配分の再調整)を実施していけば、投資家はシステマチックに安く買って、高く売ることができる。

長期投資家は、確率は低くても急落が起きる可能性がいつもあることを理解している。予想に伴って問題なのは、人々が想定した理由によって急落が起きることは決してないことだ。

政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。

UBSでは、よく分散されたポートフォリオを組むことをいつも推奨している。それが資産を守りながら増やすベストの投資法だからだ。最もエキサイティングな投資ではないかもしれないが、長期的にリスクとリターンのバランスを取るには最良の投資法であることが長年の研究で実証されている。

マーク・ハフェルの経歴・略歴

マーク・H・ハフェル。アメリカのファンドマネジャー。プリンストン大学卒業、ハーバード大学博士課程修了、オーストラリア国立大学修士課程修了。米ソニック・キャピタル共同設立者・共同ファンドマネジャー、米マトリックス・キャピタル・マネジメント マネージング・ディレクターなどを経てUBSに入社。UBSウェルス・マネジメント グローバルCIO(最高投資責任者)を務めた。

ページの先頭へ