名言DB

9412 人 / 110637 名言

マーク・ザッカーバーグの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・ザッカーバーグのプロフィール

マーク・ザッカーバーグ、マーク・エリオット・ザッカーバーグ。アメリカの起業家、プログラマ。SNSサービスのFacebook(フェイスブック)創業者。米国ニューヨーク州出身。高校時代友人のアダム・ダンジェロ(のちにFacebookでCTO(最高技術責任者)を務める)とともに「Synapse Media Player」を製作。ハーバード大学在学中に「Coursematch(コースマッチ)」「Facemash.com(フェイスマシュ.com)」「Hot or Not」など、同大学生を対象としたサービスを立ち上げる。しかし、大学側からこれらのサービスを停止させられてしまう。その後、Facebookを開設し、一年間の休学を経て、同大学を中退した。2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。

マーク・ザッカーバーグの名言 一覧

世界をより開かれた、よりつながりの強いものにする社会的な使命を達成するためにフェイスブックを設立したのだ。お金を儲けること自体は目的ではない。


金は要らないんだ。フェイスブックみたいな素敵なアイデアには二度と出会えない。だから売れない。
【覚え書き|フェイスブック立ち上げ1年後、15億ドルで買いたいという申し出に対して】


世界はオープンであればあるほどいいというのが僕たちの考えです。情報が多ければ多いほどよい選択ができ、世の中に大きなインパクトを与えられます。


フェイスブックでは「ハッカーウェイ(ハッカー精神)」という独自の企業文化を育ててきました。これは、「最初から完璧を目指さず、こまめに修正、改善を繰り返すやり方」です。シリコンバレーの本社オフィスの壁に書かれた「完璧よりとにかく実行を」という言葉を見ては、この姿勢を忘れないようにしています。


「速く動いて失敗せよ」、「リスクをとらないことが最大のリスク」という言葉も肝に銘じています。


普通の会社とは違い、僕たちは金儲けのためにサービスをつくっているのではなく、いいサービスをつくるためにお金を稼いでいます。


僕がフェイスブックをつくったのは、会社をつくるためではありません。「世界をよりオープンで、皆がつながり合える場所にする」という使命を果たすためです。


ハッカーは、マスコミではコンピュータへの不正侵入など悪い意味で使われることが多いですが、本来ハックとは「ものごとを素早くやってのけ、可能性を広げる」ことを意味します。
【覚書き|フェイスブック本社の壁に「ハック」と巨大な文字が書いてあることについて語った言葉】


僕がやりたいのは会社を経営することではありません。世界をより良い方向に変えていくことです。フェイスブックはその手段です。


人々が情報をもっとオープンに交換するようになれば、世界はもっと良い場所になる。フェイスブックはその実現を助ける。


最大のリスクは、一切のリスクをとらないこと。非常に変化の早い世界で、唯一失敗が保証されている戦略はリスクをとらないことだ。


僕自身が会社の使命とするところを体現した生き方をしようと思っています。僕の生活でそれ以外のことについてはギリギリまでシンプルにしておきたい。


仕事以外の時間はだいたいガールフレンドと愛犬と過ごしています。家にはあまり家具も置いてないし、すごく質素な生活ですよ。ぼくたちは世界中の人に良いサービスを届けたい。そのためには自分たちが孤立した状態になってはダメだ。


Facebookという会社のカルチャーは非常にオープンです。僕と社員の間もオープンだけど、社員同士でもオープンで密接な交流が図れるようにしています。会社のオフィス設計もオープンです。広い部屋にデスクがずらっと並んでいて、誰も個室を持っていません。僕らが人と会うための会議室はあるけど、それはガラス張りで外から何が起きているかすっかりわかります。


自分が何をやっているか知っていたフリをするつもりはない。最初の何年かは、いつも死の淵にいる気分だったし、Googleがうちみたいな製品を作って、うちが潰されるんじゃないかと心配していた。


振り返られることになるストーリーは、アプリをはじめとするFacebookの上に構築されたものの数々だろう。過去5年間は、人々を繋ぐことが中心だったが、次の5年から10年は、出来あがったこの繋がりの上に何を作れるかが問題だ。


大きな企業変革を経験すれば、以前と同じではいられない。もし僕たちがYahooに売っていれば、彼らは何か違うことをしていただろう。自分の考える会社のビジョンを続けたければ、売ってはいけない。なぜなら、売ってしまったら何かしらの変化は不可避だから。


僕は早くに会社を作ることには否定的だった。大学にいた頃、世界が進んでいく方向について友達とよく議論していて、それが起きるところを見ることはもっと気にかけていた。僕たちはこれ(Facebook)を作ったけれど、会社になるとは考えていなかった。ただ、最高だと思ったから作っただけだった。


マーク・ザッカーバーグの経歴・略歴

マーク・ザッカーバーグ、マーク・エリオット・ザッカーバーグ。アメリカの起業家、プログラマ。SNSサービスのFacebook(フェイスブック)創業者。米国ニューヨーク州出身。高校時代友人のアダム・ダンジェロ(のちにFacebookでCTO(最高技術責任者)を務める)とともに「Synapse Media Player」を製作。ハーバード大学在学中に「Coursematch(コースマッチ)」「Facemash.com(フェイスマシュ.com)」「Hot or Not」など、同大学生を対象としたサービスを立ち上げる。しかし、大学側からこれらのサービスを停止させられてしまう。その後、Facebookを開設し、一年間の休学を経て、同大学を中退した。2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

ネットサービスにおいて小さいベンチャー企業は、自社サービスを個人運営のサービスのように危機感を持って、手間暇を掛けて開発・運用します。大企業が小さなベンチャー企業に負けるのはその点です。ですから、同様の危機感や責任感を感じてもらうために、「ユーザー視点で良いものを作る=プロデューサーの評価」としています。


枡野俊明

この世にあなたと同じ人間はいません。同僚と成績を比べても意味がないのです。禅では、他と比較して心をとらわれることを「妄想(もうぞう)」と呼んでいます。対して、そこから自由になり、目の前のことに集中することを「莫妄想(まくもうぞう)」といいます。大きな成果は、我を忘れて仕事に没頭した「莫妄想」のときに得られるもの。自分が主体となり、いわば自分の色に仕事を染めることができた結果です。


香山リカ(精神科医)

人は「お金を生み出さないものは価値がない」と思いがちですが、生産性のない趣味も楽しむようにしてください。趣味を極めて、毎月の給料を趣味のために使う。そんな生き方も魅力的なのではないでしょうか。そして、それを周囲の人に話してみましょう。そうすると、自分ではちっぽけなことだと思っていることでも、周りが認めてくれることもあります。そうなると、仕事以外にも喜びを味わえるようになります。


山村輝治

加盟契約時に「お金儲けだけが目的であれば、加盟しないでください」とお話しています。過去からずっと事業説明会をやってきていて、恐らく何万人という人が説明会を間いたと思いますが、それでも「やってみようかな」と思った方々が今の加盟店オーナーなので、そういう意味では、同じ共通認識があると思います。


小林保清

それまで会社は順調に発展してきましたが、社員が我々同族の経営者に頼りすぎている面も見られました。上場すれば世の中に無数にある素晴らしい会社と様々な指標で比べられ、厳しい立場に置かれます。それがきっといい刺激になるとの期待もありました。
【覚書き|創業55年にして初めて上場した理由について語った言葉】


佐々木常夫

これからの日本は労働人口が減っていきます。それは「働き方改革」のチャンスでもあります。人がいなければ、知恵を出し合って働き方を見直し、生産性を上げるしかない。


鍵山秀三郎

一回の掃除では何も変わりませんが、積み重ねることで信頼に変わっていく。


長本吉斉

TOEIC学習の基本は、ボキャブラリーの強化と文法の思い出し、リスニングのトレーニングです。それらをできるだけ効率的に進めるために、使う教材はひとつに絞ってください。TOEICのすべての構成を網羅していて、問題ごとに「どこが間違いやすいのか」などの解説が詳しく掲載されているものがお勧めです。


大宮英明

事業ごとにタイム・トゥ・マーケット(市場に製品を投入するまでの時間)が短縮されれば、新しい製品開発に時間を投じることが可能になります。


阿部雅行

私が考える「健康」とは体、脳、心の健康。実現するためには食事と睡眠、運動の3つの要素をバランス良く掛け合わせることが重要です。また、十分な動機と知識があっても行動できなければ、健康の維持・改善には繋がりません。


佐々木常夫

男性だろうと女性だろうと、その人に実力さえあれば、多少時間はかかっても、必ず周囲も認めるようになります。目の前の仕事に集中し、成果を出すことだけを考えればいいのです。


横川竟

不思議なものでライバルがみんなジョナサンの真似をして「有機」を売り物にし始めた途端、お客様が目移りしてジョナサンの来店が減るという苦労も味わいました。食の安全は大変な割に実入りが少なくて、いまの品質を守り続ける限り、これ以上の利益は絶対に出せないと思います。


田中仁(経営者)

突飛な商品であってはいけない。普段のライフスタイルの中の延長線上に新製品がなければ、広がらない商品になってしまう。


有田浩之

相場師の心得的なことは、先輩たちがよく教えてくれました。その中でいまでもよく覚えているのが「遠くの事象でも、一度は自分のポジションと関連付けて考えよ」という教えです。一見、自分が担当しているポートフォリオには何の関係なさそうなニュースでも、それが巡り巡ってどうなるかを考えよということです。


フラナガン裕美子

私は、最初に勤めた会社で、上司からひどいパワハラを受けました。でも、パワハラ上司に対して萎縮したら負けなんです。もちろん、パワハラは許される行為ではありませんが、「ご指導ありがとうございます」とお礼を言うくらいの気持ちで愛情を持って接すると、かえって上司のほうがひるむものです。