名言DB

9419 人 / 110788 名言

マーク・ガーゾンの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・ガーゾンのプロフィール

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

マーク・ガーゾンの名言 一覧

自分とは違うものへの恐れ。それを感じるのは、あなたが弱いからではない。賢明だからこそ感じるのです。でも、賢明なあなたは、その多様性の楽しさも知っている。その多様性との交わりこそが、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれるのです。


一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


私が勧めたいのは、あなたが関わる人たちが使う言語すべてに関心を持ち、積極的に学んでみてほしいということ。すべてをパーフェクトにしゃべる必要は全くありません。あなたの周りで、日本語はたどたどしいが、すごく努力している外国人を見たら、あなたは好感を持つのではありませんか。相手の国の言葉を学ぶあなたも、そう見られるはずです。未熟さを恐れる必要はありません。


あなたの食生活を考えてみてください。すべて国産のものを日本固有の料理として食べる「100%ジャパニーズ」ですか? 中華料理やフランス料理、イタリアのパスタやピザも食べる。なぜなら、おいしくて楽しめるから。映画も、恐らく日本の作品だけでなく、アメリカやヨーロッパの作品も楽しんでいるでしょう。そう、あなたは既に、グローバルな世界を楽しめる人間なのです。日本では、若者の海外留学が減るなど、内向きの傾向が強まっていると聞きますが、それは何とも、もったいない。


マーク・ガーゾンの経歴・略歴

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

他の記事も読んでみる

久保正行

上司の質問に対して、部下が黙ってしまうことがあります。そこで上司に求めたいのは、話題を変えたりせず、答えを待ってあげることです。沈黙を含めて部下の話に傾聴するのは、上司の大事な仕事です。


リチャード・ブランソン

ブランソンの5つの成功法則

  1. 失敗から学んでそれを正す。
  2. リスクから逃げるのではなく、リスクを最小限に抑える工夫をする。
  3. 難しい決断を下すときには、時間をかけて冷静に、すべての選択肢を考える。
  4. リスクを心配しすぎないで、成功の可能性を見つめる。
  5. できない理由ばかりを言う人が多いが、多少の無理をするくらいでなければ、何事も前にすすまない。

レジェンド松下

お客さんに「買いたい」と思わせるために、その商品をとことん使うことから始めます。たとえば包丁であれば、切れ味や使い心地を何度も試します。すると商品の特長がわかり、アピールすべき点も見えてくる。それを素直に伝えるだけで十分説得力は出ます。


安田登

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。


宮内義彦

既得権益に食らいついて利益を挙げるというのは、企業人とは言えない。


小笹芳央

中間管理職の存在意義は、大人数の組織を小さなチームに分け、それぞれのトップを決めることで、組織内のコミュニケーションの複雑さを解消し、より効率的なコミュニケーションを可能にするところにあるのです。


有本隆浩

「変化はビジネスチャンス」と捉えていますので、景気の良し悪しははっきりいって、そう気にしていない。仮に悪くなったとしても、その先にチャンスが必ずある。


午堂登紀雄

たとえば新興国の通貨が暴落しているというニュースを聞いたら、それを儲けに変えられないかと考える。税金を払うときには、安くできる情報はないかと探す。こうした頭の使い方を習慣化していくと、お金を生み出すチャンスはいくらでもあることに気づきます。


吉村久夫

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


坂本光司

私は、会社には「5人」を幸せにする責任があると考えています。かつ、そこには明確な優先順位があります。優先順位の第1位は、「社員とその家族」。そして2番目が「外注先や下請け企業」。3番目が「顧客」、4番目が「地域社会」、最後が「株主」です。こう言うと、「顧客が第一ではないのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。そう、顧客は1番ではありません。顧客を大切にするのは社員の役目。管理職や社長の役目は、社員とその家族を幸せにすることです。私は全国を回って多数の優良企業を取材していますが、こうした企業の社長は、常に社員第一です。