名言DB

9429 人 / 110879 名言

マーク・ガーゾンの名言

twitter Facebook はてブ

マーク・ガーゾンのプロフィール

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

マーク・ガーゾンの名言 一覧

自分とは違うものへの恐れ。それを感じるのは、あなたが弱いからではない。賢明だからこそ感じるのです。でも、賢明なあなたは、その多様性の楽しさも知っている。その多様性との交わりこそが、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれるのです。


一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


私が勧めたいのは、あなたが関わる人たちが使う言語すべてに関心を持ち、積極的に学んでみてほしいということ。すべてをパーフェクトにしゃべる必要は全くありません。あなたの周りで、日本語はたどたどしいが、すごく努力している外国人を見たら、あなたは好感を持つのではありませんか。相手の国の言葉を学ぶあなたも、そう見られるはずです。未熟さを恐れる必要はありません。


あなたの食生活を考えてみてください。すべて国産のものを日本固有の料理として食べる「100%ジャパニーズ」ですか? 中華料理やフランス料理、イタリアのパスタやピザも食べる。なぜなら、おいしくて楽しめるから。映画も、恐らく日本の作品だけでなく、アメリカやヨーロッパの作品も楽しんでいるでしょう。そう、あなたは既に、グローバルな世界を楽しめる人間なのです。日本では、若者の海外留学が減るなど、内向きの傾向が強まっていると聞きますが、それは何とも、もったいない。


マーク・ガーゾンの経歴・略歴

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

他の記事も読んでみる

重永忠

情報は詳細なほど記憶に残りやすいもの。ですから私は積極的に質問します。とくに聞くのは「相手が興味を持っていること」。その人の興味の所在を知るのが、その人自身を知る一番の近道だからです。


朝倉千恵子

初対面の人と上手く会話するコツは、自分が一方的に話そうとしないことです。一方的に話そうとすると、しどろもどろになりがちです。相手にも会話に加わってもらえるように、質問をたくさんすること。「私はこう思いますが、あなたはどう思いますか?」と聞けば、相手も答えてくれます。


板尾創路

日記に書いたことは、ほぼ忘れてます。後で読み返すと、こんなん考えてたんやなと驚くことも。自分の好みを発見できるのも面白い。


高井伸夫

謝るときの頭の下げ方は「深々と」が基本です。両手両足をそろえて上半身を45度くらい前に傾ける。時間にすれば、その最敬礼の状態でゆっくり3つ数えるくらいの長さは頭を下げたままにする。そうするとお詫びの余韻が残ります。自分としては深々と下げているつもりでも、人から見ると首だけちょっと下へ向けた程度にしか思えないことはよくあります。こんなときぐらいは人生最高のお辞儀をしてください。先方が複数人出てきた場合は、一人ひとりに頭を下げてお詫びします。もちろんポジションの軽重で頭の下げ方やお詫びの言葉を変えるような真似をしてはいけません。またお詫びして退出するまで、相手が許してくれそうだと油断して笑顔を見せてはいけません。心から申し訳ないと思っている表情を崩さない気構えが必要です。


ネルソン・ロックフェラー

諸君は我々(ロックフェラー家)が経済的にとてつもない支配力を持っているとお考えかもしれないが、そんなものは存在しない。我々は投資の対象を持っているが、支配権は持っていないのだ。


藤吉泰晴

企業として売上高や利益は重要です。ただ、単純な規模の競争よりも、機能の競争だと思っています。メーカーや小売店、消費者に何を提供していくのか、この機能が重視されなければなりません。


弘兼憲史

漫画家としてのプライドをかけて死守してきたのは、締め切り。締め切りを落とすのは契約違反、社会人として失格です。僕が編集者なら、いくら才能があっても締め切りを落とす人間は使いません。だから、僕はひたすら、「次の締め切りを守るために必死で頑張る」ことを繰り返してきました。毎週毎週、必死に自転車をこぎ続け、気づいたら今に至っていたというのが実感。


田岡信夫

「強者の戦略」というのは、商品のナンバーワンを基礎にして、目標としての地域管理に向けて戦略を立案する。つまり、強力な商品というものを持っているかどうかということが強者の条件である。また、占有率の高い地域において強者の立場にある場合は、こうした強い商品を次から次へと投入しないことにはその占拠率を維持できない。


天野暢子

同じ製品をプレゼンするにしても、機能やスペックをアピールするのか、開発のストーリーを丁寧に語るのか。相手に合わせて変えていくべき。通り一遍の説明をしても、製品の魅力は伝わりません。相手の立場になった気配りや思いやり。プレゼンでは、これが大切。


梶村尚史

最短の睡眠時間で最良の眠りを確保するにはコツがあります。それは自分なりの「リズム」を作ることです。たとえば、いつもは11時就寝で7時起きの人が、ある日、仕事で遅くなり、深夜2時に寝て朝9時起きになったとします。7時間ぶん寝て帳尻を合わせたはずですが、起きたとき「睡眠が足りない」と感じるはずです。なぜなら、急に睡眠の時間帯が変わると、ほかの生理機能のリズムがついていけないからです。