名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・ガーゾンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ガーゾンのプロフィール

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

マーク・ガーゾンの名言 一覧

自分とは違うものへの恐れ。それを感じるのは、あなたが弱いからではない。賢明だからこそ感じるのです。でも、賢明なあなたは、その多様性の楽しさも知っている。その多様性との交わりこそが、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれるのです。


一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


私が勧めたいのは、あなたが関わる人たちが使う言語すべてに関心を持ち、積極的に学んでみてほしいということ。すべてをパーフェクトにしゃべる必要は全くありません。あなたの周りで、日本語はたどたどしいが、すごく努力している外国人を見たら、あなたは好感を持つのではありませんか。相手の国の言葉を学ぶあなたも、そう見られるはずです。未熟さを恐れる必要はありません。


あなたの食生活を考えてみてください。すべて国産のものを日本固有の料理として食べる「100%ジャパニーズ」ですか? 中華料理やフランス料理、イタリアのパスタやピザも食べる。なぜなら、おいしくて楽しめるから。映画も、恐らく日本の作品だけでなく、アメリカやヨーロッパの作品も楽しんでいるでしょう。そう、あなたは既に、グローバルな世界を楽しめる人間なのです。日本では、若者の海外留学が減るなど、内向きの傾向が強まっていると聞きますが、それは何とも、もったいない。


マーク・ガーゾンの経歴・略歴

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

他の記事も読んでみる

佐野恵一

事業を始めた当初、「佐野さん、思いは分かったよ」とか「その理想はすばらしいね」といった励ましの言葉をよくいただきました。しかし、そのあとに続くのはたいてい「でも現実は……」という表現です。しばらくのあいだ「それもそうですね」と話を聞いていたのですが、いまは違います。「佐野さん、理想は分かったからさ」というようなコメントをいただいたら、「これだけは理解してもらいたい、あと5分しゃべらせてください」と堂々と言って、15分くらい話したりします(笑)。そこで黙っていてはダメなのです。押しつけるわけではないけれど、相手にしっかり理念を共有してもらうことが重要です。


藤重貞慶

人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】


江草康二

もともと、イベント専門の会社だったのが、セールスプロモーションまで手掛けるようになったのは、顧客の要望に応えたからです。顧客は単にイベントがやりたいのではなく、プロモーションの一環としてイベントを依頼しています。今ならば、デジタルを生かした企画、さらにはインタラクティブなプロモーション企画まで、当社は提案して実行しています。


オカダ・カズチカ

プロレスって、みんながみんな、ハッピーエンドでは帰れないと思うんですよ。例えば、オカダ対内藤(哲也)の試合で僕が勝つと、内藤ファンは「次、見とけよ」と思う。それが延々に終わらないんです。新日本プロレスは今年45周年ですけど、45年間、終わらないドラマをやっている。何かしらずっと続いていて、一度観たら止められないんじゃないかと思いますね。


犬山紙子

クソバイス(上から目線の持論の押しつけ)はするほうも悪いことと思っていないからたちが悪い。私も過去クソバイスをたくさんやらかしていました。そして、マジメな人ほどクソバイスを真に受けてしまう危険性があります。ちょっとでも苦しくなる前に「これはクソバイスだ」と切り捨てられるようになれれば楽ですよ。


立石義雄

創業者が亡き後、創業家一族の存在がオムロンの求心力になってきたのは事実です。しかし、今後の発展のためには「人」ではなく「理念」を求心力の源泉にする必要があります。分権化やグローバル化によって成長という遠心力が急速に働くいまこそ、企業理念を求心力として、企業統治を行っていかなければなりません。


若松秀夫

日本らしさに対するこだわりは自分なりに持っているつもりです。日本らしさというと、たとえば「生地に和柄を使う」といったことがすぐに思い浮かびますが、私はそれを日本らしさだとは思いません。私は日本らしさとは、機能美に対する飽くなき探求心だと考えています。


秋元康

「50個アイデアを考えて、それを全部捨てて51個目を持ってくるように」と言っているのは、予定調和の答えを消すため。パッと思いつくアイデアが出尽くしたところで、唸りながら捻り出した51個目は、今まで誰もやったことがないものになる。それに、「51個目を」と言えば、言われた側は50個分は頑張るわけですよね。


久能祐子

すべて自分で決めて進んできたことが良かったのだと思う。


玉塚元一

店舗数というのは一つの数字ではありますが、すべてではない。全体、あるいは個店の収益力など、重要なバロメーターはいろいろあります。我々が大切にしているのは個店の強さと品質の高さ。


田村耕太郎

朝型の生活に修正してからは細かいことも落ち着いて見られるようになり、忍耐力や感情をコントロールする力も強くなりました。体調が良いと、いつどんな人と会っても良いミーティングができます。一期一会を逃しません。


北川正恭

自分の経験だけでものを考えると、どうしても視野が狭くなります。本を通じて自分以上に努力している人から学んだり、身近な人たちの経験を聞かせてもらったりすることは、大きな励みになりました。