名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マーク・ガーゾンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マーク・ガーゾンのプロフィール

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

マーク・ガーゾンの名言 一覧

自分とは違うものへの恐れ。それを感じるのは、あなたが弱いからではない。賢明だからこそ感じるのです。でも、賢明なあなたは、その多様性の楽しさも知っている。その多様性との交わりこそが、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれるのです。


一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


私たちの意識には、いくつもの壁があります。ビジネスの世界で考えると、バージョン1.0では自分のキャリアや収入にいいことだけを考える。そうした「自己の壁」を超えた2.0では、部署やチームのことを考える。リーダーとしての意識の芽生えですね。それが、3.0では会社単位で考えるようになる。多くの企業のCEOの意識は、3.0で止まっています。会社の壁を超え、さらに国の壁も超えた利益を考える意識を、次代のリーダーとなる若いビジネスパーソンの皆さんに持ってほしい。そう強く願っています。


私が勧めたいのは、あなたが関わる人たちが使う言語すべてに関心を持ち、積極的に学んでみてほしいということ。すべてをパーフェクトにしゃべる必要は全くありません。あなたの周りで、日本語はたどたどしいが、すごく努力している外国人を見たら、あなたは好感を持つのではありませんか。相手の国の言葉を学ぶあなたも、そう見られるはずです。未熟さを恐れる必要はありません。


あなたの食生活を考えてみてください。すべて国産のものを日本固有の料理として食べる「100%ジャパニーズ」ですか? 中華料理やフランス料理、イタリアのパスタやピザも食べる。なぜなら、おいしくて楽しめるから。映画も、恐らく日本の作品だけでなく、アメリカやヨーロッパの作品も楽しんでいるでしょう。そう、あなたは既に、グローバルな世界を楽しめる人間なのです。日本では、若者の海外留学が減るなど、内向きの傾向が強まっていると聞きますが、それは何とも、もったいない。


マーク・ガーゾンの経歴・略歴

マーク・ガーゾン。アメリカのファシリテーター、リーダーシップトレーナー。「メディエーターズ財団」代表。インディアナ州出身。ハーバード大学卒業。著書に『世界で生きる力 自分を本当にグローバル化する4つのステップ』『中年からの自己実現』。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

年に1、2度フロア中に聞こえるぐらい怒鳴ることもありますが、私が口を出すべき内容やタイミング、怒るべき事柄と状況にはとくに配慮しているつもりです。


永田雅一

私が日活に入って庶務課にいる間、見学者の案内を引き受けていた。私はこの人たちは極力、親切丁寧に扱った。私にはひとつの信念があって、所内見学は単なる見世物であってはならない。映画製作がいかに意義のある仕事であるか、またいかに関係者が真剣に取り組んでいるものであるか、ということを一人でも多くの人に理解させるものでなければならないと考えた。そしてこの方針から、積極的に来訪者を接待した。


ジェイ・エイブラハム

私はビジネススクールどころか、そもそも高等教育を受けていません。基本的に私は、定期的に決まったサラリーをもらうという仕事をしてきませんでした。だれもそういう仕事を私にくれなかったのです。おのずと私の仕事のスタイルは当初から成果報酬という形が主となったのです。企業家が私を信頼して販売を依頼する。実績が上がれば、そのうちの何パーセントをもらうという形です。ありがたいことに、成果報酬の仕事をしていますとひとつの会社に縛られず、工夫次第で数社と掛け持ちで仕事ができました。ずっとひとつの業界にいては、今のような仕事にはなっていなかったでしょう。


金澤悦子

はっきりした目的のある交流会なら、「参加してよかった」となる確率が高い。自分が興味あることについて楽しんだりする会は、仮に出会いがゼロだったとしても、当初の目的を達成できて時間のムダにはならない。実際のところ、読書会、ワインの会、マラソン同好会など、趣味を通じたつきあいのほうが転職や仕事の話につながることが多いようだ。おそらく仕事を離れ、重い鎧を脱いだ素の状態でつきあうので、人間性がよくわかるのだろう。


松本幸夫

余裕をもって時間を見積もれば、その時間よりも早く仕事が完了する場合もあるでしょう。そうした場合に備えて、あらかじめ「余った時間に取り組む仕事」を用意しておくことも必要です。「メールの返信」「商談に使うお店の予約」など、比較的時間をかけなくても済ませられる仕事をチェックリスト化しておくといいでしょう。


藤田晋

アイデアの段階で中途半端に終わらせず、実現に向けて徹底的に詰めることができるかどうか。これができている会社や職場は強い。


山口彰(日本深層心理研究会)

旺盛なチャレンジ精神は仕事をする上でも、成功をする上でも必要不可欠ですが、だからといってあらゆることにチャレンジ精神を発揮しようと試みても、逆に失敗を重ねて一層ひっこみ思案になるのがオチです。得意な分野からトライをして、徐々にチャレンジ精神を回復していくのが賢い方法です。


横田雅俊

部下が行動するとき、その都度、「何のためにやるのか」と聞く。質問すれば、部下は考えざるをえません。自分で考えずに指示どおりに動こうとする部下世代にとっては、「なぜ」と問うことが最大の刺激になるはずです。


吉川美代子

大事なのは「いま最も伝えるべきこと」を一つに絞り、伝えきること。刻一刻と変わる「伝えるべきポイント」を見定める。情報がたくさんある中で、伝えたいことを絞らないと、視聴者が求める情報とズレて、誰も聞く耳を持ってくれなくなります。これは仕事、家庭などでも応用できます。


泉谷直木

どんなに厳しいときでも、チャンスはある。


ジャック・アタリ

国際連盟と国際連合の失敗は、決断を下す手段も、その決断を遵守しない者に制裁を科す手段も、持っていなかったことです。そこで新たに、世界憲法の下に議会と統治機関と司法当局を備える「世界共同体」を構想すべきです。実際に設立するには1世紀以上かかると思いますが、法的な秩序を整えることは急務です。


セオドア・ルーズベルト

栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。