名言DB

9412 人 / 110637 名言

マンジョット・ベディの名言

twitter Facebook はてブ

マンジョット・ベディのプロフィール

マンジョット・ベディ。インド生まれのクリエイティブディレクター。ニューデリー出身。幼少期から外交官の父とともに世界各地を転々とする。17歳のときに来日。俳優、カメラマン、ディレクターなどの仕事で活躍。株式会社ティー・ワイ・オーを経て、広告企画・制作会社の1st Avenueを設立。TVCM、新聞・雑誌・交通広告、ウェブ、フリーペーパー、プロダクトデザイン、企業コラボレーションなど幅広い分野のクリエイティブに携わる。

マンジョット・ベディの名言 一覧

商談にしてもプレゼンテーションにしても、やはり大切なことは相手に信用してもらうことです。もし、途中で話が脱線してしまって、相手の方が自分の大好きなゴルフの話を始めたとしたら、それは私に対してオープンなマインドを持ち始めてくれたことの表れなのかもしれません。それなのに無理やり話を元に戻そうとすると相手の気分を害してしまい、まとまる可能性のあった話をご破算にしてしまいかねないので、細心の注意が必要です。


プレゼン中には単に相手に目線を合わせるのではなく、相手の利き目に焦点を合わせながら話をします。それを2、3回繰り返すと、「私にずっと話しかけてくれていた」という気持ちになって、親近感や信頼感がぐっと増します。プレゼン中に眠ってしまうこともなくなります。


テレビのCM制作にしても、なぜこれだけのお金が必要なのか、どれだけの効果が得られるのかを説明するには、ある程度の時間を要します。大きな予算をとるプレゼンの場合は、別な機会を設けてもらって価格交渉に入る方がいいでしょう。


マンジョット・ベディの経歴・略歴

マンジョット・ベディ。インド生まれのクリエイティブディレクター。ニューデリー出身。幼少期から外交官の父とともに世界各地を転々とする。17歳のときに来日。俳優、カメラマン、ディレクターなどの仕事で活躍。株式会社ティー・ワイ・オーを経て、広告企画・制作会社の1st Avenueを設立。TVCM、新聞・雑誌・交通広告、ウェブ、フリーペーパー、プロダクトデザイン、企業コラボレーションなど幅広い分野のクリエイティブに携わる。

他の記事も読んでみる

白潟敏朗

褒めるときは言葉も大切ですが、心から褒めているという思いが相手に伝わることが必須です。


竹中宣雄

本人の自覚も大切ですが、自覚を促す社風も大切です。つねに「ほんのわずかな違い」を埋める努力をみんながするような社風をつくれるか。そこが、人が育つ会社になるかどうかの分かれ目ですね。


永守重信

当社は若くても意欲のある人には、どんどん仕事を任せ、昇進させる世にしている。もちろん上手くいかなければ降格することもある。挑戦は責任と表裏の関係だからだ。でも、手を挙げれば何度でも挑戦できるから、一度降格しても復活する人はたくさんいる。


中山讓治(中山譲治)

私は想定外の事態のシミュレーションを毎朝、出社前にするようにしています。以前は前日の晩にしていたのですが、夜にすると寝られなくなってしまうのですよ。シミュレーションは、第一三共の社長になるよりずっと前、サントリーにいたころからしています。最初は予測の精度が低かったのですが、繰り返すうちに、精度が上がってきた。いまでは想定外の事態が起こることは、ほとんどなくなりました。


竹下雄真

トレーニングをやるからには、持続することが大事。歯磨きを3週間怠れば虫歯になるように、筋肉も使わなければ衰えていく。歯磨きと同じくらい当たり前のことを続ける感覚で、習慣化していかなければならない。


唐池恒二

お客様は手間に対して価値を見いだしている。


ロス・ペロー

この100ドル札を外に投げて、下にいる誰かを喜ばせてやろうと思うんだ。


永井浩二(経営者)

時代は変わった。お客様のニーズは多様化し、証券会社の役割は大きく広がっています。お客様お一人お一人のニーズを把握し、解決策を提案できる人材を増やさなければ、当社は生き残れない。


前川孝雄

管理職になりたてのころは、上司はこうあるべきだという理想に縛られて力が入りがちです。しかし、課長になったからといって、すぐにマネジメントが上手くなるわけはありません。上司としての自分に自信がないなら、正直に部下に打ちかけるのがいい。「初めての管理職で至らない点があるかもしれないが、そのときは遠慮なく言って欲しい」と。部下も心を開きやすくなり、コミュニケーションもスムーズにいくはずです。


井上高志

起業してから不動産会社さんに営業して回ったときも、利他主義を貫き通しました。そもそもパソコンを使ったことがないお客様が多く、「パソコンの電源がつかないからきて」と本来パソコンの販売元が対処すべき電話がよくあったのですが、すぐにかけつけていた。また、お客様の社員を集め、インターネットの無料講習会も開いていました。休みがなくなりたいへんでしたが、そうした姿勢が実を結んだのだと思います。


三枝匡

経営リーダーが戦略を明確に打ち出し、それに共感した社員がダンゴになって本当に走り始めたら、これが同じ会社なのかと思うくらい何倍もの働きを始めます。


倉重英樹

あなたが「この人にはついていきたくない」という上司の下にいるなら、不幸であると同時にチャンスでもあります。反面教師にすればいいのです。若いうちは四の五の言わずに、すべてを学びのための機会ととらえて欲しいのです。


西加奈子

尊敬する先輩作家の角田光代さんや北方謙三さんが、筆力を高めるために、とにかく短編を書き続けたとおっしゃっていて。あれだけの作品を書かれている方々が、そうした努力をされてきたなら、私はもっと努力しなければいけないと、修行のつもりで(短編を)書き始めました。


弘兼憲史

僕は漫画を描いているとき以外は、すべてオフと考えています。自分にはオフがない、という恨み辛みもまったくありません。ラジオの収録もオフですし、取材を受けているときもオフ。仕事の合間にオフをどんどん挟み込む、遊びを取り入れる。それを意識しているのが僕のスタイルです。


小林和之

僕は営業にいけと言われたので、それだったら辞めると。そうしたら当時の社長が「お前、面白いな」と。希望を聞かれて「自分は制作以外にはいきたくない」と答えました。すると「それもわかるけれど、エンドユーザー(商品の購入者)を理解するために営業はやったほうがいい」と。それで6か月間、制作と営業兼務になりました。1日、1~2時間しか寝ない日もあった。営業をやったことで、売り方を考えなければダメだなというのはよくわかりましたね。