名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マロン(板井典夫)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マロン(板井典夫)のプロフィール

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

マロン(板井典夫)の名言 一覧

今は簡単な料理が喜ばれるけれど、一つ二つ手間をかけることも大切だと思う。この形、この厚さに切るからこそ、見た目が美しくなり、おいしさにつながる。そういうポイントはきちんと伝えていきたいですね。


50代になって考えるのは、後の世代にどうつなげていくかということですね。それもあって、地方でイベントをしたり、子供のための味覚教室で講師をしたり。この前は小学校で味覚の授業もしたんですよ。


マロン(板井典夫)の経歴・略歴

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

他の記事も読んでみる

津田倫男

社内抗争に敗れた人が敗北を引きずったまま第二の人生を送るケースがあります。こういう人は自分を負かした人への憎さから、なんとか見返してやろうという発想ですべてを回そうとします。別の会社に転職しても、前の会社の動向が気になってしょうがなく、下手をすると妙なちょっかいを出したりします。そんなことをしても何のプラスにもなりません。まずネガティブな感情を捨て去ることです。


山久瀬洋二

英語はツールに過ぎず、それをどう使うかをきちんと押さえておけばビジネス会話は成り立ちます。必要になってくるのは、業種特有の専門用語を覚えることくらいでしょう。


ケリー・マクゴニガル

つまずきに直面したときに、カギとなるのは再び目標に向かっていくのだという意志を持つこと、そのために役立つ助言を受け入れ、必要な情報を入手して、必要ならばほかの人たちの助けを借りることをためらわないことです。


金井壽宏

日本でもその激務を考えると、若くて有能な人がCEOになるべきではないでしょうか。それに若ければ、長期の視点から経営もできます。


堀場雅夫

堀場製作所の売上高の6割以上を海外市場で挙げており、社員の比率も4700人中6割が外国人だ。人事にしろ税務、法律にしろ、あらゆる問題の大半は外国人や外国政府との間に発生している。そのため堀場製作所の幹部は、単に外国語ができるというレベルではなく、海外に赴任して実際に現地当局と規格づくりのやりとりを経験するといった濃密な海外経験が不可欠となる。だから当社では、役員へ登用する際に海外赴任経験を最低条件としている。


曽野綾子

既存の政治家を幻滅させている最大の要因が「ポリティカル・コレクトネス(政治的妥当性)」です。政治など公の場で人種や宗教、性別、職業などで差別や偏見を含まない、中立的な表現を用いることです。その姿勢を全面的に否定するつもりはありません。しかし、いくら差別的な表現や偏見を封印しても、人間からそれらの感情をなくすことはできないことも認識しなくてはなりません。人間とは、「善と悪」「天使と悪魔」の二面性を併せ持つ複雑な存在なのです。


スティーブン・コヴィー

収穫の法則というものがある。蒔かれたものを刈り取ることができるということであって、それ以上でも、それ以下でもない。自然の法則は不変であり、正しい原則に生活を合わせれば合わせるほど、我々の分別は高まり、世界の本当の構造を理解でき、パラダイムは正確なものになってくる。


前原金一

いまの学生たちは大企業ばかりを志望する傾向にありますが、中堅・中小企業にも有望な企業はたくさんあります。重要なことは、自分にとって、やり甲斐のある仕事・企業に巡りあうこと。


能町光香

出世する人は、社内の小さなニーズに気づいて、貢献していく人。そのケアの積み重ねが上司や周囲の人の信頼を得て、大きなチャンスをもらえる。


小松節子

毎春、全3拠点に昇給金額の根拠やベースアップの有無の理由、手当の改定について、文書にしてきちんと説明します。納得して働いてもらうことが大切だからです。


林文子

お客様がショールームにいらっしゃったら、真っ先に「お忙しいなか、わざわざ足を運んでいただいて、本当にありがとうございます」という感謝の気持ちを全身で表現するようにしていました。具体的には、お疲れの様子であれば、ソファーに座っていただく。暑い日であれば、冷たいお茶を差し上げるといった具合にです。その次に、お客様のよいところを素早く見つけてほめるんです。このときのポイントは、買うか買わないかではなく、「どこからお越しになったのか」「素敵なお洋服だな」というように、そのお客様個人に関心をもつこと。そうすれば自然と、「そのハンドバッグ、とても素敵ですね。じつは私も、同じくらいの大きさのものを探していたところだったんですよ」と、ほめ言葉が出てくるものです。ほめられて嫌な気がする人はいません。だから、スムーズに商品説明へと入っていくことができるんです。


羽鳥兼市

最近は不況でクルマが売れないとか、若者のクルマ離れが深刻だとか聞きますが、それは我々自動車業界がクルマを通じた夢を提供してこなかったからだと思います。でも、それが変わり始めています。これから燃費の優れた電気自動車などが登場すれば、低料金でどこへでも行けるようになるでしょう。そう考えるとワクワクしませんか?クルマを持った方が豊かな生活が送れると実感できる日が、また必ず来ると思います。