名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マロン(板井典夫)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マロン(板井典夫)のプロフィール

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

マロン(板井典夫)の名言 一覧

今は簡単な料理が喜ばれるけれど、一つ二つ手間をかけることも大切だと思う。この形、この厚さに切るからこそ、見た目が美しくなり、おいしさにつながる。そういうポイントはきちんと伝えていきたいですね。


50代になって考えるのは、後の世代にどうつなげていくかということですね。それもあって、地方でイベントをしたり、子供のための味覚教室で講師をしたり。この前は小学校で味覚の授業もしたんですよ。


マロン(板井典夫)の経歴・略歴

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

他の記事も読んでみる

白取春彦

仕事中に人生のことを考えてしまうのは、たいてい仕事でうまくいかないことがあったり、仕事がイヤになったりして、逃避したい気持ちがあるから。仕事のことを考えたくないから、人生のことを考えているフリをしているのです。そういう状態で頭の中で人生についての理屈をこねまわしても、ポジティブな気持ちは持てません。


佐々木常夫

資格を取得しても、会社の仕事に直接役立つことはほとんどありません。向上心から勉強がしたいのなら止めませんが、「資格を取れば専門性が高まる」などと期待をしてはいけません。それよりも、目の前の仕事に真面目に取り組み、成果を出すよう努力していれば、心配しなくても、必要な程度の専門性は得られるはずです。


村岡恵理

更年期の「更」は「あらためる」と読み、元来、「刷新する」とか「よみがえる」という意味。つまり変調の症状は、「そろそろ生活を刷新してよみがえる時期に来ましたよ!」というサインと捉えることができる。


桑野光正

私がダイクマ茅ヶ崎店店長をしていた当時、親会社イトーヨーカ堂の伊藤雅俊名誉会長が店舗視察に来られたことがありました。一介の店長に過ぎない私は一番後ろに控えていたのですが、伊藤さんは私を見つけると「君が店長か?」と声をかけてくださり、売り場づくりのコツをいろいろと教えてくださりました。そのときに強く印象に残ったのは、創業経営者の徹底した現場主義です。すべての課題と答えは現場にある。だから、伊藤さんは現場の責任者の私に直接、いろいろ伝えたかったのだと思います。


いっこく堂

ずっと自分を信じてやってきたし、それがどんな反応だったとしても、全てにおいて自己責任がいい。昔から、常に「選んだほうが正解」だと信じているので、いったん決めたら全く躊躇はしないです。


安野モヨコ

漫画家とは絵で読者にエネルギーを伝える職業ですから、きちんとしたものを食べて、体調を整えて、自分にエネルギーのある状態で作品は描きたいな、と私は考えています。


ジーコ

誰もが勝つためにここに来ている!


熊谷正寿

1、2番しか憶えてもらえない。だからこそ、ナンバーワンにならなければいけない。


出口治明

先日、グーグルの人事担当者と話す機会がありました。そのとき聞いたのは、グーグルの人事部が社員の情報として管理しているのは、名前とこれまでのキャリア、あとは今、何をやっているかだけだそうです。国籍はおろか、年齢、性別すら管理していません、と。一部の先進企業の取り組みだからと、対岸の火事ではいられません。日本でもこれからは、意欲と能力があり、職場に行ける体力がある人は、いくつになっても働ける、いや、「働くべき」世の中に変わっていくのは確実でしょう。


巻誠一郎

いいところはいろんな人が指摘してくれますし、自分で見ようとしなくても見える。でも悪い部分は指摘してくれる人も少ないし、自分で見つめて修正するしかない。


国部毅(國部毅)

我々は受け身ではなく、能動的に自らを変え、新しい価値を提供することで、企業、産業、社会の変化をリードしていく存在になりたい。立ち止まるということは、後退するということですから。


家訓・社是・社訓・経営理念

フランスベッドの営業訓

  1. 信念を持て。信念は心の糧。何ごとも打破する強力な武器である。
  2. 一秒を二秒に生かせ。時間は黄金にまさる。
  3. 無理な仕事でも一度はやれ。やらずして結論を出すのはもっとも危険である。
  4. 仕事に情熱を持て。失敗するか成功するかは人の能力よりも、情熱の度合いによって決まってくる。
  5. 創意工夫を忘れるな。アイデアの泉は尽きることなく、君と企業を繁栄に導いてくれる。