マロン(板井典夫)の名言

マロン(板井典夫)のプロフィール

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

マロン(板井典夫)の名言 一覧

今は簡単な料理が喜ばれるけれど、一つ二つ手間をかけることも大切だと思う。この形、この厚さに切るからこそ、見た目が美しくなり、おいしさにつながる。そういうポイントはきちんと伝えていきたいですね。


50代になって考えるのは、後の世代にどうつなげていくかということですね。それもあって、地方でイベントをしたり、子供のための味覚教室で講師をしたり。この前は小学校で味覚の授業もしたんですよ。


マロン(板井典夫)の経歴・略歴

マロン(板井典夫、いたい・のりお)。日本のフードスタイリスト、歌手。長崎県生まれ、佐賀県育ち。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、料理研究家とインテリアスタイリストのアシスタントを経て独立。

他の記事も読んでみる


伊藤淳史

いい仕事をするためには、ときに仕事を忘れて何かに集中することが大事。新しい気持ちで物事をとらえられるようになるから。


星野佳路

今後の100年で最も大きな影響があるのは、私は人口減少だと思っています。東京は、過去100年で良いものを壊したかもしれませんが、何だかんだ言っても日本の中心でした。しかし、このまま日本の中心にいるだけでは、人口減少に転じたときのインパクトが非常に大きい。事業者としては怖さがあります。やっぱり、会社をグローバル化させなくてはいけないという発想になる。私が東京に期待するのは、日本の中心からアジアの中心に舵を切れないかということなんです。アジアの中心になるためには、マルチナショナルな都市にならなければいけないと思っています。そこにはすごくマイナスの面もあるでしょう。テロや失業、それに伴う排他的な動きなども出てくるかもしれない。それらを乗り越えて、東京がアジアの中心になるという。覚悟を持てないだろうか。もし持つことができれば、(グローバル化するより)この国でしっかり事業をする方がいいかもしれないと思えてきますよね。


家守伸正

つたない英語でも直談判した方が覚悟が伝わる。


井植歳男

小さいながらも会社をこしらえ、その社長ともなると、責任は急に重くなった感じである。事業の成否は、すぐさまこれを取り巻く多くの人々の幸福につながっている。必ず発展させなければならないと誓いを新たにした。
【覚書き|三洋電機を株式会社化したときを振り返っての発言】


内藤誼人

謝罪の言葉は当然必要ですが、それだけで先方が納得することはないでしょう。誠意も大事ですが、目に見える形で自ら罰を受けることを表明するのです。不良品に換えて納品し直すときに納品数を割り増しする、また次回納品分の料金を大幅に値引く、といった先方にメリットとなるような対処がコトを収めるのにはもっとも適切といえるでしょう。表面上は渋い顔をしていても、贈り物や割引というご褒美がうれしくない人はいないのです。


和田秀樹

結果が出なければ、検証して、すぐにやめ、新しいやり方を模索すべきです。愚直に努力を続ければいいと思い込むのは、いつまでも時間と労力を浪費するだけ。その意識を豹変しなければ、決して新しいスタートは切れませんよ。


寺田和正

新しいことをしなければ、他社がどんどん同じようなことをするでしょう。次にどんな新しいものを提供できるかを常にプロモーション戦略として考えています。


ページの先頭へ