名言DB

9413 人 / 110706 名言

マルティン・ルター(神学者)の名言

twitter Facebook はてブ

マルティン・ルター(神学者)のプロフィール

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

マルティン・ルター(神学者)の名言 一覧

死は人生の終末ではない。生涯の完成である。


私の名と信望はすでにむしりとられています。たったひとつ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれをとろうと思っても、せいぜいほんの1、2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできないのです。


マルティン・ルター(神学者)の経歴・略歴

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

他の記事も読んでみる

プラユキ・ナラテボー

欲望という厄介な力に打ち克つためにはどうしたらいいのだろうか? 「忍耐は煩悩の炎を焼き尽くす最高の力である」というブッダの言葉がある。「煩悩」とは、怒りや欲のような心のネガティブなパワーを総称した言葉である。そういった心のパワーに抗しうるものこそが「忍耐力」であると、ブッダは説いている。


稲盛和夫

私が塾長をしている盛和塾には、中小企業の経営者の方がたくさん集まっておられます。私が、「あなたはなぜ会社の経営をしているのですか」「経営にはビジョンとミッションが必要なのではありませんか」「会社をよくしようと考えたら、まずはみなさんの考え方から変えていかなくてはならないのではないですか」といったお話をしますと、みなさん「ハッ」と驚かれます。それまで、自分の会社の利益というミクロな問題にのみ汲々としていた経営者が、自分の仕事の大義とは何かに目覚め、思考がほぐれていくと、急に視界が拓けるように感じるのではないかと思います。大義を考えることには、こうした効果があるのです。


堀内伸浩

初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。


竹内謙礼

書籍は、タイトルで売れ行きが大きく変わる。裏を返せば、タイトルが冴えないと、いくら中身がよくても、手にとってもらえないということ。企画書も同じで、タイトル次第で、じっくり読んでもらえるか、そうでないかが決まるのだ。


分林保弘

京都は伝統と革新の街です。私は京都御所の近くの室町で生まれました。父は能楽師、母はお茶の先生ですが、家の周りは呉服屋だらけ。そんな環境で育ちました。でもその一方で、京都には島津製作所やオムロン、京セラ、日本電産、ロームなど、最先端の電子機器メーカーも数多くあります。古いものと新しいものが混在しているのが京都です。


秋山智史

方向さえ間違っていなければ、懸命に続けていく。それが、先輩たちから学び、受け継いでいくべき我が社の伝統だと思っています。


澤田秀雄

どんなに正しいことを言っても、定着しないと意味がない。毎日たばこを吸っていた人に、「明日からは一切やめろ」と命令しても、陰で吸うでしょう。これと同じで、悪弊を急にやめさせようとすると、禁断症状が表れます。つまり、社員のモチベーションが低下するなど、混乱が起こります。それを避けるため、時間をかけて文化を変えていきます。


横田英毅

仕事で何が一番大切かといえば、やりがいを感じられることです。会社経営をする上で一番大切にしなくてはならないのは、社員一人ひとりのやりがい、ということになります。


クリス松村

インストラクターを始めたとき、最初はなかなか生徒さんが集まらなくて。1回のレッスンに集まるのはほんの数名程度。さみしい光景でした。そんな、ある日、先輩のインストラクターから、こんなことを言われたんです。「クリスって、普段はオネエ言葉ですごく面白いのに、どうしてレッスンになると、普通の人になっちゃうの? いつものクリスのほうが断然いいよ」そうなんです。私、親しい人の前ではオネエキャラを出してたんですけど、生徒さんの前では普通の男性を演じてたんです。なんだかんだ言っても、知らない人にカミングアウトするのって、勇気がいるんですよ。けれども、先輩の言葉でふっきれました。よし、オネエ全開でやってみよう。どうせなら、昔から自己流でやってたアイドル・フィットネス(歌手の振り付けをベースにしたダンス)も取り入れようと心に決めました。数日後のレッスンで私は大変身。オネエキャラ100%で踊りまくりました。すると、スタジオには活気と笑い声が充満。翌日から、生徒さんがどんどん増えて、あっという間に連日超満員のクラスになりました。そうこうしているうちに、オネエのインストラクターとしてテレビに出ることになり、いまの私に至っています。あのときに本来の自分をさらけ出したからいまの私がある。


佐藤博樹(社会学者)

現状では、30代前半の社員を海外に出す企業が多い。これは人材育成を目的とし、国内で複数の部署を経験してから海外に転勤させようと考えるからだ。しかし、30代前半は結婚したり、子育てをはじめたりと転勤が難しい家庭も多い。優秀な人材の流出を招きかねない。人材育成を考えるなら、もっと若いときに海外に行ってもらうのはどうか。


柴山政行

会計において、売上と設備投資は同額程度という鉄則がある。100万円の設備投資からは、100万円の売上を生まなくてはならないという考え方だ。この鉄則を守れなくなったら、撤退のシグナルが点滅し始めたと捉える。


香山リカ(精神科医)

「人間が苦手」という人のほうが、前向きな演技には向いているのです。なぜなら、「いつもとちょっと違う自分」よりも「まったく違う自分」になるほうが、ずっと簡単なことだからです。そういう意味では、中途半端に明るい人よりも、「自分は暗い」と自覚している人のほうが、その気になったら「人づき合いの得意な人」に化けられる可能性があります。


粟田貴也

もちろん私にも迷いや不安はあります。しかし、挑戦することのリスクよりも、何もしないリスクのほうが大きいと思えば、勇気が湧いてくるものです。


石川康晴

学校を出て、紳士服店で働きました。その後約3年近く修行という名のもと、アパレルでの仕事をして23歳のときにクロスカンパニーを創業しました。


西成活裕

選んだ研究は難しいだけに、たまに問題が解けるとうれしいんです。でも、ほとんど解けなかったから、当時の私は暗かったですね……。一年間で365日あるうち、だいたい360日ぐらいは暗いんです。でも、一年のうちでたった数日ほどは、太陽の日が射すように思える日があった。その感激と言ったら潜水艦が深海から急に浮上していくみたいなところがあった。そういう感覚がなければ研究者って長くはやっていけないのではないでしょうか。