名言DB

9429 人 / 110879 名言

マルティン・ルター(神学者)の名言

twitter Facebook はてブ

マルティン・ルター(神学者)のプロフィール

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

マルティン・ルター(神学者)の名言 一覧

死は人生の終末ではない。生涯の完成である。


私の名と信望はすでにむしりとられています。たったひとつ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれをとろうと思っても、せいぜいほんの1、2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできないのです。


マルティン・ルター(神学者)の経歴・略歴

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

他の記事も読んでみる

立川志らく

タレントになったからといって、すぐに仕事ができるわけではない。これからどうしようかと考えていたところ、落語家だから何か話せるだろうということで、コメンテーターの仕事が舞い込んできた。苦手意識のある仕事であったが、そもそも落語家は「世情の粗(あら)で飯を食い」と言われるほど、枕で世の中の時事ネタを笑いに変えてきた。その要領でコメンテーターをやってみようと発想を変えたところ、このスタイルが受け入れられた。すると、TBSの「ひるおび!」という番組でレギュラーをもらうようになり、ここから仕事の幅が広がっていった。


中野裕(経営者)

社員と何度もコミュニケーションを取り納得してもらうこと、相手の声を理解することが一番重要。


藤原和博

リクルートには営業マンは「客先の担当者を偉くすることを目標にせよ」というのもありました。ある大手銀行の採用担当者のところへ営業に行った際、採用広告をいただく糸口がつかめず、結局、受注できたのは、資料請求ハガキの集計発送業務だけでした。しかし、小さな受注とはいえ、先方の担当者にしてみれば、繁雑な業務をアウトソーシングできたわけで、社内では鼻高々です。ひょっとすると、仕事の権限が増したり、昇進するかもしれません。そうした小さな積み重ねが、将来の受注拡大につながるのです。


冨田和成

私は、PDCAの「A」を「ACTION(改善)」ではなく「ADJUST(調整)」と定義しています。改善のみならず、期日の伸長や計画の継続・中止など、様々な調整が必要だからです。ただし、的確な調整は、前段階に的確な検証があってこそ。検証がなければ調整もできず、結局なんの結果も出せずに、「P(計画)」や「D(実行)」にかけた時間や労力がムダになってしまいます。


野村忠宏

オリンピックに出るような選手は子供の頃から強く、注目されていた人が多い。でも私は、ずっと弱かった。体は小さく、力もそれほど強くない。そうした中で、どんな柔道をしたらよいのか、いろいろ模索してきました。


高田明(ジャパネットたかた)

エンターテインメント性がなければ、お客様の気持ちを動かす事はできない。


吉野真由美

アポイントは、商談の約束を取りつけるためではなく、最後に契約をいただくための活動です。そのためには、「自社の商品やサービスが足りないがために悩んでいそうなのは誰か」を考えることです。そうした「現場で悩んでいる人」こそが、アポがとれて、最終的に契約に結びつく人なのです。


藤原和博

テレビなどメディアで教育問題について意見を求められる機会が増えるにつれて、無力感を感じ始めた。だって、いくら外野から評論しても、学校は変えられません。リクルート時代から私のやり方は「現場主義」です。ものを売った実績がないやつが、理論だけで批判しても説得力がない。同じように学校も自分で経営しないと問題の核心部分はわからない。そこで、「現場に入れてください」とお願いしたんです。幸いにも多くの方の尽力で実現しました。杉並区立和田中学校に都内で義務教育課程初の民間人校長として就任したんです。


ジェイ・エイブラハム

異なる価値観を尊び、理解し、受け入れ、感謝すること。人はそれぞれ異なるものの見方をします。価値観が合わない人と接するとイライラする人もいるかもしれませんが、自分の目線とは違うものの見方を人が教えてくれると考えれば、違ってくるのではないでしょうか。逆もしかりで、私たちは常に、先生と生徒の立場を同時にやっているのです。


竹田和平

社長というのは利益をあげるために存在する人。いつまでたっても赤字赤字というのでは、話は通らないのです。