名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マルティン・ルター(神学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルティン・ルター(神学者)のプロフィール

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

マルティン・ルター(神学者)の名言 一覧

死は人生の終末ではない。生涯の完成である。


私の名と信望はすでにむしりとられています。たったひとつ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれをとろうと思っても、せいぜいほんの1、2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできないのです。


マルティン・ルター(神学者)の経歴・略歴

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

自らに厳しい人ほど、人に優しくなれる。そして厳しいことをやってきた人ほど、小さな喜びを大きく感ずる。


松本大

コミュニケーションに王道はありません。メールもブログも一番大切なのはどう書くかではなく、継続することです。年一回、月一回なら格好も付けられます。しかし、毎日書いていると嘘はすぐにばれます。逆に言えば、地道に継続することが読み手との信頼関係を築き、コミュニケーションの橋を架ける一番の方法です。


養老孟司

古典は、内容が抽象的なものが多い。読むうえで大切なのは、内容に自分で解釈をつけていくことです。特に、書かれていることに違和感を覚えた時こそ、「どういうことだろうか」とよく考えてほしい。同意できる内容は、既に自分が分かっていることですよね。逆に違和感を覚えるものは、今の自分に分からないこと。そこを考えることに、意味があるのです。


石原進

社員はどうしても企業内の論理やルールなどが先に来てしまいます。そうではなくお客さま視点が原点。


鎌田實

日本中いろいろな問題を抱えているけれど、一度ダメージを受けたら駄目になるのではなくて、私たちの中にはそれらを乗り越えて行く力があるのではないか。まだまだ日本は捨てたものじゃない。ちょっと発想を変えれば、輝く生き方ができるのです。


金﨑貴弘(金崎貴弘)

どうせお金をかけて自分たちの好きなことをやるなら面白く、社会に貢献したい。


井上英明

花の仕入れ伝票にしても、ただチューリップとかバラといった品目を覚えればいいや、というのでは成長しません。バラのなんという品種かまで覚えようとする人は、それだけ学んでいくでしょう。さらに、店長になるという目標を持っている人は、いずれ仕入れもしなくてはいけませんから、相場や産地も注意してみるかもしれません。同じ伝票を前にしても、スイッチがどの程度入っているかで、学ぶことは違ってきます。そのスイッチの数は、将来のビジョンや、こうなりたいという思いの強さに合わせて変わってくると思います。


冨田哲郎

社員たちには「鉄道の可能性というのは、あなたたちの可能性なんだよ」と話しています。「一人一人が自分の可能性を信じて成長しようじゃないか」と。そうして会社が成長すれば、ますます社員が成長するチャンスも生まれるわけですから。その正のスパイラルによって、鉄道事業の可能性は無限に拡大するはず。


東和浩

私が社員に一番強調しているのは、新しいビジネスを皆で考えようということです。


外山滋比古

自分がエスカレーターに乗っていることを自覚するためにも、エスカレーターに乗っていない人で挫折をした経験のある人。そういう人と触れて、自分を知る。ときどき食事をしたりして、いろんな問題を話し合い、違う意見や発想に触れることから学ぶことは多いんじゃないかな。


開高健

無駄を恐れてはいけないし、無駄を軽蔑してはいけない。何が無駄で何が無駄でないかはわからないんだ。


原田まりる

強い心を持って本音をぶつけていくことが、心から通じ合える、何でも話せる相手ができることにつながっていく。