名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

マルティン・ブーバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルティン・ブーバーのプロフィール

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

マルティン・ブーバーの名言 一覧

新しく始めるということを忘れてしまわないならば、老年というのはひとつの素晴らしい事柄である。


マルティン・ブーバーの経歴・略歴

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

林修

僕は高校まで男子校だったので、大学で高い授業料を払って女性との接し方を覚えました。そのときに得た知識と経験は、いまでも役立ってます。女性に対する気遣いや、細やかさはすべての仕事に通じることですからね。


荒俣宏

子供のころから関心のあるものには人一倍集中できる反面、興味のないものは見向きもしないタイプで。よく先生にも叱られましたよ。学校では、ストライクを投げることを求められるのに、僕は「どうしてカーブは曲がるんだろう」って、そっちのほうの面白さにのめり込むような子供でしたから。


徳岡邦夫

京都吉兆ではレシピを包み隠さず教えているため、それだけ早く料理人の腕前も上がります。独立して自分の店をもつ人も少なくありません。しかし、レシピさえマスターすれば店が成り立つのかというと、そう簡単ではありません。料理店には、3つの信頼関係が不可欠だからです。それは「お客様との信頼関係」「従業員との信頼関係」、そして「生産者や取引業者との信頼関係」です。


佐田展隆

人はすぐ楽したいと思う。私も怠け者だからこそ、なお「厳しい道を」と決めているんですよ。厳しさの中で生き抜くと、先に必ず光が見えますから。


千玄室(15代目)

終戦後、復員と同時に、私はある奇妙な光景を目にすることになります。うちの茶室に、進駐軍の将校たちが、次から次へとやってくるのです。これは一体どういうわけだと聞いてみると、軍の司令部から「日本を知るためには、伝統文化を知らなくてはならない。だから休みの日は、将校はできるだけ寺社や茶道の家を訪ね、文化に触れよ」との命令が出ているというのです。当時、私は23歳の血気盛んな若者です。軍人として2年間、過酷な状況で戦ってきましたから、敵だった進駐軍の将校たちを見て、何度も「あのやろう!」と思いました。でも、ある日、ふと茶室をのぞいてみると、進駐軍の将校たちが慣れない姿勢で正座をし、みんなで並んでお茶を飲んでいる様子を目にしました。その時、私は「あ! これだ!」と確信したのです。確かに、日本は武力では負けた。しかし、まだ文化の力があるではないか。日本人は決して戦いを好む人種ではない。平和を好む人間なのだ。それを知らしめるためには、「茶の文化」だ。そんな気持ちが私を奮い立たせました。


西藤彰

最初に工場を持った時、当社の工員には「俺はベンツ(のような高品質なもの)を作るんだ」と言ったんです。そうしたら工員が、そのことを覚えてしまって「手を掛けて、高いものを作るんですね」と繰り返すんです(笑)。それを引っ込めるわけにもいきませんよね。


小山龍介

勉強というと、語学や資格をすぐに思い浮かべる人が多いですが、じつはそれより大切な勉強があるんです。たんに資格を取るということではなく、これからの時代に必要なのは、その道のプロになるための勉強。営業なら営業、企画なら企画、その道で誰にも代りがない一目置かれる存在になる。そのためにはその分野の知識や経験を誰よりも積み重ねなければならない。


米井嘉一

まずは、何かを始める前に、自分の身体の老化がどの程度進んでいるのかを確認してみてください。私はいわゆる「アンチエイジングドック」を勧めています。身体でもっとも老化が進んだ部分や老化の危険因子など、自分の健康状態や若さの程度が把握できるからです。その情報を元にして、具体的に生活習慣を改善していくわけです。


御立尚資

自分の意見を簡潔にまとめるのに一番いいのは書くことです。私は、会議で部下から報告を受けても、話がまとまっていない場合、途中で遮って、5~6個のキーポイントに整理し直してから、もう一度出直せと叱ります。これを何度かやると、かなりできるようになるんです。書いてみると、キーワードと無駄な言葉の区別がはっきりしますから、考えをそれだけ結晶化させやすいんです。


一龍斎貞鏡

歌舞伎で人気の『忠臣蔵』。講談でも『赤穂義士伝』として盛んに口演されています。仇討ちの主導者である赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)は、事件の前から「昼行灯(ひるあんどん)」と嘲りを受ける「ダメ上司」でした。江戸城殿中の刃傷事件が起きてからも、すぐには立ち上がらず酒色に耽ります。ほかの浪士たちは苛立ちを隠しませんでしたが、それでも彼らは内蔵助を信じて、1年10カ月の間、決起を待ち続けました。なぜ彼らは内蔵助を待ち続けたのか。それは平凡な日常では「昼行灯」と呼ばれるような「ダメ上司」でも、非常時には力を発揮するタイプだと、周囲から一目置かれていたからだと思います。いざというときに人を動かすのは、立場ではなく、人間力でしょう。内蔵助には、一見ダメに見えても、部下が期待を寄せてしまう魅力がありました。


赤羽雄二

新事業立ち上げのときに、必要なスキル・人材・経験・文化が社内に存在しないことがよくあります。だからこそ気骨のあるプロジェクトリーダーを選び、現場に最大限権限を与え、最速で外部から人材を確保し、事業を推進できる環境をつくらねばなりません。


島田荘司

自分がミステリーを書く人間であるという自覚が20代の頃にぬぐいがたくあったので、30歳になったら小説を書こうと決めていた。単純にキリがいいと思ったんです。31歳とか32歳じゃなんだか中途半端でしょう(笑)。それに30歳になったら大人の気持ちや社会の成り立ちが、少しはわかるだろうと思っていた。20代のうちはわからないことだらけで、うまく書けないだろうと。いざ書き出してみると、30歳でもわからないことはあるし、それは何歳になっても変わらない。だから最近ではデビューを目指す人に20歳からでも書きなさい、というようになりました。とにかく当時の自分は、30歳からじゃないと、と思いこんでいたんですね。