名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マルティン・ブーバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルティン・ブーバーのプロフィール

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

マルティン・ブーバーの名言 一覧

新しく始めるということを忘れてしまわないならば、老年というのはひとつの素晴らしい事柄である。


マルティン・ブーバーの経歴・略歴

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

今野敏

プロットを完全に立ててから書いちゃうと、プロットをつくってる段階が一番面白くて、書き始めたら単にそれを写していくだけになるからつまらない。


梅澤高明

プレゼン資料を作るときは、「相手は誰で、届けるべきメッセージは何か? 獲得したい目標は何か?」をまず考える。クライアントへの提案、一般聴衆向けの講演、テレビでの一分間のコメントと、シチュエーションが変われば目標も異なり、その結果、適切な伝え方も変わってきますから。


村上アシシ

(アクセンチュアを辞めて独立したのは)大きな決断をしたつもりはさらさらなくて、気軽な気持ちで辞めました。6年働いて、マネージャーにまでなっていましたし、実際、会社にいて稼げるお金と、独立して稼げるお金を比べたら圧倒的に独立した方が稼げるんです。辞めることに躊躇はなかったです。


小山佳延

当社の特色は、「多品種」です。かつては画一的な旅行商品を大量に用意して、より安く提供することに腐心していましたが、時代は変わりました。100人いれば、100人とも趣味は違います。一つの商品に強引に参加させるのは無理があります。


鑄方貞了(鋳方貞了)

経営計画は必ず定期的に達成度をチェックし、もし達成できていなかったら、その原因を探り、これからどうすれば挽回できるか対応策を考え、執念を燃やして取り組まなければならない。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

拙速を尊べ。お客様の意識の変化に付いていき、環境変化に負けないスピードを会社全体で付けよう。


斎藤敏一

伝統的な企業では、失敗が少ない人をリーダーに据えるかもしれません。しかし、そのような人は、部下の細かいところまで指摘しがちで、社員の作業をどんどん増やしていると思います。


西村英俊

社長の心得に平時と非常時の違いはないのです。だって、会社はそれがどんなに立派な会社であっても、毎日毎日、刻一刻とつぶれているのですから。社長にとって潰れる会社を崩壊から救うのは日常のこと、365日やっていることなのです。そういう意味では常在戦場、毎日が非常時と言ってよろしいでしょう。


小沼大地

日本の企業は必死に変わろうとしています。真ん中の層がどう考えているのかわからないところがありますが、経営者はこのままではいけないと危機感を持っているし、若手は社会を変える仕事をしたいと思っている。出る杭は、むしろ歓迎されますよ。


伊藤直彦

子供たちの批判をする前に、まず親である大人たちが親としての責任を果たしているのか胸に手をあてて、よく考えてみる必要がある。


小原誠

探偵歴40年余の経験から言うと、騙されやすい人には共通した傾向がある。人がよくて、他人を疑わず、頼まれたら嫌とはいえない。こういうタイプが多い。


西條剛央

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では、話し合いのときに「おかしい」「間違っている」という批判は受け付けない。必ず代案を出すことを求めました。こうすれば、みんなが自分で考えて提案するので、参加感が高まりモチベーションを維持できます。反対派も、採用された案に勝る代案を出せなかったのだからと納得してくれます。