マルティン・ブーバーの名言

マルティン・ブーバーのプロフィール

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

マルティン・ブーバーの名言 一覧

新しく始めるということを忘れてしまわないならば、老年というのはひとつの素晴らしい事柄である。


マルティン・ブーバーの経歴・略歴

マルティン・ブーバー。オーストリアの宗教哲学者、社会学者。ウィーン出身。フランクフルト大学教授などを務めた。ドイツ出版協会平和賞、イスラエル賞、エラスムス賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

藤本義一

おれは、20代の前半、どうしても放送作家、劇作家、シナリオライターのいずれかになりたかった。自分の書いたものが、自分以外の誰かに認められたかった。それも、気心の知れあった仲間ではなく、まったく未知の、そしてプロの道を歩いている人に認められたかった。そのためには懸賞を狙うしかない。審査員の人たちはプロである。プロに認められなければ意味がないと考えた。そう考えた途端に燃えたものだ。睡眠不足も、燃えれば解消する。


藤野英人

注目記事は、ツイッターやフェイスブックに投稿してシェアしています。自分が関心のある記事を発信することでフォロワーのコメントが付いて見識が集まりまた人が見にきてコメントが増えていくという流れができて、大きなコンテンツとなって成長していく、いわば情報のエコシステムが生まれることが興味深いですね。様々な意見が寄せられ、多いときには一つの記事に20~30件のコメントが付きます。金融や法律など各方面の専門家が「このニュースのコンプライアンス面での問題点はここ」などと教えてくれるので、自分に足りない知識や情報を埋められます。さらに、付いたコメントから自分が関心があることを探っていくきっかけにもなる。


永守重信

日本の若者の現状を、政府のせいだ、大学のせいだと言っても始まりません。研究費の不足など、いろいろな要因があるでしょう。京都大学にモーターなどを研究する講座を寄付させていただいたのは、微力ながら大学教育を応援したかったからです。京都大学だけでなく、京都学園大学にも寄付をしていますが、私はここで新しい大学教育の試みを行なうつもりです。いっぺん自分で教育をやってみようと考えたのです。やってみれば「やっぱり人材を育てるのは難しい」となるのか、「いや、こんなふうにすれば企業が欲しがる人材を育てられる」となるのか、はっきりしますからね。


岩野達志

大部分の不動産屋はほぼ「自分たちで儲けて、自分たちで銀座で飲んで終わり」で自己完結してしまっていて、我々は社会で何の役にも立っていないという感覚はずっと持っていました。不動産屋がどうしても社会的に見て地位が低いというか、尊敬されないような感じがする理由の一つもそこにあると思います。だから、何かしら個人に利益を還元できる仕組みができないか、と考えたわけです。


星野真里

まさかバラエティ番組の準レギュラーになるとは想像もできなかったし、フルマラソンにまで挑戦するとは(笑)。苦手なことや、わからないことがあっても、とりあえず挑戦してみることが大事だと実感しました。もしダメだったとしても引き返せますから。


江上治

幸せの基準は多様化しています。どこに住んで、どんな生活をしたいのかという生き方の目的が決まっていないといけません。生き方を決められないとお金に振り回されてしまう。


金美花

お店を開くにあたり、まずこだわったのはクリームです。実は私自身、クリームが苦手だったんです。そこで、自分がおいしいと思うクリームをつくろうと試行錯誤を続け、搾りたての牛乳のような味わいのクリームができあがりました。


太田彩子

男性と張り合おうとすると、評価はかえって得づらくなるもの。男性と同じ土俵に立たず、女性ならではの強みを活かすのが賢い方法です。


澤田浩

あらゆる事業分野でナンバーワンの企業になるのはなかなか困難です。我が社は2位以下が多く、「ストロング・ナンバーツー」」になろうと言い続けています。「ナンバーワンを脅かし、ナンバーワンが背中を意識せざるを得ないナンバーツーを目指せ」という意味です。ストロング・ナンバーツーの事業が集まり、トータルでリーディングカンパニーになっている例は、日本国内にも外国にもあります。


小林哲也(帝国ホテル)

帝国ホテルには多くのVIP客がいらっしゃいます。70年に完成した今の本館にはVIP専用のエントランスもある。だけど接客そのものはVIPにも一般のお客様に対しても違いはありません。こうした日頃の蓄積があったからこそ、震災という土壇場で見事な接客ができたのだと思います。


大串亜由美

仕事を頼まれたときに、「断ったら相手が困るかも」と迷う人がいますが、断っても相手にほかの選択肢がないわけではありません。早めにダメとわかれば、すぐほかの人に当たれるし、別の方法も考えられるはず。だから、迷う仕事であれば、早めに断ったほうがいいでしょう。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

一番大事だったのは、「この人間と一緒にビジネスができるか」ということだった。


西多昌規

質の良い睡眠とは、夜眠るときだけの問題ではありません。日中の過ごし方も同じくらい人切です。毎朝、朝日を浴び、朝食を摂る、運動するなど、生活にリズムをつければ、良く眠れます。


吉田松陰

同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである。


桂望実

女子の突破力は、いざとなったらかなり強力。


ページの先頭へ