名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

マルティン・オーピッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルティン・オーピッツのプロフィール

マルティン・オーピッツ。ドイツの詩人、文学者。ドイツ語浄化運動に参加。またバロック文学の理論的指導者として大きな影響を与えた。

マルティン・オーピッツの名言 一覧

運の悪い人は安心せよ。それ以上の悪運はないのだから。


マルティン・オーピッツの経歴・略歴

マルティン・オーピッツ。ドイツの詩人、文学者。ドイツ語浄化運動に参加。またバロック文学の理論的指導者として大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

貝沼由久

経営統合での、対等の精神とは何かといったら、人材の登用については対等だということ。これはミネベア出身だろうが、ミツミ電機出身だろうが、能力がある社員が次の時代のリーダーとして活躍できる。その機会が均等にあることを保障する。それこそが対等なんだと理解してくれと社員には言っています。


菊原智明

上司を変えることは難しい。上司が自らを省みて変わってくれることも期待できない。それなら、自分の考えを変え、対処するしかありません。


渡辺紀征

世界経済は不安定で先が読めませんが、日本の産業はリスクを取って前進していくしかない。


鮎川義介

我が国で成功している企業は、一から十まで西欧の模倣によるもので、日本独特のものはなんら進歩のあとが認められない。高等教育を受けた者はみなバタ臭い方向に行って、味噌、醤油をつくる仕事はいやしい仕事として敬遠されている。私はその不合理と不思議を心もとなく思った。


水野泰三(経営者)

うちの離職率は流通業ではとても低いのですが、低ければいいものではないとも思っています。たくさん社員がいれば、経営者としては「退社してくれて構わないケース」もないとは言えない。それに平均年齢もどうしても上がっていく。40歳の腹の出たおっさんには、若い10代の女性スノーボーダーの感性に合う接客は難しそうだと思うじゃないですか。そう考えると、離職率が低いのは自分が経営者としては甘いからではないかと思えるんです。離職率が高いことを批判される企業もありますが、私にはいい意味で厳しさがあるんだなとも思えますね。


佐々木常夫

部下との対話は「8対2」で聞くをメインにしましょう。信頼度が上がり、必ずいい関係が築けます。


町田勝彦

ルーティンワーク(毎日定期的に行う繰り返しの仕事)は、慣れて来ればいくらでも楽ができる。しかし、それではオンリーワンの商品は生まれない。流れ作業にならないよう、どんな仕事もこれでいいのか、これでいいのかと繰り返しチェックしてほしい。


舩木真由美

楽天時代、産休・育休や時短勤務の制度が整っていたので、前の職場に比べると天国のような環境でしたが、その快適さが私には逆にストレスに。このままだと何も挑戦しない人になってしまうのではないかと危機感を抱くようになった。


松井忠三

オペレーションマニュアルには、掃除から商品陳列まで、単なるやり方だけでなく「なぜその業務をしなければならないのか」という理由も明確に記載しています。


小宮一慶

人をけなす人は、相手の悪い面ばかりを気にしています。こうした態度は、物事を判断するときにも反映されます。部下の悪いところばかり目についてイライラする人は、メンタルが後ろ向きになっていて、決断すべきときにできていない可能性が高い。もっと人の良い面に目を向けたほうがいいでしょう。


木村尚敬

部下をやりこめるときに使う論理は、社内の閉じた論理ではいけない。これまで生き残ってきただけあってミドルは社内の論理に精通しているが、若手にはピンとこない。むしろ外でも通用する普遍性を持った論理でなければ、説得力を欠く。普段から外部の人とコミュニケーションを密にするなどして、視野狭窄に陥らないように注意したい。


山崎将志

会議は、組織の意思決定を行う重要な場です。あらゆる場面でスピード化が求められる現在、その成否は、企業の浮沈を左右するといっても決して過言ではありません。会議や打ち合わせのやり方を再度見直して、無駄のない有意義な会議を目指しましょう。