マルティン・オーピッツの名言

マルティン・オーピッツのプロフィール

マルティン・オーピッツ。ドイツの詩人、文学者。ドイツ語浄化運動に参加。またバロック文学の理論的指導者として大きな影響を与えた。

マルティン・オーピッツの名言 一覧

運の悪い人は安心せよ。それ以上の悪運はないのだから。


マルティン・オーピッツの経歴・略歴

マルティン・オーピッツ。ドイツの詩人、文学者。ドイツ語浄化運動に参加。またバロック文学の理論的指導者として大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

古出眞敏

市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


カルロス・ゴーン

私はルノーから来た人々が「徒党を組んでいる」と見られることだけは避けたかったのです。もし、私が「自分に一派を率いてやってきた」とみなされたら、あとは何をやっても通用しません。私はたちまち信用を失うことになります。


前田健太

何のために投げ込みをするか。僕は意味が見いだせないんです。投げ込めば投げ込むほど何かが良くなるならいくらでも投げますけど、そうではないので。


井上智治(コンサルタント)

他の球団に比べると、球場経営から来る収入、とりわけ広告収入は多いですね。球団と球場が一体になると、別々だったときと比べて、収入がグンと増えます。球場会社だけならば、「スタジアム広告を出してくれませんか」と営業するだけですが、一体で運営すると看板だけでなく、1試合ごとの試合のスポンサーをとることや、年間シートを売りに行くこともできるのです。


熊谷正寿

夢は必ず叶う。思い続けて行動あるのみ。


小笹芳央

成長や進化は、右肩上がりではない。1ステップごとに必ず、踊り場が来る。そこを耐えて努力することで、ブレークスルーの瞬間が訪れる。組織も個人も同じ。


松井利夫

部下が「正しい仕事」をしているかどうか検証が十分でなかったり、時間が限られている仕事の進捗管理がおろそかだったりすれば、必ず大きな問題として跳ね返ってきて、会社にも、自分にも、そして部下にも不利益をもたらすことになります。つまり、小さく好かれようとした結果、大きく嫌われることになるのです。


ジョー・ジラード

セールスに秘密や魔法など存在しない。セールスで成功するためのプロセスとは、際限なく頭を働かせることだ。最終章はない。そのプロセスを何度も何度も新しく始めるだけだ。


安藤豊禄

事業というものは、正確に状態を把握していれば、やがては必ず成功するものである。
【覚書き:上記発言は閉鎖が予定されていた北九州の八幡と恒見の2工場を存続させた時の発言。様々な調査ののち閉鎖せずに経営再建できると判断を下した。結果、2工場は見事に再建に成功】


北尾吉孝

成長企業を見極めるポイントは、パーキャピタルです。つまり従業員一人あたりの利益の絶対額です。重電やコンピュータの日立製作所や、富士通、NECなどの製造業はこの数値が下がっています。一方、誕生後あっという間に時価総額十傑入りしたグーグルは、その額が非常に高い。


吉田松陰

我が身を正すという志を果たして後、国家全体を善導することができる。


村口和孝

長い起業家人生、順調なことばかりなどと言うのはまず見たことない。危機が数年に一度、必ず訪れる。創業のころはそれが毎月だ。その時どうやって乗り越えていくか。まるで、良いことと悪いことが巨木の年輪のように循環する。まず、自分自身が人類の一員として、人生の上でぜひ実現したいことか=企業の経営者として腹が据わっていないと、とてもきつい状況を乗り切れるものではない。たとえ乗り切れたとしても、良いスタッフからどんどん去っていくだろう。


岩下俊士

交渉決裂を覚悟で激論を交わさなければM&Aは成功しない。


砂山起一

難しい時代を生き抜くうえで、当社には疑いないようなく、はっきりとしている重要な経営指標があります。それが「顧客満足度(CS)」です。ゲスト(顧客)の満足度が向上すれば、来園頻度が高まり、入園者数が増えます。売上高や利益といった数字は自然についてきます。


仲暁子

「自立する手段は何でもいい」と考え、高校に入ると時給制のアルバイトを経験したのですが、すぐに違和感を抱きました。時給とは、費やした時間に対してお金が支払われるということだから、どんな仕事をしたかより、経過時間にばかり意識が向いてしまいがち。「早く仕事が終わらないかな」と思いながら1日を過ごすのは、突き詰めると「早く死にたい」と思うのと同義ではないかと。「人生の時間をムダにするような働き方」ではなくて、もっとオーナーシップややりがいを感じられることに時間を費やしたい。そんなことを考えるうちに、起業にも興味を抱くように。京都大学に進んでからは、思いついたことに次々とチャレンジしていきました。


ページの先頭へ