名言DB

9412 人 / 110637 名言

マルチナ・ヒンギスの名言

twitter Facebook はてブ

マルチナ・ヒンギスのプロフィール

マルチナ・ヒンギス。スロバキア出身のテニスプレーヤー。12歳で全仏ジュニア優勝。13歳でプロに転向。16歳3か月で全豪グランドスラム最年少優勝。同年、史上最年少世界ランキング一位にのぼりつめる。

マルチナ・ヒンギスの名言 一覧

勝ちたいと思う意思。これが私の強みです。
【覚書き:あなたの強みは何かと問われたときの発言】


マルチナ・ヒンギスの経歴・略歴

マルチナ・ヒンギス。スロバキア出身のテニスプレーヤー。12歳で全仏ジュニア優勝。13歳でプロに転向。16歳3か月で全豪グランドスラム最年少優勝。同年、史上最年少世界ランキング一位にのぼりつめる。

他の記事も読んでみる

徳重徹

日本の企業は圧倒的に柔軟性、スピード感が足りません。しがらみだらけで、リスクも取らない。


逢沢明

頭脳労働者に必要なのは、生産性を計りながら新しいものを作り出す知的腕力です。ただ仕事には期限がつきものなので、自己管理を徹底しなければいけません。そしてその過程で企画を提案するための文章力は必要不可欠です。社会人として働いている今でもあなたの文章力、自己管理能力は欠けていませんか?


佐藤優

これからの世の中は、さらなる競争激化、格差の拡大など、個人が抱える問題は一層増えていくでしょう。そんな不安な世の中を生き抜くためには、自分の周りに、どれだけ問題を共有できる仲間を作っておけるかが、その人の力になっていきます。これからの時代に生き残れるのは、そういう足元がしっかりしている人でしょう。


前田裕二

子供のころやんちゃをして兄貴を泣かせていたので、兄貴を喜ばせることが僕のモチベーションの一つになっていました。もともと大学に進学するつもりはなかったのですが、高3のときに「頭のいい大学に行けば兄貴の自慢になるかな」と思い直して受験することに。頭のいい大学と言っても、そこから5教科をやる余裕はない。私立で偏差値の高い大学と言えば早慶ですが、直感的に自分に合うのは早稲田かなと思って、選びました。


岩瀬大輔

毎週、釣りを楽しんで、釣果をフェイスブックにアップしている起業家の方がいますよね。もっと賛沢な遊びができるはずですが、そうではなく自分が好きなことに時間を使っていて、人生を楽しんでいることがひしひしと伝わってくる。ああいう働き方は、これからのモデルの一つになっていくと思います。


南壮一郎

うまく話そうということばかり気にしていたら何もできません。体当たりでぶつかってみて、失敗したらその原因を考えて、修正していく。経験を積むことで話し方を工夫する。そうしていけば、自ずと話し方もうまくなると思います。


鈴木敏文

おいしいものほど続けて食べれば飽きる。だから、飽きられる前により味をよくしたものを投入する。顧客は味が変わったことに気づかないかもしません。飽きずにおいしいと感じてもらえればそれでいいのです。


熊本昌弘

日本人は、情報に対する意識が乏しい気がします。技術情報を安易に海外に出し過ぎです。技術立国を目指さなければならない日本は、情報をもっと大切にすべきでしょう。


ヴォーヴナルグ

格言は、哲学者たちの機知のほとばしりである。証明のいる箴言は、表現の下手な箴言である。箴言は書き手の心を暴露する。


吉村喜彦

メーカーだけでなく、いまの日本全体にも、目に見えないものを無視する傲慢さがあるように思えてなりません。だからこそ、人と人とのコミュニケーションや目に見えないものの大切さを伝えたい。作品を通して、机上のマーケティング理論ではわからない、目に見えないものの大切さを感じてもらえればと思います。


西口尚宏

イノベーションの種を見つけてくるのは社員です。経営者の役割はイノベーションの種を見つけて実現しやすい環境を整えること。ソニーでは社内から広くアイデアを募って新しいビジネスモデルの構築を支援する組織を立ち上げ、一部では製品化を実現しています。平井一夫社長は現場の社員がイノベーションの種となる機会を発見して事業化することが大切なことだと認識しているのです。


和田勇(積水ハウス)

限られたパイを奪い合うだけでは企業は成長しません。リスクを取りパイを広げる勝負をしてこそ成長があります。


鍜治真起

僕はもともと、出版社や印刷所に勤務しているときから、「いつか自分で雑誌をつくりたい」という気持ちがありました。


越智仁

理論的な仕組みを理解したつもりでも、事実は違うことがある。


北畑稔

いまのアパレル業界は決していい状況ではありませんが、実はこれはチャンスです。なぜアパレルが不振なのかというと、それは需要と供給の間にズレがあるからです。つまり、お客様が求めているものを、我々メーカーがお届けできていないということに原因があります。であれば、お客様が求めているものを早くお届けできた企業なりブランドなりが利益を勝ち取ることができる。そこにチャンスがあるのです。