名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マルチナ・ヒンギスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルチナ・ヒンギスのプロフィール

マルチナ・ヒンギス。スロバキア出身のテニスプレーヤー。12歳で全仏ジュニア優勝。13歳でプロに転向。16歳3か月で全豪グランドスラム最年少優勝。同年、史上最年少世界ランキング一位にのぼりつめる。

マルチナ・ヒンギスの名言 一覧

勝ちたいと思う意思。これが私の強みです。
【覚書き:あなたの強みは何かと問われたときの発言】


マルチナ・ヒンギスの経歴・略歴

マルチナ・ヒンギス。スロバキア出身のテニスプレーヤー。12歳で全仏ジュニア優勝。13歳でプロに転向。16歳3か月で全豪グランドスラム最年少優勝。同年、史上最年少世界ランキング一位にのぼりつめる。

他の記事も読んでみる

野村和史(経営者)

中小企業の一番の課題は人材育成。大企業と違って、中小企業はそんなに多くの人材を確保することができません。それだけに「人」に対するこだわりは中小企業のほうが強いような気がします。


高橋がなり

本当に「仕事ができる」人とは、自分を犠牲にしてでも、周囲やお客を喜ばせられる人です。たとえば、お客からムリなことを頼まれた時、むげに断らず、上司を説得する。部下や同僚が困っていたら、自分が忙しくても手を貸してあげる。誰も見ていないところで雑用をする。こういう「犠牲バント」ができる人は、能力は平凡でも、必ず上から認めてもらえます。


香山リカ(精神科医)

学生の卒業論文の指導をしていてよく思うのは、彼らの多くが、「自分にしか書けない独創的な論文を書こう」という勘違いをしていることです。そういう学生に限って、資料や文献をやみくもに漁って、分厚いレポートにまとめてくるのですが、それは論文とはいえません。まず問題提起があり、それに対し仮説を立て、自分なりの解答を示すというのが論文に求められる定型です。いそうしたお作法に則っていなければ、いくらデータや情報をたくさん集めても評価されることはありません。


永持孝之進

食品に関しては、今まで世の中になかつたものが売れたためしはなく、古いものを見直してちょっとした差をつけることがコツ。これがいわゆるベター・アンド・ディファレンスです。


長島昭久

(希望の党の選挙の敗因は)小池(百合子)さんの「排除」発言が問題だと世間では言われていますが、私は、むしろ政策を譲ってまで人数を膨らませることは邪道だと思っていました。そういう意味では仕方がなかったと思っています。本当の敗因はむしろ逆で、小池さんの人気をあてにしてワーっと入って来たことによって、希望の党が本来立てていた政策の旗が非常に曖昧になってしまって、どんな政党かというのが有権者に伝わりにくくなってしまった。結局、小池頼みで選挙に臨んだというある種の下心が有権者に見透かされ、大きな得票につながらなかったのではないか。


坂野尚子

「やらなくても大きな問題にならない仕事」に関しては、リストの下の方にメモしておき、しばらく経ってもまだ残っている場合は、やらなくてもいいことなんだと割り切って削除し、在庫処分するようにしています。


柳井正

自分はこれをやりたいと心底思わないといけない。人の意見でやっていては駄目です。


吉川元春

数多の人たちに対して、えこひいきなく、よく目をかけてやって頂きたい。人びとに行きわたらない情けは、なんの役にも立たぬものです。


山田昇(ヤマダ電機)

お客様づくりというのは、そもそも商品を買ってもらったお客様という考え方がある。それと将来は買ってもらうというお客様と2通りあるわけです。私は後者のタイプ。それには、お客様のニーズをどう掘り起こして、それにこちらの営業をどう沿わせていくかということを真剣に考えないと。それはパパママ店時代から、ずっとやってきたことです。


青木擴憲

本当に困っている時、人間は、自分が困っているという感覚すらない。苦労していると思うのは、まだ余裕があるということなのかもしれません。


喜田哲弘

大切なのは、「風に聞け、波に学べ」。ヨットは風や波を見て一歩先を読み、操縦する。経営も同じ。


丹羽宇一郎

伊藤忠の社長を辞めた頃に考えたのですが、残りの人生は社会のため、国のために使おうと決めました。だからある意味、覚悟はできていた。