マルチナ・ナブラチロワの名言

マルチナ・ナブラチロワのプロフィール

マルチナ・ナブラチロワ。チェコ生まれのプロテニスプレーヤー。ウィンブルドンで9回という大会最多優勝記録を打ち立て、その後、史上最多の167タイトルを獲得。19年の長きに渡りトッププレーヤーとして君臨した選手

マルチナ・ナブラチロワの名言 一覧

練習のプログラムを試合よりも数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学びました。
【覚書き:大スランプに陥ったとき、過去の栄光を捨て、テニスを一から学び直した経験について語った言葉。過酷な練習の末、ふたたびトッププレーヤーに返り咲いた】


マルチナ・ナブラチロワの経歴・略歴

マルチナ・ナブラチロワ。チェコ生まれのプロテニスプレーヤー。ウィンブルドンで9回という大会最多優勝記録を打ち立て、その後、史上最多の167タイトルを獲得。19年の長きに渡りトッププレーヤーとして君臨した選手

他の記事も読んでみる

高島宏平(髙島宏平)

「自社の解決しようとしている社会的課題は何なのか」という視点は、当社の磨くべき強みを明確にしてくれる。


樋口泰行

私は米ハーバード大学のビジネススクールで、多くのケーススタディーから戦略を学びました。しかし、人心をつかんで腹落ちさせる方法は、決して教えてもらえません。それは、実際の修羅場でしか身につかないのでしょう。


鵜澤静

企業とは、変化対応業である。進化論で有名なダーウィンも、生き残るのは強い種ではなく、環境変化に適応する種であると言っていたと聞く。百年以上の歴史を持つ企業はおそらく、そのような変化への適応力を身につけているのだろう。


石倉洋子

閉塞感や焦りを感じているだけでは、何も変わりません。会社や社会が変わるのをただ待つのではなく、自分が変わった方がいい。


西川徹(経営者)

プログラミングは、何でもできる一人の天才がいなくてもいい。チームで一人一人の強みを掛け合わせれば、大きな力を持てる。


北尾吉孝

起業家の中には夢を見るだけの夢想家で終わってしまう人が沢山います。それは第一に知識が無いということ、即ち勉強が足りないということ。第二に言葉だけで勇気を持った実行力が無いということ。最後に戦略が無いということの「三無」だからだと思います。


荒川詔四

秘書がいるのに、手帳でスケジュールを管理するのは一見、非効率なようですが、秘書をつかまえて「今日、何があったっけ」「これが終わったら次は何」と聞いている方が効率が悪いと思います。とくに来客が連続するときなどは、先の予定でも最低でも1分か2分前に終わらせなければ、次のお客様を待たせることになります。一日のスケジュールを頭の中に入れておけば「次が詰まっているから1分前に終わろう」「次の場所へは5分で移動しなければ」と時間の流れをイメージできます。


植西聰

思わぬミス、業績の低下、チ-ム内の不協和音……。思わず気持ちが落ち込んでしまうようなシビアな出来事が、ビジネスシーンではしばしば起こります。それでもすばやく気持ちを切り替えて業務に戻れるならよいのですが、ダメージが強いとなかなか立ち直れず、暗い気分を引きずることになります。ときには、その気分がどんどん増幅することもあります。「いつまでも立ち直れない自分は弱い人間だ」などと自分を責め、そのせいでますます落ち込む「負のスパイラル」に入り込んでしまうのです。このスパイラルから抜け出すには、まず、「落ち込む自分」を否定しないことです。


下村朱美

竹内一郎先生が『人は見た目が9割』という本を書かれておられますが、本当にその通りだと思います。見た目とは、目鼻立ちや顔の造形だけではなく、身だしなみや姿勢も含まれます。そこで表現するのが、清潔感です。清潔感を表現する髪型、スーツの着こなし、話し方を身に付ければ、いかようにでも見た目は良くなります。「見た目だけで判断されたくない」と思われる方もおられると思いますが、逆に、見た目だけで損をしてはもったいないと思います。


プラユキ・ナラテボー

“責任をとれる人”とは、“相手のせいにしない人”である。相手に責任転嫁したとき、「あなたが変わらないかぎり私は変われない」と相手に主導権を渡し、みずからの苦しみや納得のいかない現実を自分で変えていく可能性を放棄してしまうことになるからだ。


梅野勉

現在の数字だけで比べるなら、知識と経験がある人のほうが有利でしょう。だけど、戦力評価というのはそんな単純なものではありません。私たちがみているのは、その人の未来の姿なのです。極端な言い方をすれば、いまは負けていても、2年後には逆転するだろうと感じさせてくれる人のほうが、決まったやり方でそつなく結果を出す人より、大きな魅力を私は感じます。じゃあ何がそう感じさせてくれるのかといったら、それは、仕事に取り組む姿勢や情熱、勢いなのです。


竹下佳江

ケアやサポートをしてくれた監督やスタッフの力がなかったら、絶対にメダル獲得はなかった。


小笹芳央

トップは、自分のところにきちんと情報が入ってくる状態にしておくことが肝心です。基本的に社員はトップからにらまれたくないですから、トップが喜ぶ情報しか持っていきたくありません。現場で起こったミスやトラブルの報告をしたときに、聞きたくないという反応をした瞬間、二度とその手の情報は上がってこなくなります。情報がきちんと入ってこないと、手を打つこともできません。プラス情報もマイナス情報も報告しやすい風通しのいい環境、オープンな環境づくりが必要です。


小笹芳央

私はよく、就職や転職の相談を受けます。その際、相談者は大企業に入ることしか考えていないことが多い。経営の安定度や知名度など、単純な尺度だけで仕事を選ぼうとしているからです。しかし、「自分の専門性を生かせるか」「若い社員でも大きな仕事を任せてもらえるか」など、別のものさしを持てば、会社の規模にとらわれず、仕事を選ぶことができます。


大野直竹

社長時代、支店長になる社員には、長期的視点を持ってもらいたくていつもこう言いました。「君の店の歴代の支店長それぞれの時代に何があったのか調べてみなさい」と。営業成績はもちろん、お客様の広がりなど、誰の時に良いことがあり、誰の時にはそうでもなかったのか。その原因を知っておいた方がいいということです。


ページの先頭へ